スターレーンのオーナーが目指す最高品質のシャルドネ、ディアバーグ

【2009 Dierberg – Chardonnay Santa Maria Valley】

2005年ヴィンテージで一躍カリフォルニアトップカベルネの仲間入りを果たしたスターレーン・ヴィンヤードのオーナー、ジム&マリー・ディアバーグ夫妻が、同じく最高品質のピノ・ノワール&シャルドネを造るべく、銘醸地サンタ・マリア・ヴァレーで1996年にスタートさせたプロジェクトです。ブドウ畑を細かな区画に分け自然派の農法の一つサステーナブル農方法を用いて、他では類を見ない程多くの厳選クローンを使用しブドウを栽培しています。樹齢こそ若いものの、様々なクローンの組み合わせによりテロワールが見事に表現された、ディアバーグ独特の深みのある味わいを産み出し高い評価を得てきました。

2008年にはシラー&ピノ・ノワールが、また2009年はピノ・ノワールがスターレーンのカベルネ・ソーヴィニヨンと共に、マスターズ・ゴルフ・トーナメント開催中「オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ」で提供されるなど、国際舞台で華やかなデビューを果たしました。また、シラーは2012年5月にアメリカで開催されたG8先進主要8か国首脳会議とNATOサミット後の晩餐会で、アメリカ産唯一のシラーとしてメインコースのステーキ料理と共にサービスされるなど高い評価を集めています。

【シャルドネのクローン】
シャルドネに使用するクローンは5種程。主にカリフォルニアの高級ワインにも使用されるウェンティやオールド・ウェンティを使用します。畑の持つ特徴として高い酸を持つブドウを産み出すのですが、特にウェンティクローンは小粒で凝縮した酸高いブドウをつけます。

これだけの美しい酸と果実味を持つディアバーグ畑のシャルドネには、樽が重くなりすぎないようにカリフォルニアでは非常に珍しい大きめの400Lの樽を使用します。また、MLFも極力行わないようにコントロールし酸を引き出しています。(最大でも10%まで)この結果、ワインは引き締まった酸を持ち、バトナージュによって生み出された複雑味とボディが飲み手を至福の時間へ誘います。

ディアバーグでは特にこの地のシャルドネのポテンシャルに注目し、カリフォルニアプレミアムシャルドネとしては異例の樽無シャルドネも少量醸造しています

【スーツケースクローンの噂】
DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ)社 は世界最高のピノ・ノワールの生産者として知られており、誰もがそのクローンを、と願うことは言うまでも有りません。

そう・・、夜中にこっそり忍び込み価値あるクローンを頂戴できればと。

そして、生まれた言葉が「スーツケース クローン」。その名の通り、ブドウの枝を切り、濡れた新聞紙に巻いてスーツケースに入れて持って帰ったと言われています。これらは全て密輸という形で持ち込まれた為、それを実証するものは何も有りませんがカレラ・クローン、スワン・クローン、ロキオリ・クローン、ピゾーニ・クローンがDRCやロマネ・コンティの畑から切り取られ、持ち込まれたクローンであることはかなり濃厚だと言われています。カリフォルニア州には「スーツケース クローン」についての逸話が幾つもありますが、真相は闇の中。夢膨らむ話です。

品種:シャルドネ


IMG_0915

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————