創業明治十八年、黒木本店の麦焼酎、百年の孤独

【 百年の孤独 】

明治18年、蒸留釜から最初の一滴が滴って以来、
黒木本店はひたすら焼酎造りの道に精進してきました。
焼酎造りに込める黒木本店の想いを
ひとことで言い表すなら「焼酎一筋」。
そこには焼酎だけを造り続けるのではなく、
焼酎という、土地に根ざした伝統文化を守り、
継承していくという意志も込められています。
だからこそ黒木本店は農業から焼酎造りを始めます。
土地を耕し、種を蒔き、栽培から収穫まで
すべてを自分たちの手でおこなうのです。
さらに製造過程で生じる廃棄物は有機肥料として
有効利用し、自然の恵みを自然に還す。
それが黒木本店の焼酎造りです。
時間も手間もかかるやり方です。
しかし、そうすることでしか造ることのできない
理想の焼酎があるのです。

変わらないものと変わるもの。
焼酎造りは伝統文化であり、
黒木本店は文化の継承者として
焼酎造りの理念を徹底して守りぬきます。
しかし、継承し守るだけでは進歩はありません。
焼酎造りにおいて、
つねに前衛を志す変革者でもありたい。
そのために研究開発を怠ることなく、
理想を追求していきます。

どんなに合理化と効率化が進んでも、
最後に焼酎の味を決めるのは人です。
人の目、人の手が焼酎を造るのです。
原料の選別。
麹造り。
もろみの仕込み。
蒸留。
熟成。
そのすべての工程に人の手が介する。
それが黒木本店の焼酎造りです。
人の手による焼酎造りは南九州の文化遺産でもあり、
それを継承していくことは醸造者の責任でもあります。

上品で強く、オークやほんのりシガーの香りがある。凝縮感と滑らかさが特徴的で、ココナッツや香ばしい麦の風味などが幾重にも感じられます。水割りでは穀物の甘みが生まれ、様々な風味と溶け合い優しくも複雑な味わいとなります。お湯割りでは、コクが生まれ、よりボリューム感のある味わいを様々な複雑な風味と共に楽しめます。

原材料:麦、麦麹


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————