プーリアの土地の風土を表現し続けるカンティーナ、サン・マルツァーノ

【2013 Talo Primitivo di Manduria – Cantine San Marzano】
1962年、19人の地元ブドウ栽培農家 “父なる創業者たち” が

協同組合“Cantine San Marzano”を設立。

以来地ブドウを中心に栽培していましたが、2000年頃から自社元詰めワインの生産を開始。

現在では1,200もの経験豊富な栽培農家を抱え

彼らは今もプーリア伝統のブドウ造りの哲学・手法を守り続けています。

イタリアの”かかと”の部分、アドリア海とイオニア海、「2つの地中海」に面したプーリア州。

サン・マルツァーノでは「プーリアの土地の風土で育てられた完熟ブドウで

新鮮な果実味をしっかりと表現すること」を哲学としています。

オリーブやブドウ樹にあふれる、自然豊かな恵みの大地。

プーリア州サレント地方北部のサン・マルツァーノ・ディ・サンジュゼッペ。

イオニア海、アドリア海の2つの地中海に挟まれた地で

日照りが厳しく、シロッコが吹き荒れる厳しい環境で、ブドウは力強く育ちます。

サン・マルツァーノは、プーリアを代表する

プリミティーヴォ・ディ・マンドゥーリアDOCエリアの中心に位置し

その代表的な生産者の一つです。
img_0989
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
Bar Navi : http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————