ワイン造りにつきまとう悪玉微生物で酵母の一種、ブレタノミセス

【Brettanomyces】

通称『ブレット』と呼ばれるブレタノミセスは酵母の一種で、細菌ではありません。ただワイン造りにつきまとう悪玉微生物でもあり、馬小屋、納屋、汗で濡れた鞍などと表現される匂いは、このブレットが原因です。

ところで皆さんは「自然派ワイン」と聞くとどんなイメージを描きますか?
1990年代にブレットの発生が増えたのも、この「自然派」と呼ばれ、必要最小限しか人為を加えないワイン造りにより、実を破砕する際に亜硫酸(SO2)を加えないやり方が流行したからだと考えられています。また、瓶詰め前の熟成期間に亜硫酸(SO2)を添加しないとしても、ブレットのリスクは高まります。
ブレットは広く分布して、適切な環境があれば至る所に入り込みます。

ワインを飲むとしたら
A:人為を加えない、亜硫酸(SO2)の少ないブレットのリスクの高いワイン
B:その国に準じて、亜硫酸(SO2)濃度を規制値以下で造ったワイン

どちらでしょうか?

※WHOでは亜硫酸(SO2)の1日の摂取量を、体重1kg当たり0.7mgと定めていたと思います。変更されていたらスミマセン。
ブレット
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————