モンタルチーノ地区最古の生産者の一つ、カステッリ・マルティノッツィ

【 2015 Rosso di Montalcino – Castelli Martinozzi 】

モンタルチーノ地区で最も古い生産者の一つである「カステッリ・マルティノッツィ」社は、オルチア渓谷の西側の斜面を越えた緩やかな丘の頂きに立っています。この素晴らしい立地条件により、同社からは渓谷を見渡す大パノラマが堪能できます。何世紀にも渡りその名は受け継がれ、現在家族の住宅に隣接するチャペルには何世代ものマルティノッツィ家の墓地があります。住宅へのメインゲート脇の古い時計台の鐘の音は、何世紀もの間渓谷にこだましています。一家の暮らしはワイン造りとオリーブオイル造りに支えられています。現オーナーの孫にあたるフェデリコ氏を中心とし、年々品質を向上させることに成功してきています。

ワインセラーは非常に古く、今も尚自然の熟成サイクルを忠実に守り続けています。ワインはただ寝かされるだけでなく、定期的に品質をテスト、味見による官能検査が行われます。
より良く成長させるためには、樽を移し変えることもあります。樽に入れてから4年後、伝統の厳しい基準を突破して、生産者組合とイタリア商工会議所の承認が得られて初めて、“ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ D.O.C.G. ”を名乗ることができます

【Rosso di Montalcino】
醗酵:ステンレス・タンク 主醗酵後、マロ・ラクティック醗酵
熟成:オーク樽熟成 10カ月(80%大樽、20%バリック樽 一部新樽使用)/瓶熟成 3カ月以上
サンジョヴェーゼ 100%


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

プーリア州の偉大なスターワイナリー、トッレヴェント

【 2013 SINCE 1913 Primitivo – Torrevento 】

1913年6月11日の事でした。現在のオーナーであるフランチェスコ・リアントニオ氏の祖父がアメリカへ一旗揚げるべく出稼ぎに旅立ちました。ニューヨークの路上で重労働をこなし、氷売りから始めますが彼の持って生まれた実業家魂が開花しその後、氷製造会社の経営者の一人となります。そして10年後、生まれ故郷であるプーリアへの熱い想い、望郷の念にかられ帰国してワインとオリーブオイルの製造販売を始めます。その後、1948年兄弟と共に57haのブドウ畑からリアントニオ一族のワイン造りが始まります。祖父が購入した当時、石を積み重ねて造られた古い修道院跡がありましたが、現在では修復され樽の貯蔵庫やテイスティングルームになっています。

このフランチェスコ・リアントニオ氏のワイナリーは所有する450ヘクタールの畑の全てがカステル・デル・モンテの原産地呼称の中に位置しており、ムルジャ国立公園の内にあります。環境に出来る限り配慮したワイン造りをコンセプトにしたプーリアを代表するワイナリーの一つで、主に地品種、特にネーロ・ディ・トロイア種を中心に色々なレンジのワインを生産しています。

カンティーナでのワイン醸造はブドウ本来の個性をしっかりと出した丁寧な造りになっています。それぞれのワインには特徴的なフレッシュさやリッチな果実味、フィネスを持ちあわせています。

トッレヴェントのメインアイテムであるカステル・デル・モンテのワインの中のリゼルヴァクラスの商品でカステル・デル・モンテ オッターゴノ リゼルヴァ 2014はファーストノートにスパイスや赤果実の風味、またチョコレートのニュアンスを感じボディもしっかりとしています。果実感あふれる余韻の非常に長いワインです。
カステル・デル・モンテ ヴィーニャ・ペダーレ リゼルヴァ 2013はファーストノートは黒果実の風味の中にかすかな花のニュアンスを感じ、味わいのバランスが良く飲みやすさとフレッシュさを兼ね備えたワインとなっています。

2017年度のガンベロ・ロッソ(Vini d’Italia)にて10回目となる最高評価、トレ・ビッキエ―リを獲得し、プーリア州では5社目となる偉大なスターワイナリーに仲間入りしました!

【SINCE 1913 Primitivo】
醗酵:ステンレス・タンク主醗酵後、マロ・ラクティック醗酵
熟成:オーク樽 8カ月(225L、新樽比率 50%)
品種:プリミティーヴォ 100%


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

イタリアワイン界で最も有名な女性醸造家の一人、テヌータ・ディ・ギッツァーノ

【 2015 IL GHIZZANO Rosso – Tenuta di Ghizzano 】

ギッツァーノの土地は1370年からペッショリーニ伯爵家が所有する由緒正しい農園で、当時はオリーヴなどの農作物が主体でした現在で、26世代に亘る非常に歴史の深い農園ですその家系を遡ると、祖先の一人に「ナンブロ伯爵」という人物がおおり、カール大帝の騎士だということが分かっています。1980年代以降、多くの蔵が低品質のワインを大量に生産し始める中、「納得のできる本物のワイン」を目標に掲げ本格的に畑、カンティーナの改良を始めました。

ジネーヴラ・ヴェロネージ・ペッショリーニ氏が1996年にワイナリーを引き継いだ当時、屈強な男たちが働くワイン業界で、女性の進出は非常に珍しいことでした。当時から醸造家として活躍してきた彼女ですが、今ではイタリアワイン界で最も有名な女性醸造家の一人としてガンベロ・ロッソ誌にて高く評価されています。ワインアドヴォケイト誌でも、ピサのエリアで一番初めに秀逸なクオリティーのワインを造った先駆者として紹介されており世界中から注目されている生産者です。

ヴェロネージ・ペッショリーニ家では350haもの土地を所有しており、うち20haがブドウ畑となります地中海からは35kmほど内陸の小高い丘にあり、土壌は海中で形成されたもので砂、粘土、そして化石を多く含んでいます。ブドウ畑の他に、オリーブ畑が20ha、農地が150ha、残りの160haは森になっています。美しい大自然に囲まれたワイナリーです。

ジネーヴラ・ヴェロネージ ペッショリーニ氏は、美しき自然を大切にしたワイン造りを行っています。試行錯誤の末2003年からはオーガニックの認証を取得、2006年からはビオディナミ栽培に踏み切ります。コンサルタントには、名匠カルロ・フェッリーニ氏を起用。この地は比較的砂の多い土壌のため、軽いサンジョヴェーゼというイメージが離れず、これまでキアンティのサブリジョンとして見られてきましたが、ギッツァーノが植えたボルドー品種により歴史が塗り替えられました。
ブドウ畑の約半分はサンジョヴェーゼ種を植えており、その他、カベルネ・ソーヴィニヨン種、プティ・ヴェルド種、カベルネ・フラン種を栽培。また少量ですが、ヴェルメンティーノ種なども栽培しています。伯爵自ら矢面に立ち、真剣に農業に取り組んできたギッツァーノ。その努力と情熱が、人々の心を温かくするギッツァーノのワインを産み出したといえます。

【IL GHIZZANO Rosso】
ギッツァーノの魅力がお手頃にわかる1本。樹齢が若いブドウから造られておりサンジョヴェーゼ種とメルロー種のブレンドで造られます。
醗酵:ステンレス・タンク&コンクリート・タンク/主醗酵後、同タンクにてマロ・ラクティック醗酵
熟成:ステンレス・タンクとコンクリート・タンクで8カ月
品種:サンジョヴェーゼ 95%、メルロー 5%


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————