造り手の間で名が知れ渡っている名士、アルベリック・デュヴァ

【NV  Alberic Duvat – Brut Tradition】

シャンパーニュ地方と生産者を訪ね歩くガイド本『シャンパーニュ・ガイド』にも掲載の素晴らしい生産者。コート・デ・ブラン南部のちいさな村が本拠地ですが、同村の村長も務めています。彼のシャンパーニュは本場シャンパーニュ地方で特に高い評価を得ており、ランスやエペルネのレストランにもオンリストされ、造り手たちの間でもその名は知れ渡っている名士であり名生産者でもあるのです

1851年アルザスでのブドウ栽培まで歴史を遡ることのできるデュヴァ家。1870年にシャンパーニュでのブドウ栽培を開始し、1950年には醸造所開設。1958年より「アルべリック・デュヴァ」ラベルで販売をスタートさせた。コート・デ・セザンヌの最北にあるフェレブリアンジュ村に本拠を置き、5代目グザヴィエ・デュヴァ氏と息子さんにより運営されています。

シャルドネ 5ha、ムニエ 3ha、ピノ・ノワール2ha、合計10haの畑を所有しています。品質は畑で決まるというように、従業員と共に畑に出る元気なオヤジさんです。減農薬農法で品種毎、区画毎に25キュヴェに厳密に管理されています。また、収穫もここ20年以上も決まった人が収穫隊となって行っているため、無駄がなく、確実な品質を保っています。

彼の本拠地のフェレブリアンジュ村は、コート・デ・ブランの南端にとても近い上、標高180m。コート・デ・ブラン同様の白亜石灰土壌がベースなので、秀逸なシャルドネが手に入る環境に恵まれていますピノ・ノワールやムニエが秀逸である粘土質土壌のコート・デ・セザンヌにあって、豊富なミネラルや酸に加えて力強い果実味とコクがあるシャンパーニュを生みだす条件が備わっているのです。

品種:

IMG_1018
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————