南アで初めて世界に名を馳せたと称賛されるワイナリー、ド・トラフォード

【2009  De Trafford – Cabernet Sauvignon】

「南アフリカで初めて世界に名を馳せた」と賞賛と尊敬を込めて語られるワイナリー、「ド・トラフォード」。ステレンボッシュの町の更に高地にある渓谷の頂上(ステレンボッシュとエルダーバーグ山の中間、海抜約380m)付近、モン・フルールに位置します。

この山岳ワイナリーの歴史は、1976年にオーナーのデヴィット・トラフォード氏の父がこの辺り一帯の土地を購入したことに始まります。当初から、多くの高地にある斜面は高品質の赤ワインをつくるのに適していると考えられていましたが、残念ながらK.W.V.による多収量政策のため、商業用にブドウを植え始めるまでには、それから18年もの歳月を要しました。当時、建築家として活躍していたデヴィット・トラフォード氏は、この地で自らのアトリエを作り設計図を作る傍ら、1983年から小さな畑をつくり、趣味の一環として、家族や友人だけで消費する為のワインを造り始めました。全くの素人ですので1991年までは、近隣の醸造家のアドバイスを聞き見様見真似でワイン造りを行っていました。そして、どんどんその魅力に引き込まれ、遂にはフランス(特にボルドー)で修行を行う間にになりました。趣味で始めたワイン造りが、結果的に彼のライフワークとなって、しまいには建築家としての仕事を一切辞め、本格的にワイン造りを行うようになりました。そして、2004年産のカベルネは、NYタイムズのワインコラムで大絶賛を受け一躍銘醸ワイナリーとしての地位を確立します

現在、3つの畑で栽培されるカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シュナン・ブランは、高い凝縮度とバランスの良い味わいを出すことを目的に収量を最低に抑えて栽培されています。勿論、収穫は全て手作業でおこないます

【栽培・醸造】
全てはブドウ畑からと、自宅・醸造所の眼下に広がるブドウ畑で丹精込めて栽培されるブドウを細かなブロックに分けてそれぞれ醸造しワインが生み出されています。生産量も僅か3500函程と非常に少なく、ラベリングも古典的な小さなラベリング機で一つ一つ手作業で貼っていきます。ブドウ畑では、決してブドウ樹を甘やかすことなく適度なストレスを与えられるように管理し、非常に小粒で凝縮した綺麗なブドウを栽培しています。

醗酵・熟成は、醗酵は品種・区画毎に分けて天然酵母のみで行い、人的な介入を極力避け、手を加えず軽く清澄を行いノンフィルターでボトリングするといった伝統的な手法が用いられています。

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 主体

IMG_0935
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————