ジュヴレらしい男の美学を突き通す生産者、ジャンテ・パンショ

【2009  Gevrey Chambertin – Geantet Pansiot】

ジュヴレ・シャンベルタンはポピュラーなワインだ。400haに及ぶ作付面積がコート・ドールの赤の村名ワインで最大というのがひとつの理由だろう。ポピュラーであるがゆえに万人受けする造りを施したワインも多いが、本来は甘草のような独特の香りを有し、ガッシリと骨太で男性的なキャラクターとされる。
当主のヴァンサン・ジャンテはそんなジュヴレの「男」を主張しているかのようだ黒いシャツの胸をはだけ、ハーレー・ダヴィッドソンとジョニー・アリディ(簡単にいうとフランスの矢沢永吉)を愛する。ついには男の美学が高じて、2009年ヴィンテージから外箱カートンを黒地に赤のデザインに刷新してしまった。
ここまで書くとワインまで騒々しく派手な印象を与えかねないが、そんなことはない、ワインはきちんと完璧な調和を保っている。確かに深みのある色合いで骨格がしっかりとしており熟成を期待させる男性的なワインだが、果実のアロマが豊かで、エレガントで細やかなテクスチュアに包まれている。2009年の収穫中に訪れたが、文句なしの優良年にもかかわらず、粒単位での選果を行っていた。この徹底さが名声の秘訣なのだ。

【歴史】
1955年、エドモン・ジャンテ氏とベルナドット・パンショ氏が結婚し、ジャンテ・パンショは設立されました。ジュヴレ・シャンベルタンに本拠地を置き、徐々に畑を増やし、現在ではジュヴレ・シャンベルタンを中心に約12haの畑を所有しています。現在は当主のヴァンサン・ジャンテ氏と息子のファビアンがドメーヌを運営し、力強さがありながらも、エレガントなスタイルのワインを造り、高い評価を得ています。

【栽培】
リュット・レゾネ(減農薬法)を実施し、除草剤を使わないようにこまめに鋤き入れを行っています。また、摘葉・グリーンハーヴェストも行っています。収穫は手摘みで、ブドウの実を潰さないように小型のプラスティックケースを使用。収穫後に選果台にてさらに厳しい選果を行っています。

【醸造】
10℃で8日間低温マセラシオンを行い、その後天然酵母にて発酵します。樽熟成は新樽比率平均30%で約13ヶ月間。バトナージュはマロラクティック発酵前に週1回、スーティラージュ、コラージュ及びフィルターがけを行わずに瓶詰めされます。

品種:ピノ・ノワール

IMG_1007GEVREY-CHAMBERTIN
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————