衝撃的な果実味で成功した新世代ブルゴーニュ、フィリップ・シャルロパン・パリゾ

【2013 Marsannay – Phillippe Charlopin Parizot】
フィリップは22歳のときに1976年に父から継いだ1.5haの畑を少しずつ買い足していき、

今では25haもの畑を所有するようになりました。

土地の高いブルゴーニュにおいて驚くべき程の成功と言っていいでしょう。

若いうちから壮麗なワインであるスタイルがアメリカで熱狂的に受け入れられたのが

大きかったのかもしれません。

フィリップは、若い頃はブルゴーニュのワインはあまり好きではなかったそうです。

「薄くて甘くて酸っぱくて、なんだかイマイチ」

そう思ってボルドーのワインばかり飲んでいたそうです。

そんな彼がブルゴーニュに目覚めたのはアンリ・ジャイエの影響だと言われています。

フィリップは初めの頃はワイン造りの途中でアンリ・ジャイエのアドバイスを聞きながら造り、

最終的には、ワイン造りの途中では意見を聞かずに造ったワインを

ただ持っていくようになったそうです。

畑は多くのブドウ樹が古樹のため自然に収量がおちます。

リュット・レゾネで耕作されており、除草剤や化学肥料も使用せず、

自然で健康的なブドウを育ています。

厳しく選別された果実は、発酵・マセラシオンのプロセスで自然に抽出が行われるようにし、

収穫年や銘柄に応じてピジャージュやルモンタージュを実施します。

今では除梗も100%行います。

(昔はせっせとバトナージュを行い、徐梗もしてなかった)

ほとんどのワインが50~70%、グランクリュで100%新樽使用しています。

樽熟成中は澱引きをせずに瓶詰前に軽い濾過を行います。

パリゾの特徴は、溢れんばかりの果実味を活かした若いうちからの親しみやすい風味。
img_1014
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————
[enjoyinstagram_mb]