スペイン・ビオワインの革命児、オリヴィエ・リヴィエール

【2011  Rayos Uva -Olivier Riviere】
柔らかな丸みのある果実味と適度な酸は、ブルゴーニュでの修行の賜物でしょう。

オリヴィエは1978年3月7日パリ郊外のPaissy生まれ。

ワイン造りとビオディナミに興味があり、ボルドー・リボンヌでワインの醸造を学んだ後

ブルゴーニュへ行きドメーヌ・ルロワで1年、フレデリック・コサールと1年一緒に働き

そして直ぐ にDomaine de la Combeの立ち上げスタッフとして派遣されました。

(遠い昔にDomaine de la Combeを飲みましたが非常に美味しかったのを覚えています。)

そしてDomaine de la Combeを2年勤め、独立を目指し

2006年にスペインで自分のワイナリーを設立ししました。

スペイン・ビオの革命児として素晴らしいワインを次々と生み出しています。
IMG_0889
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
Bar Navi : http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

スペインワインのトロのポテンシャルを存分に引き出しす、ヌマンシア

【2009  Termes Tino – Numanthia】

近年のスペインワインは、プリオラートから始まった「モダンスパニッシュ」と呼ばれるように、今までの重鈍なワインから、エレガントなワインに変貌してきています。そんな時勢の流れのなか、トロのポテンシャルに驚いたマルコス・エグレンは1998年に“ボデガ ヌマンシア テルメス”を設立しました。
ワイナリーの名称は、ヌマンシアという町の名に由来しています。このヌマンシアという町は、古代ローマ軍小スキピオ将軍による侵略を受け、その武力に激しく抵抗しました。後に包囲・兵糧攻めにあった住民達は降伏よりもむしろ自ら死を選び、その高潔な姿は英雄として讃えられました。近世スペインの作家で『ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』の著者として有名なミゲル・デ・セルバンテスも戯曲を書いています。
話を戻ってワインは、長寿のブドウ樹より厳選して手摘みされたティンタ・デ・トロ100%で造られています。1998年にファーストヴィンテージをリリースして以来、世界的に高い評価を得ています。「安定した上質なワインを安価で市場に提供したい」というシンプルな想いから「エストラテゴ レアル」というリオハのブランドもワインをリリースしています。

品種:ティンタ・デ・トロ 100%

IMG_0885
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————