カリフォルニアで最も古い農園を持つワイナリー、エンシェント・ピークス

【2015 Ancient Peaks – Sauvignon Blanc】

エンシェント・ピークス・ワイナリーの運営はカール・ウィットストロム、ダッグ・フィリッポニ、ロブ・ロッシの3人のオーナー、そして彼らの子供たちと共に行われています。このワイナリーは、1999年にロブ・ロッシがサンタ・マルガリータの地に大農園を取得したことから始まります。彼の友人である、カール・ウィットストロムとダッグ・フィリッポニは、その後すぐに共同オーナとしてこのビジネスの運営に参画し、以後彼らが全て運営を取り仕切っています。彼らが運営を始めた年に、カリフォルニアで人気を博しているワイナリー「ロバート・モンダヴィ」ファミリーが、彼らの大農園の一部を契約取得しブドウの樹を植えたことから、彼らのワイン造りの歴史はスタートしました。2005年、ロバート・モンダヴィが植樹したマルガリータ・ヴィンヤードの多大なる可能性に魅せられた3人のオーナーは、このヴィンヤードを買い取り、ワインメーカーとなることを決意しました。それ以降は、ワインコンサルタントを招聘してワイン造りを行っています。

現在のワインコンサルタントはマイク(Mike Sinor)で、3人のオーナーがヴィンヤードをモンダヴィより買い取った直後の2006年よりワイン造りを一任されています彼はセントラル・コーストにおいて、最も有能なワインコンサルタントのひとりとして知られ、ワインスぺクテーター誌などの各ワインマガジンにおけるコンサルタント評論でも常に高評価を得る人物です。また、彼のセントラル・コーストでのワイン造りの経験は20年を超え、エンシェント・ピークスでのワイン造りを知り尽くした男です。

「エンシェント・ピークス」の名前はマーガレット・ヴィンヤードの境界線にそびえ立つサンタ・ルシア・マウンテンを称える為に選ばれました。この場所はビッグ・サー(Big Sur)の名称でも有名な観光地として知られております。中でも、マルガリータ・ヴィンヤードの近隣に位置する標高1571mのコーン山は、アメリカ合衆国の海岸線にある山としては最高峰で、太平洋からわずか5キロメートルほどしか離れていません。複雑な土壌とこの地形が生み出す気候が彼らの素晴らしいワインを生み出しています。

【サンタ・マルガリータ農園】
ワインの基となるブドウが栽培されているサンタ・マルガリータ農園一帯は、数千年前からネイティブ・アメリカンが住んでいたとされる由緒ある地域ですこの農園の最初のブドウの樹は1780年にまで遡ります。当時のスペイン国王の命により、フランシスコ会修道士のジュニペロ・セラ神父指導のもと植えられました。現在は観光地でもあるこの農園はカリフォルニアにおける最も古い農園の一つとして知られています
※近年、ワイン醸造の歴史に敬意を表して、今日も壁がまだ残っているミッション(キリスト教の布教施設)の隣に小さなブドウの樹が植えられています。

全てのワインは、歴史あるサンタ・マルガリータ・ヴィンヤードからの収穫によって生産されています。ヴィンヤードは太平洋に面する海岸からわずか20Kmの場所にあるサンタ・ルシア・マウンテンにあります。ヴィンヤードの土壌は、古代の海の化石を含む堆積土壌と小粒の石の多い土壌です。丘に面した場所にあり、土壌の層は丘を上がるほど厚くなりますが、太平洋からの風の影響を受けやすくもなります。
この冷涼な気候のマーガレット・ヴィンヤードで育ったブドウは、通常は約3週間程の間に数回に分けて収穫されます。最初の収穫時にはグレープフルーツを想起させる個性のフレッシュな酸のブドウを、最後の収穫では幾重にも織り成す、完熟したトロピカルフルーツを思わせる香りと味わいのブドウが収穫されます
彼らのワインは、ステンレスタンクを使用するコールド・フェーメンテ―ション(低温発酵)によって生み出される、ピュアなフルーツの味わいやデリケートな香りのワインが特徴的です。 さらに、一部のブドウをスキンコンタクトし、グレープフルーツの皮やライムのような香りを引き出しています。

品種:ソーヴィニヨン・ブラン

img_0979
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————