シャンパーニュを語る上で、決して欠かすことができないRM、シャルトーニュ・タイエ

【NV Chartogne-Taillet – Cuvee Sainte Anne Brut】
1683年にブドウ栽培家として創業、1960年代にシャンパーニュ造りを開始した

シャルトーニュ・タイエは家族経営のレコルタン・マニピュランである。

アレクサンドル・シャルトーニュは大学の卒業研修でジャック・セロスのアンセルムに師事。

多大な影響を受け、2006年に両親が営むシャルトーニュ・タイエに戻った。

先人の経験と記録のヒントから、ヴィンテージの出来やブドウの取引について

18世紀の初めから代々絶えることなく綴られていたシャルトーニュ・タイエの

家長の日記から優れた畑を割り出し、古い文献から、昔のメルフィでは

ブドウの樹1本につき4房までしか実をつけさせなかったことを知り、

通常の半分以下に収量を抑え、自根で密植されていた当時のスタイルの畑も復活させた。

他にも日当たりを良くしてブドウの熟度と糖度を上げるため、

他の生産者の畑より長くブドウの枝を切り、ベースワインの発酵には

畑の土壌によってステンレスタンク、タマゴ型のコンクリートタンク、

バリックを使い分けるなど様々な工夫を凝らしている。

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————