唯一無二、バローロの頂点、ピエモンテの記念碑のような存在、ジャコモ・コンテルノ

【2003  Barolo Cascina Francia – Giacomo Conterno】

ジャコモ・コンテルノの父ジョバンニが、San Giuseppe 村で、Barを開業。「ジャコモ・コンテルノ社」 のワイン・メーカーとしての歴史は、その店で提供する自家製ワインを造っていたことから始まる
その当時、ランゲ地区のみならずイタリアの一般的な慣習として、飲み屋やレストランの多くが、葡萄栽培農家から葡萄を買い付けて、自分の店でワインを造っていた。ワインの味は店の個性であり、飲み屋ごとに味わいも、ワインとしての品質の概念も異なっていた。ジョバンニとジャコモ親子は、店に通う常連客の舌に鍛えられながら、他の店との差別化のため、より高品質なワイン造りを志向するようになります。

1920年、父ジョバンニとともに造ったワインが商品化され、初めて世にリリースされます。当時ジャコモ・コンテルノ社は、全く個性の異なる2つの畑を所有していました。ランゲ地方の伝統に則り、2つの畑から生まれたバローロをアッサンブラージュ(調合)していたが、1920年、単一畑 ” MONFORTINO RISERVA ” を生み出して以降、その他の葡萄は、ノーマル・クラスのバローロやネッビオーロ用に回されることとなります。既にワイン生産者として知名度を上げていたジャコモは、ジョバンニとアルド、2人の息子のを授かります。ランゲの風習では、一世代おきに長男が名前を次ぐ事が多いそうです。後に兄弟はワインビジネスを家業とし、事業を継承していくことになります。

創始者の孫にあたるジョバンニは、父ジャコモをワイン造りの師と仰ぎながら、厳しい試練に耐えながらも技術を習得し、1959年に「ジャコモ・コンテルノ社」の醸造責任者となる。弟のアルドも父の教えに従い、また兄を助けながらワイン造りを学ぶ。しかしアルド自身は、その当時対等してきた新しい農業理論やテクノロジーを用いた、従来のやり方に捕らわれない柔軟な発想でのワイン造りに傾倒していく。1961年、ジャコモ・コンテルノ、醸造の最前線より勇退。実質上のセラーの運営は、ジョバンニとアルドの兄弟に委ねられます。1969年、ジョバンニとアルド兄弟は、それぞれ異なる道を歩み始めます。弟アルドは独立して自らのワイナリー、アルド・コンテルノを設立し、兄ジョバンニはジャコモ・コンテルノを継ぎます。そして現在、ジョバンニが他界した2004年以降は、息子のロベルトが継承しています。

ジャコモ・コンテルノのフラッグシップで唯一無二、バローロの頂点といっても過言ではない「モンフォルティーノ・リゼルヴァ」。1920年、それまで2か所に所有していたセッラルンガの畑の内、ひとつを単一畑として販売したことに始まる。長期熟成に耐えうる特別な葡萄が収穫できた年のみにしか生産されない 。リリース当初は、「モンフォルティーノ・リゼルヴァ」はスラヴォニアン・オーク(大樽)で10年間熟成を行なっていたが、収穫できる葡萄の品質が向上したのと、醸造技術の向上から、現在は7年間の熟成期間を経てリリースされている

【Barolo Cascina Francia】
1974年にモンフォルテに隣接するエリアの「カッシーナ・フランチャ」畑を購入。その畑から収穫されたネッビオーロで造っています。カッシーナ・フランチャは、大樽で4年間熟成。リゼルヴァ・クラスの「モンフォルティーノ」同様、セッラルンガのテロワールを表現している偉大なワインです。

品種:ネッビオーロ

IMG_0986
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————