シャンパーニュの次世代を担うブティックRMの醸造家、ベレッシュ

【NV Bereche et Fils – Brut Réserve】

モンターニュ・ド・ランスで一番標高の高い1級リュード村にて、1847年より続く家業を継いだ5代目ラファエル・ベレッシュは、新世代の象徴的な醸造家です。伝統の長所を守りながらも新しい流れを取り入れる、柔軟な感性を持つラファエルは、世代、産地を超えた志の高い生産者と多くの交流を持ち、影響を受けています。

グラン・クリュは所有していないものの、所有している9.5haで拘りあるワイン造りを行っています。テロワールを反映する為に区画毎に小樽にて発酵・熟成を行い、更に大樽(600ℓ樽)で熟成。ブドウが持つフレッシュな酸を活かす様に全てのキュヴェでマロラクティック発酵を行わないなど、徹底してその拘りを貫いています。「ブティックRMシャンパーニュ」と呼ばれる所以です。

一般的には、培養酵母にて一週間程度で終わらせるアルコール発酵を天然酵母で1~1.5ヶ月かけてじっくり香りを引き出し、澱と共に長いリー・コンタクトを行い、ベースとなるワインをしっかりと造る事に注力しています。畑においては、2004年より全てビオロジック(一部ビオディナミ)にて規定よりはるかに低い収量に留めています。伝統的にベレッシュでは、樽を用いており、ブドウのポテンシャルを見極めながら、ボランジェと同じ職人による樽や、DRCの中古樽などを使い分けています。次世代を担う若手醸造家として、現在最も注目されている一人。仕上がりのワインは、いずれも低いドサージュを施され、深い味わいを持つ、ヴァン・ド・シャンパーニュです。

【Brut Réserve】
ベレッシュの凛としたスタイルを体現できるベーシック・キュヴェ。他の全てのキュヴェと同様にマロラクティック発酵は行わない。3品種を均等に1/3づつブレンドし、ヴァン・ド・レゼルヴを30%用いる。24ヶ月の瓶熟成。ホーロータンクと樽にて醸造。 2011年収穫が主体。ドザージュ量、デゴルジュマン日付は全て裏ラベルに記載。

品種:シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエを1/3ずつブレンド


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

モンターニュ・ド・ランスで最上の生産者に数えられるRM、ブノワ・ライエ

【NV Benoit Lahaye – Blanc de Noirs】

ブノワ・ライエは自然な醸造と栽培に情熱を傾けている造り手です。1993年に家族経営のドメーヌを継ぎ、1996年に元詰めでシャンパーニュを造り始めた。1994年に除草剤の使用を完全に止め、1996年に有機栽培を始め、畑に草を生やし、ビオディナミによる手入れ(ビオディナミ・トリートメント)を試みた2003年までに有機栽培への転換を終え、2007年に有機認証を取得した。有機栽培に変えてから、ワインに明らかな違いが生まれたと彼は考えている。
「ワインが良くなったというというようなことでは全くありません。ワインは酸度を保ちながら、より高いレベルに熟すようになりました。」

【栽培】
栽培面積は計4.8haあり、ブジィ(3ha)、アンボネ(1ha)、トクシエール(0.6ha)、ヴォワプル(0.2ha)に広がっている。コート・デ・ブランのヴォワプルの畑は、ブジィから遠く離れており、樹齢50年のシャルドネが植えられている。この畑は、ピエール・ラルマンディエによって栽培されている。すべての畝の間に、草(カヴァー・クロップ)が生やされており、植物同士の競争を促し、表土の侵食から畑を護る役割をしている。カヴァー・クロップを始めるようになって、様々な種類の植物が育つようになり、より健全な生物多様性を形成している。

【醸造】
セラーでの作業方針は、「可能な限り最小限の介入」(ミニマル・インタヴェンション)である。205リットルの樽で醸造しているが、樽での醸造を全体の50%までに増やしたいと考えている。樽発酵では、すべて野生酵母で発酵している。タンクでは、特に不活性で還元した状態のステンレスタンク内では、よりリスクが高いため、時にはステンレスやエナメル塗装タンクでの発酵には培養酵母を使わざるをえないと考えている。マロラクティック発酵は、ワイン次第であるが、ライエは一般的に、マロとノン・マロのブレンドを好む。彼いわく「マロラクティック発酵をしたワインは、すぐに複雑さをおびた味わいになるが、ノン・マロのワインは時間とともに複雑さが姿を現す。」

ライエ作のワインは、強烈でありながら重たさの気配はなく、いかにもワインらしくて濃密な性格を示している。ということは、畑作業の質に重きが置かれていることを物語っている。それらのワインは、常に、とてもよく熟したブドウから造られているが、自然を尊重した栽培方式による多くのワインと同様、その支配的な性格は果実味ではなくてテロワールである。といっても、皮肉なことに、各キュヴェはブジィ100%ではないにもかかわらず、同じ村産のいかなる生産者のシャンパーニュよりも、いずれも典型的なブジィらしさを体現している。ドザージュは伝統的な「リケール・エクスペディション方式」にのっとっているが、この数年は着実にその添加量を減らし続けている。けれども、バランスを重視するライエは、「ノン・ドゼ」を志向しているわけではない。ノン・ドゼ・シャンパーニュに対する世界的な需要の高まりとともに、彼のノン・ドゼものはときにやや入手難になることがあるが、探し出す価値は充分にある。というのは、ライエはいまや急速にモンターニュ・ド・ランスにおける最上のRMシャンパーニュ生産者に数えられつつあるからである。

ライエは、ノン・ヴィンテッジのシャンパーニュを、「ブリュット」と「ブリュット・ナチュール」の2タイプで出しているが、「ブリュット・ナチュール」が事情通の人たちから偏愛されている。ピノ・ノワール主体のブレンド比率はなんと90%にも達しており、リザーヴ・ワインの割合も高くて、ときに50%にも及ぶ。「ブリュット・ナチュール」のバランスと複雑さは、有機栽培に由来するブドウのさらなる成熟のおかげである、とライエは言う。「過去には、『ブリュット・ナチュール』をこのように仕立てることは不可能だったけれども、有機農法に転じてからは、それが可能になった」と、ブノワは語る。

《追記》
ブジィーに拠点を置くビオディナミのシャンパーニュ生産者です。そしてライエ氏の息子はあのジャック・セロスで研修し、反対にセロス氏の息子はブノア・ライエで研修したことでも有名。最もに着目すべき点は「ホメオパティック醸造法」で、まずビオディナミ栽培のワインを発酵させ、発酵が終わった後にタンクの中に、スピリチュアルな力が宿っている森のオークの樹皮の小片を11日間入れます。その樹皮は森の樹の信頼を得て、樹の承認を得てから少しだけ剥ぎ取るとのこと。こうして出来たワインをブレンドする前に、醸造所内のひとつの樽から少量のワインを容器に取り、それ以外の樽の全てから樽にワインをスポイトで1滴づつ入れて撹拌します。この方法でブレンドを行ったワインを元の樽に戻せば、その樽のワインは、他の樽の情報を全て受け取ったとのことです。この手間のかかる気の遠くなる作業を醸造所の全ての樽に行います。ちょっとスピリチュアルな儀式すぎて、どういった影響がワインにあるのかは分かりませんが、それは飲んで判断するしかない。

品種:ピノ・ノワール

img_1129
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

純粋な葡萄の糖度のみから造るノン・ドサージュの真髄、ヴァルニエ・ファニエール

【NV Varnier Fanniere – Grand Cru Avize Blanc de Blancs Brut Zero】

ド・スーザ、ジャック・セロスといったビック・ネームのドメーヌが軒を連ねるのがブラン・ド・ブラン地区の聖地、アヴィズ村。その中にあって、ひときわ異彩を放つのがこのヴァルニエ・ファニエール。クラマン村、オアリー村、アヴィズ村、オジェ村のベストの区画、わずか5haの畑から完璧な酸とバランスを持つシャンパーニュを生み出す、シャンパーニュ地方のニュー・ジェネレーション。情熱派の若き当主ドニ氏は大学時代の友人、キュミエール村のジャン・バティスト氏らと共にテロワールの体現に全身全霊をこめる。リキュールを全く加えることなく醸されたブリュット・ゼロは、まさにアヴィズ村のテロワールを再現した逸品。豊かなミネラルの中に芳醇なフルーツと球体のようなバランスのアフターを持つ。極めつけは、1950年に戦後の混沌の中でシャンパーニュの醸造を誰よりも早く再開した祖父に敬意を表し、本来のリュディ名とは別に、グラン・ペール「(偉大なる)祖父」と名付けた0.8haの区画から醸すキュヴェ・サン・ドニ。村の中央、斜面の中腹に位置する、まさにグラン・クリュの中のグラン・クリュ。葡萄栽培の北限に位置する極めて冷涼な気候、チョークの地層からに来る多大なストレスにも関わらず、樹齢60年以上のヴィエイユ・ヴィーニュのみから醸される。

【Grand Cru Avize Blanc de Blancs Brut Zero】
“ノン・ドサージュ”。シャンパーニュの涼しい土地にありながら、ドサージュをすることなく純粋な葡萄の糖度のみから造る。芳醇な果実味をここまで引き出せる技は、妙技としか言いようがない。BRUT ZEROの真髄

品種:シャルドネ 100%


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————