当初は家族や友人に振る舞うためのみに造られていたワイン、ヘンチキ

【2009  Henschke – Keyneton Estate Euphonium】
ヘンチキ家ワイン醸造の歴史は、多くのシレジア人同様、宗教的しがらみからの解放を求め、

故郷を捨て1841年にドイツから南オーストラリアへと移住した

ヨハン・クリスチャン・ヘンチキによって、1862年にキーントンの多様な畑に造られた

小さなブドウ畑にさかのぼります。

当初は家族や友人に振る舞うためのみに造られていたワインも、市場のニーズを受け

1868年以降一般販売されています。

4代目のシリル・ヘンチキはブレンドワインや酒精強化ワインが流行していた時代に

あえて品種豊かな単一畑から高品質のスティルワインだけを造ることに全力で取り組みます。

ヘンチキのあるエデン・ヴァレーは

オーストラリアで最も偉大なワインを生み出すテロワールです。

「神の恵みの丘」という教会の側の畑から取れるヒル・オブ・グレイスは

樹齢130年にも及ぶシラーズ100%で造られます。

この畑は普段は立ち入り禁止で、もし立ち入りを許されても

靴を覆うビニール袋をつけなければいけないのです!!

それはプレ・フィロキセラの畑にフィロキセラを持ち込まないようになのです。

最高級の単一畑にこだり、“素晴らしいワインは素晴らしい畑から”という考えに基づき

エデン・ヴァレー、バロッサ・ヴァレーとアデレード・ヒルズの地域から最高なブドウを選出。

現在、6代目と共に、オーガニックやバイオダイナミックの理論に基づき

先祖が残した畑をより豊かなものにし、後世のワイン造りをより良いものにする計画など

今後も様々な発展が期待されています。

シラーズ62%、カベルネ・ソーヴィニヨン23%、メルロー8%、カベルネ・フラン7%
IMG_0936
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
Bar Navi : http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————