現役で稼働する最古の蒸留器を使用するグラッパ生産者、ポリ・ディステラリー

【Grappa da Vinacce di Sassicaia】

サッシカイアに使用された葡萄の搾りかすを使用。フレンチオークで4年熟成後、サッシカイア(ワイン)の熟成に使用したバリックでさらにもう1年熟成させた逸品。

《ポリ・ディステラリー》
当蒸留所は、グラッパ生産の盛んなスキアヴォン村に1898年設立され、それから100年以上4世代にわたり、大変手間をかけて優雅で高品質なグラッパを造り続ける生産者です。同社は、現役で稼働する最古の蒸留器を使用し、現在も大事に手直ししながら稼働させています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

カベルネの聖地”アコンカグア・ヴァレー”をほぼ独占所有するエステート、エラスリス

【2015 Errazuriz – Max Reserve Cabernet Sauvignon】

1870年創業、135年以上の歴史を誇る名門、ヴィーニャ・エラスリス「世界で最も優れたカベルネを生み出す」という “カベルネの聖地”アコンカグア・ヴァレーをほぼ独占所有する。「テロワールを尊重し、自社畑の葡萄から、洗練されたエレガントなワインを生む」という、創業者ドン・マキシミアーノ・エラスリスの哲学を継承。エステート(ドメーヌ)としての在り方にこだわり続けてきたエラスリス。1980年代後半から、世界的にチリワインに対する需要が高まるにつれ、大手ワイナリーが「大量生産による廉価なワイン」の輸出増を図るなか、エラスリスはチリのどのワイナリーにも先駆け、「ミシュランの星に認められる高品質ワイン」を造り続けてきた。その結果は今日、世界を驚かせるほど圧倒的なウルトラ・プレミアムワイン「ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・レゼルヴ」。そして、チリにおける、これまでのプレミアムワインのレベルを遥かに超えた“チャドウィック家の傑作”「ヴィニエド・チャドウィック」の誕生。2004年1月、リッツ・カールトン・ベルリンにてヨーロッパを代表するジャーナリスト、トップソムリエ等36名が会し行われた世紀のブラインド・テイスティング。誰もがその勝利を確信していたシャトー・マルゴー、ラトゥール、ラフィット等の予想を裏切る形で、見事ナンバー1に輝いたのは、エラスリス・ヴィニエド・チャドウィック2000。エラスリスのカベルネの秀逸性を世界に証明した。

《Max Reserve Cabernet Sauvignon》
これぞアコンカグア・カベルネの実力が結集した1本。砂利や砂質の多いさらりとした粘土質で、水捌けが良いため、自然と低収量となり、エレガントな複雑味に富んだ葡萄となり、芳香の豊かな凝縮されたフルーツ感を持つワインに仕上がる。全体の66%をフレンチオーク、34%をアメリカンオークで15ヶ月間熟成。

品種:カベルネ・ソーヴィニョン 88%、カベルネ・フラン 12%。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

“TOP DRESSER”として珍重されてきたモルト、ザ・グレンロセス

【The Glenrothes Vintage Reserve 12y】

ザ・グレンロセスは、卓越した品質により、数々のアワードを受賞しているスペイサイドのシングル・モルト・ウィスキーです。その蒸留所は、スペイサイドの中心部、ロセス川のほとりにあり、1879年からシングル・モルト・ウィスキーを製造してきました
スペイサイドは、独自のスタイルを持つ高品質なシングル・モルト・ウィスキーの中心地として世界的に知られており、澄んだ山の水がピートの上を流れるスペイサイドの涼しく湿った気候も、独特な味わいのモルトウィスキーをもたらす重要な要素となっています。
ザ・グレンロセスは、元々、モルト原酒として使用され、ブレンダー達から味わいとクオリティーの核となる “TOP DRESSER”と珍重されてきました
大きな銅製の蒸留器でじっくり時間をかけて蒸留後、上質なオーク樽で熟成するというプロセスには、伝統と経験に基づいた技術が駆使され、グレンロセスならではの、甘く、フルーティーでエレガントなスピリッツが生み出されています。
熟した果実味、柑橘系やヴァニラの香り、スパイシーなフィニッシュなどの複雑味が、滑らかなテクスチャーの中に絶妙なバランスで包みこまれており、そうした味わいの表現は、長年の独自の手法に裏打ちされています。
また、丸みを帯びたボトルは、古くから蒸留所で使われてきたサンプル・ボトルを象ったもので、ラベルには、テイスティング・ノート、蒸留年、瓶詰年の他、モルト・マスターのサインが記されており、確かな品質を保証しています

《Vintage Reserve 12y》
最低熟成年数「12年」以上のヴィンテージ(同一蒸留年)の原酒を「12種類」織り交ぜて造られた、ヴィンテージ・シリーズの最新作です。「ザ・グレンロセス」では、全生産量の僅か5%のみがシングルモルトとしてボトリングされます。「ザ・グレンロセス ヴィンテージ・リザーヴ 12」は、熟成感と飲み頃を見極めて選び抜いた原酒を使用しており、ヴィンテージ・シングルモルトの哲学を表現しています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————