デュジャックと双璧をなし、ルロワと並び賞されるドメーヌ、ポンソ

【2005  Chambolle Musigny 1er Cru Les Charmes – Ponsot】
最初に登場するポンソ家の人物はウィリアム。

サン=ロマン村の出身でしたが、普仏戦争での兵役から戻った1872年にモレ・サン・ドニ村に

住むことにし、クロ・デ・モン・リュイザンを含む畑を買いました。

1920年に後を継いだのは、従兄弟で名付け子でもあったイポリット・ポンソで、

その息子ジャン・マリーも1942年から家業に加わります。

ジャン・マリーは長年モレの村長を務めながら

1958年から現当主の息子ローランが後を継ぐ1980年代前半まで蔵を切り盛りしました。

1872年の創設当初から、ポンソ家はワインの一部を元詰めしていましたが、

自家消費用と経営するレストランで使っていただけでした。
(ポンソ家は、北イタリアのすべての駅にあるビュッフェの経営権を持っていた)

イポリットが全てを元詰めする決断をしたのは1934年のことでした。

ローラン・ポンソはたいへん個性的なアプローチを採っています。

殺虫剤を使うことはないが、有機農法と名乗ることはない。

月や星の運行と植物生命のリズムに気を配っているが、ビオディナミ実践者と

称されることを好まない。

ぶどうが摘まれるとほんの少しの亜硫酸をふりかけるが、その後は醸造中、熟成中も

亜硫酸は用いない。何かはっきりした問題がない限りは瓶詰め時ですら添加しない。

問題のあるぶどうは畑で取り除くため選果台はなく、健全なぶどうはほとんどが除梗され、

発酵の始まりも終わりも自然まかせ。

また、ローラン・ポンソは、1982年が初ヴィンテージのはずのクロ・サン・ドニの

もっと古いヴィンテージのボトルがオークションに出品されたことをきっかけに、

国際市場で見つかる古酒の偽ワインの撲滅にも力をいれています。
IMG_1004CHAMBOLLE-MUSIGNY
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
Bar Navi : http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————