スペインワインのトロのポテンシャルを存分に引き出したヌマンシア

【2009  Termes Tino – Numanthia】
近年のスペインワインは、プリオラートから始まった「モダンスパニッシュ」と呼ばれるように

今までの重鈍なワインから、エレガントなワインに変貌してきています。

例えるなら、サッカーの本田選手がイニエスタに変貌する感じか…笑

そんな時勢の流れのなか、トロのポテンシャルに驚いたマルコス・エグレンは

1998年に“ボデガ ヌマンシア テルメス”を設立しました。

ワイナリーの名称は、ヌマンシアという町の名に由来しています。

このヌマンシアという町は、古代ローマ軍小スキピオ将軍による侵略を受け

その武力に激しく抵抗しました。

後に包囲・兵糧攻めにあった住民達は降伏よりもむしろ自ら死を選び、

その高潔な姿は英雄として讃えられました。

近世スペインの作家で『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』の著者として

有名なミゲル・デ・セルバンテスも戯曲を書いています。

で、話を戻ってワインは、長寿のブドウ樹より厳選して手摘みされた

ティンタ・デ・トロ100パーセントで造られています。

1998年にファーストヴィンテージをリリースして以来

世界的に高い評価を得ています。

「安定した上質なワインを安価で市場に提供したい」というシンプルな想いから

「エストラテゴ レアル」というリオハのブランドもワインをリリースしています。
IMG_0885

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
Bar Navi : http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ピエモンテの偉大なワイン、本物のバローロを知ってる人がどれだけいる? by プリンチピアーノ

【2008  Barolo “Serralunga” – Principiano】
90年代に起こったバローロの一大革命は

モダン・バローロという功績を残し大きな意味をもっていますが

プリンチピアーノの内には何か燻ってるものがあったようです。

『当時のワインは短期間で抽出することで凝縮しながらもフルーティーであった。

でも、そこには偉大さが無かった』

彼は2005年よりバリック使用を止め、スロヴェニアン・オークの大樽を導入しました。

『20年前、ほとんどの人がバローロを知らなかったが

知っていた人は本物のバローロを知っている。

現在、多くの人がバローロを知っているが

本物のバローロを知ってる人がどれだけいる?』

彼は『若いうちからフィネスを感じさせ

熟成と共に深みを増していくのが“偉大なワイン”を造りたい』と言っています。

僕が飲んだ印象としては、クラシックスタイルではあるけど、そこに拘った頑固ジジイではなく

モダンスタイルの良い部分は抽出してバランスよく仕上げてるなと思う。

ワイン_ピエモンテ_プリンチピアーノ
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
Bar Navi : http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

国産スパークリングワインのブラン・ド・ブラン、高畠ワイナリー

【NV  高畠 Winery -嘉(Yoshi) Sparkling Chardonnay】
シャンパーニュ方式ではなく炭酸ガス注入方式で造られているものの

日本のスパークリングワインも大したものだなと実感しました。

夏に浴衣着て縁側で飲みたいですねー(⌒¬⌒*)『風流やね〜』って言いながら
ワイン_日本_高畠ワイナリー
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : 麻布十番 Bar groom
Bar Navi : バー・グルーム
食べログ : Bar groom
———————————————————