筋金入りの自然派生産者のシャンパン、ブルーノ・ミッシェル

【NV  Bruno Michel – Cuvee Blanche】

シャンパーニュは世界的に有名な商品なので、もともと引く手あまたで販売に困ることはなく、わざわざ手間のかかるビオ農法でやろうとは思わないのです。加えてフランスのなかでも最北端の非常に寒い地域ということで、ブドウの病害の心配も多々あり、とてもビオを実践するには厳しい環境下であることは事実です。でもそういうところにも志高く素晴らしいワインづくりに取り組んでいる醸造家は沢山いるのです。

ブルノ・ミシェルは、シャンパーニュ地方ヴァレー・ド・ラ・マルヌ地区エペルネ近郊のPierry村に位置するレコルタン・マニピュラン。実家は同じくシャンパーニュの「ジョゼ・ミシェル」で、現在こちらは彼のお父様からお兄様達が受け継いでいますが、ビオではありません。ブルノが実家の家業におさまらなかったのは、小さい時から森の中を歩きまわったり、自然が大好きな少年でしたので、子供心ながら「僕は父とも兄とも違うんだ!」という思いがあったそうです。そしてブドウ苗木の栽培家として自身のキャリアをスタートさせました。シャンパーニュ地方は畑を見つけるのがとても難しい土地です。更にたとえ見つかったとしても、その値段はとんでもなく高額なはずです。なかなか新しくワイナリーを立ち上げるのは難しい土地柄ですが、彼の苗木栽培家という職業が幸いして、そういう情報をいち早くキャッチできる立場にありました。

1982年によい畑を借りることのできるチャンスが転がりこみ、以降は苗木栽培家とシャンパーニュづくり半々生活にはいります。少しずつシャンパー ニュづくりの比重を増やし、1997年に10haの規模となったところでいよいよシャンパーニュづくりに専念することを決意。しかし今も彼の畑の苗木だけは彼が全部栽培をしたものです。今では12haの自社畑に、ピノムニエ(45%)、シャルドネ(40%)、ピノノワール(15%)が植わっています。

また、筋金入りの自然派生産者で、醸造コンサルタントのエルヴェ・ジェスタンとは醸造学校からの仲良しで、 今までも話し合いながらワインを造ってきたそうです。現在は、エルヴェ・ジェスタンを正式にコンサルタントとして迎え入れビオに移行しています。

【Bruno Michel – Cuvee Blanche】
粘土土壌で育てたシャルドネ50%、ピノムニエ 50%をアッサンブラージュ。ブランシュは、大好きだった母方の祖母の苗字です。ややピンクがかった淡いイエローの色調、優 しい泡にアロマティックな香りが立ち込めます。熟れたグレープフ ルーツの風味とミネラル感、しっかりした酸味を持ちながらも、しなやかさを伴い上品なバランスに仕上がっています。

品種:シャルドネ 50%、ピノ・ムニエ 50%

IMG_0944
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————