非常に稀な接木なし自根のピノ・ノワールが植わる村のブラン・ド・ノワール、ニコラ・マイヤール

【2005 Nicolas Maillart – Les Francs de Pied Extra Brut 1er Cru】

栽培農家として1753年からの長い歴史をもっており、代々父から息子に引き継がれて来ました。2003年よりボルドー大学で醸造学を修め、エノログの資格を取得した後に南アフリカ、オレゴン等での修行を終えた9代目の若き当主ニコラ・マイヤールが栽培から醸造まで、全てを取り仕切っており名声を高めています。

モンターニュ・ド・ランスの3つの村に跨る特級、一級畑はマサル選抜による株で平均樹齢30年以上と高く、厳格なリュット・レゾネを実践しています。ピノ・ノワール主体ながらも、重過ぎずドザージュに頼らないナチュラルな味わいは、安定感があり洗練された独特のスタイルに仕上げています。本拠地エキュイユ村に植わる自根のヴィーニュ・フランセーズによる「フラン・ド・ピエ」はシャンパーニュ全体でも4箇所しかないという希少品です

2003年より一新した醸造所はグラヴィティー・フローを取り入れ、区画毎の細やかな発酵・醸造を可能とする温度制御の小型ステンレスタンクおよび228Lの小樽を導入し、よりテロワールに焦点を当てた細やかな仕事ぶりを発揮しています。全生産の約40%を小樽にて醸造しており、ヴァン・ド・レゼルヴを多めに使う事により、味わいに安定感と深みを与えています。新しい醸造施設の屋根にはソーラーパネルを設置しておりワイナリーで使用する80%の電力を太陽光にて賄っています。

《Les Francs de Pied Extra Brut 1er Cru》
シャンパーニュでは非常に稀な接木なし自根のピノ・ノワール(ヴィーニュ・フランセーズ)が植わるエキュイユ村の斜面南向きの砂質土壌を表土に持つ特殊な畑より。豪快さと繊細さを兼ねたピノ・ノワール100%のブラン・ド・ノワール。小樽を使い醸造を行い、バトナージュを行い、ノン・フィルターにて瓶詰め。ノー・マロ。ドザージュ2g/L。

品種:ピノ・ノワール 100%


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ドゴール将軍向けのキュヴェを仕込んだ1haの特別な区画、ボエル&クロフ

【2003 Boerl & Kroff – B Brut】

シャンパーニュ地方ウルヴィルにドラピエ家が所有する地に、1ヘクタールの畑があり、そこでフランスの大統領であったシャルル・ドゴール将軍のためだけにお気に入りのシャンパンが生産されていました。このシャンパンは将軍がエリゼ宮で主催するディナーで頻繁に使用されていました。
BOËRL & KROFFの2人の創設者パトリック・サバテ(Patric Sabaté)とステファン・セセ(Stephan Sésé)が、ピノノワール種が90%を占めるその畑を借り、他にはないシャンパンを作り出しました。

葡萄の出来が最良の年のみに生産されるためBOËRL & KROFFには希少価値があり、生産した年は、1995、1996、1998、2004、2006、2008、2009年のみです。各ヴィンテージは手摘みされた葡萄の一番搾りのみで生産され、自然な重力のみで搾り、人工的なポンピング(圧搾)をしていないため自然なシャンパンを製造することができます。さらに10年以上熟成され複雑で濃厚な質感を生み出します。長期熟成に適したマグナム以上のボトル詰めで生産され、BOËRL & KROFF は手に入れることが難しい最高級クラスシャンパンとして知られています。

《B Brut》
セカンドライン「B」は BOËRL & KROFF 生産用に確保された複数年のヴィンテージを混ぜて生産されています。セカンドラインといっても優れた品質が保証されています。現在の「B」は1997、2000、2002、2003年のヴィンテージが使用されており、ボトルは7 5 0 m lのみで8,000本生産されています。

品種:ピノノワール

(WINE REPORTより)
シャンパーニュはブランド・ビジネスの色彩が強いワインだ。極少量を趣味的に仕込む造り手もいる。かつてのサロンは、ウジェーヌ・エメ・サロン氏が仲間内で飲むために造るところから始まった。
ボエル&クロフもよく似た物語だ。マドリッド在住の弁護士パトリック・サバテとステファン・セスが、シャンパーニュへの愛情やみがたく、自らのキュヴェを生み出した。手を貸したのがコート・ド・バールのミシェル・ドラピエ。3区画からなる1ヘクタールの畑からブラン・ド・ノワールを造ったこの畑は60年代にドゴール将軍向けのキュヴェを仕込んだ特別な区画だった
デビュー年は1995。2500本のマグナムのほかに、ジェロボアム、ミダスが造られた。その後、96、98、2004、06、08、09が基本的にマグナム瓶サイズで詰められた。平均的な年には、これの代わりに「B」というキュヴェが仕込まれる。業態としてはマルク・ダシュトゥールになる。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

哲学などはなく、都度ブドウのために最良の選択をするメゾン、ユリス・コラン

【2011 Ulysse Collin – Blanc de Noirs EX Brut Les Maillons】

1703年からコンジィ村で栽培と樽製造の仕事を始めたのがコラン家の成り立ち。
曽祖父のジョルジュ・コランが1930年にシャンパーニュの販売を始め、それを受け継いだ祖父のルネ・コランがその後50年間ビジネスを拡大したオリヴィエの父は1987年から2003年までネゴシアン(ヴランケン社)とパートナーシップを組んだが、オリヴィエの代になり2003年に畑を取り戻し、翌々年に圧搾機やカーヴなどの醸造設備を新たに導入した。学生だった頃のオリヴィエは1人のワイン愛好家に過ぎなかったが、2001年にアンセルム・セロスを訪問し刺激を受け、自分自身のシャンパーニュを造るため、当時実家が賃貸していた畑の回収を決めた。2002年にアンセルム・セロス氏の下で研修、2003年より自身の畑の栽培を開始した
栽培においては、ブドウが発する声に耳を傾け、実用的・実際的な手法を選ぶこと(=何かのセオリーやビオディナミカレンダーなどに頼りきらず、自分で考えブドウへの影響を見ながら栽培していくこと)が重要と考えている。
そのため、自身の哲学などはなく自分自身にするのと同様に、都度ブドウのために最良だと思える選択を行っている。メゾン名のユリス・コランは、ご先祖様のひとりにちなんで名付けられた。2004年にLes Pierrièresの畑から初ヴィンテージヴィンテージとなるシャンパーニュを製造、2006年よりLes Maillons、2008年よりLes Roises、2010年よりLes Enfers、2011年よりLes Maillons Roséをそれぞれ生産開始した。
各畑のブドウが混ぜられることは初ヴィンテージから現在まで一度もない

img_1130
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————