ピエモンテの記念碑のような存在のバローロ、ジャコモ・コンテルノ

【2003  Barolo Cascina Francia – Giacomo Conterno】
ジャコモ・コンテルノの父ジョバンニが、San Giuseppe 村で、Barを開業。

「ジャコモ・コンテルノ社」 のワイン・メーカーとしての歴史は、

その店で提供する自家製ワインを造っていたことから始まる。

その当時、ランゲ地区のみならずイタリアの一般的な慣習として、

飲み屋やレストランの多くが、葡萄栽培農家から葡萄を買い付けて、

自分の店でワインを造っていた。

ワインの味は店の個性であり、飲み屋ごとに味わいも、

ワインとしての品質の概念も異なっていた。

ジョバンニとジャコモ親子は、店に通う常連客の舌に鍛えられながら、

他の店との差別化のため、より高品質なワイン造りを志向するようになります。

1920年、父ジョバンニとともに造ったワインが商品化され、初めて世にリリースされます。

当時ジャコモ・コンテルノ社は、全く個性の異なる2つの畑を所有していました。

ランゲ地方の伝統に則り、2つの畑から生まれたバローロを

アッサンブラージュ(調合)していたが、

1920年、単一畑 ” MONFORTINO RISERVA ” を生み出して以降、

その他の葡萄は、ノーマル・クラスのバローロやネッビオーロ用に回されることとなります。

既にワイン生産者として知名度を上げていたジャコモは、

ジョバンニとアルド、2人の息子のを授かります。
(ランゲの風習では、一世代おきに長男が名前を次ぐ事が多いそうです。)

後に兄弟はワインビジネスを家業とし、事業を継承していくことになります。

弟アルドは独立して自らのワイナリー、アルド・コンテルノを設立し、

兄ジョバンニはジャコモ・コンテルノを継ぎます。

ジョバンニが他界した2004年以降は、息子のロベルトが継承しています。

バローロ・ボーイズと呼ばれる造り手の、瓶詰め後すぐにでも飲めるような華やかな香りと

濃厚な果実味のワインも魅力的ですが、本来のというか王道を行く骨太なバローロも、

時が経っても変わらない畏敬の念で溢れている気がします。

伝え受け継がれていくことって大切ですね。
IMG_0986
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
Bar Navi : http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————