ピノ・ムニエのパイオニア的生産者、クリストフ・ミニョン

【2006  Christophe Mignon – Millesime Brut Nature】

若きシャンパーニュ生産者クリストフ・ミニョン氏はマルヌ渓谷の中央部南側フェスタニーの地に6haの自社葡萄園を所有するRM(レコルタン・マニピュラン:葡萄生産者元詰め)畑の4/5は最高の栽培条件の南西向き斜面に位置する。

ビオ・ディナミ(有機自然栽培)を実践し、ピュアなテロワールの味わいを表現したシャンパンを作り出す。彼の造る葡萄はこの地区の他の生産者に比べ、例年アルコール度数にして1%高い原料ワインを生み出す。一般的に重厚さに欠けると評価されるピノム・ニエを主体に、実に堂々とした骨格を感じさせる味わいのシャンパンを生み出す。

ビオディナミで育てられた葡萄は収穫後一回4,000kgのブーファ型搾汁機で軽く絞り、畑ごとに醸造できるサイズの異なるステンレスタンクで一次発酵を行なう。 自社のシャンパンにはキュヴェの部分のみ使用。ボトルの状態で26ヶ月熟成させ、手作業のルミアージュ。出荷が確定してからデコルジュマン。
エクストラ・ブリュットのドサージュは3g/L。ミニョンはトロワジェームでも7g/Lと少ないが原料ワインが充分に味わいを持っているため余分な甘さを必要としない

【Christophe Mignon – Millesime Brut Nature】
単一畑ピノ・ムニエを使って造り上げたヴィンテージ・シャンパン。ビオディナミで育てられたピノ・ムニエ種は収穫後4,000kgのブーファ型搾汁機で軽く絞り、ステンレスタンクで一次発酵。一番絞り(キュヴェ)の部分のみ使用。室温14℃のセラーで40ヶ月間熟成、手作業のルミアージュの後、ドサージュゼロでデゴルジュマン。

品種:ピノ・ムニエ 100%

IMG_0937
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————