トロント出身者が造る情熱のムルソー、バターフィールド

【2011  Meursault – Butterfield】
トロント出身のデイヴィッド・バターフィールドのワインに対する情熱は、

ブルゴーニュの土地とワインをこよなく愛する両親から受け継いだものでです。

16歳で初めてブルゴーニュを訪れた時、

「決して後ろを振り返るまい。偉大なワイン造りは自分の目標なのだ」と決意したといいます。

後にデイヴィッドはフランスに渡り、まずボーヌの醸造学校で醸造を学んだ後、

ドゥー・モンティーユ、ドメーヌ・ド・シャソルネイ等で更なる修行に励んだ。

そして、2004年にネゴシアン業を立ち上げ、

2005年に念願の自らの手によるワインをようやく世に送り出しました。

毎年買っていますが本当に素晴らしいワインです。

彼の想いが詰まった、これぞまさにムルソーと感じさせるアロマが口中に広がります。

“Beaune ”・“Beautiful”・“Butterfield”の頭文字の『B』。
IMG_1049MEURSAULT
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
Bar Navi : http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————