1960年代の初頭まで秘密にされたブルネッロ、コンティ・コスタンティ

【1999  Brunello di Montalcino – Conti Costanti】

コスタンティの名前は、シエナが発祥の地であり、今日でもシエナ大学の学長のアパートメントにコスタンティの紋章が所蔵してあります。(コスタンティのブドウ畑にも紋章のレプリカが置いてあり、今日でも見ることができます。)  現在のワイナリーのオーナーの先祖は、1506年には大学の学長でした。
シエナのコスタンティ家は、1555年から1559年までモンタルチーノの土地で戦われた、最後のシエナの独立戦争の立役者となった242のファミリーの内の一つで、1559年にスペインに降伏し、シエナ共和国の歴史が終わりを告げたにもかかわらず、ファミリーはモンタルチーノの土地に執着しつづけ、広大なモンタルチーノの所有地にとどまることを決めたのでした。 一つの初期の逸話によると、16世紀にマルコ・アントニオ・コスタンティは、自分の愛する共和国のために戦うことに疲れたため、モンタルチーノの赤ワインで毎日顔を洗い、顔に血色の良さと活力を取り戻し、戦いに向かう人々を安心させたと言われています。

数世紀の後、クレシェンツィオとカルロのコスタンティ兄弟は、他の共和国・ヴェネツィアと戦い、二人の勇気によりファミリーは1711年に伯爵の称号を得ました。その後の世代は自分たちの土地で、自由な仕事・平和な事業を行いました。コスタンティの所有地は Colle al Matrichese(現在のワイナリーのある中心地)のファミリーの元々の土地から、シエナ周辺のCastle of Bibbiano、Sovignanoに移りました。現在の所有者であるアンドレアは所有地の恵みを“merits and marriages” と考え、それによりファミリーは常にモンタルチーノ で最も高い階級に位置づけられています。

17世紀の中頃、別のクレシェンツィオ・コスタンティはブドウ栽培の仕事を非常に真剣に考えました。急な勾配の石の多いヒルサイドの土壌を掘り起こしながら、彼はもっと良いワインができることを確信しました。またクレシェンツィオはエトゥルスキの人工遺物を沢山発見しました。彼の発見はモンタルチーノの歴史に光をあてるのに重要な役割を果たし、クレシェンツィオは優秀なブドウ栽培者と“考古学者”という2つの名声を手にしました。

もう一人のコスタンティ家の有名人は、ティト・コスタンティで、彼は弁護士でありブドウ栽培者でした。彼のBrunelloは現在のDOCGとDOCを予見していました。彼はBrunello for Montalcino redという名前を使 った最初の人々のうちの一人であるだけでなく、ワインを造った方法は、現在のものとほとんど変わりがないものでした。私たちはティトの1865と1869ヴィンテージを記録しています。彼は1870年のシエナのワインショーに両ヴィンテージを出展し、それらは今日のBrunelloとRosso di Montalcinoの紛れもない先駆者でした。 何世代の後も、コスタンティは(その名の通り、イタリア語では「不変の・一定の」という意味ですが、)モンタルチーノの素晴らしさを父から息子へと受け継いでいます。

コスタンティ家は、トスカーナ地方の世界遺産として有名な町 “シエナ” の名家です。1711年にワイン生産者として創業し、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノを語る上では欠かせないワイナリーのひとつとして知られています
ですが、コスタンティのBrunelloは、1960年代の初頭まで秘密にされ、オーナーの友人や家族の間だけでしか出まわっていませんでした。それを医者でありブドウ栽培者であるエミリオ・コスタンティ伯爵が、座長を務めるロータリークラブのシークレットテーブルでコスタンティのワインが出回ることを許しました
最初の“公の”ヴィンテージがリリースされ、ワイナリーのポテンシャルが最大化した後、エミリオ・コスタンティは古いシエナのファミリーでたった一人の末裔である、当時まだ大学の地質学科を卒業したばかりでワイン業界では何もバックグラウンドのない、アンドレア・コスタンティを探し出しました。アンドレアは1983年に、歴史的に名高い伯爵の相続人・後継者に指名され、すぐにエミリオの信頼が正しいことを証明しました。
彼は新しい莫大な責務をうまく果たしただけでなく、偉大なBrunelloを造るというファミリーの評判を高めたのでした。
モンタルチーノ特有の昼は暖かく夜は冷涼な微気候、標高310~440mにあるガレストロ土壌という恵まれた環境の中、伝統的な大樽を使用し良質なブルネッロ・ワインを生み出しています。

品種:サンジョヴェーゼ・グロッソ

IMG_0979
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————