港区で接待・会食、2軒目でワイン楽しむなら?

ゲストとの関係性をより深めたいなら、美酒で寛げる空間を2軒目の切り札として持っておくのが大切です。また、たくさん接待を受けられるようなゲストは、多くの方がワインに精通しておられ、楽しそうにワインの話をされます。そんな時に、ゲストのワイン話にホストも店のスタッフついていけない、ワインも選べるほどの種類がない、だったらどうでしょう?
そんなゲストでも安心してお連れできる、2軒目の切り札を探しておきましょう。


  • アンリ・ジャイエの薫陶を今に受け継ぐヴォーヌ・ロマネの名門


  • 偉大なシャルル・ノエラ系譜の畑を継いだドメーヌ


  • これぞナパ・ヴァレーの真髄


  • 所有する畑が小さく、羨望の的となっているドメーヌ


  • ボーヌの美しさを追求する新世代