5世代に渡りワイン造りを営んできた歴史ある家系、フレデリック・マーク・ブーリエ

【2013 Saint-Véran – Chateau de Beauregard】

マコネのワインはシンプルで退屈なワインだと言う人がいます。確かに平坦で焦点の定まらないワインに出会うことも多い。しかし一度プイィ・フュイッセの畑を見れば、この土地の可能性にすぐ気が付くはずです。不規則に入り組んで小さな丘状になった畑が連なり、土壌はアルカリ性が強く粘土の下には石灰岩が豊富に含まれています。

ブーリエ家は5世代に渡りブルゴーニュ南部(マコネ・ボジョレ地区)において、ぶどう畑を所有し、ワイン造りを営んできた歴史ある家系。15世紀よりこの地方にその名を残し“Les Burrier”(レ・ブーリエ)と呼ばれるフュイッセ村から7kmの村にあります。マコネ・ボジョレー地区において広大かつ良質の畑を所有することで知られ、その中にはマコネ地区最高峰のひとつと名高いプイィ・フュイッセ・レ・メネトリエールやラ・マレショード、ボジョレー地区のグラン・クリュとも言える丘の斜面に位置する樹齢80年以上のムーラン・ナヴァン・ラ・サロミンなどの畑も所有しています。

常にマコネ・ボジョレー地区のリーダー的存在として、そこに生きる『テロワールの個性』を引き出すことを目指し、妥協のないぶどう栽培を徹底してきました。その姿勢は現当主フレデリック・マーク・ブーリエにより更に強固なものとなり今のブーリエ家を支えています。

リュット・レゾネを基本とし、農薬の使用を最小限にとどめ、土への風通しと水はけを考えた耕作と、樹が健康に深く、強い根を張るように一年の多くの時間を畑仕事のために費やします。現当主フレデリック・マーク・ブーリエは若くから家業であるワイン造りの道を志し、ディジョン大学醸造学科を卒業、農業技士免許を取得。その翌年にはリヨンの高等商業学校においてマネジメントを学び、1998年ルイ・ジャドに入社のちに輸出部長として、またワイン造りにも参加しながらメゾンの中心的存在として活躍し、その後1999年、父ジャック・ブーリエより家業を受け継ぎ当主となりました

またAOCプイィ・フュイッセの代表を務めるなど、地元生産者からも厚い信頼を得ながら積極的に活動を行っています。特にこの地に戻った後に彼が着手したのは『クリマ(小区画)』の地図の作成今までになく詳しい土壌調査を行い、各クリマの土壌特性が一目で分かる様な詳細な地図を仕上げました
『コート・ドールでの経験の後より“テロワール”という概念を強く持つようになった。まずプイィ・フュイッセの複雑なテロワールをしっかりと認識しなくてはいけない。この土地からはコート・ドールに比類する白ワインを造る事が可能だ』

品種:シャルドネ


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

初ヴィンテージの2005年で一躍スターダムを駆け上がったワイナリー、スターレーン

【2012 Star Lane – Cabernet Sauvignon Happy Canyon of Santa Barbara】

実は銀行業で成功を成したオーナーのジム&マリー・ディアバーグ夫妻はスターレーン、ディアバーグブランドを産み出すずっと以前からワイン造りを行ってきました。
その歴史は1970年にさかのぼり、氏の地元でもあるアメリカ東部ミズーリ州でワイン造りをスタートさせました。
ミズーリ州は禁酒法が施行されるまでアメリカ産ワインの最大の供給産地であり、ワイン産業も進んでいましたが、禁酒法解禁後この地でのワイン造りは衰退。カリフォルニア州にその市場を奪われていました。
ディアバーグ氏はまず、そんな歴史の中で傾きかけた、アメリカで最も古いワイナリー「ハーマノフ醸造所」を購入し再建させました(現在も東部でワイン造りを行い東部で人気の高い蔵として知られています)

しかしこの地は冷涼で湿気が多い為、ハイブリッド種やドイツ系品種の栽培が中心で、かねてよりボルドー品種をこよなく愛するディアバーグ氏が目指す国際品種の栽培には適していませんでした。
オーナーのディアバーグ氏は長年、最高品質のボルドー品種を産み出すためボルドーからナパ、サンタ・バーバラの大地を見て回っていました。そして、現在ワイナリーがあるサンタ・バーバラAVA内サンタ・イネズ・ヴァレーに辿り着きます。サンタバーバラは冷涼な土地柄ピノ・ノワールやシャルドネの名産地としてのみ認識されていましたが、その東方に広がるサンタ・イネズの地(標高450mの温暖な産地)にカベルネのポテンシャルを見出しこの地でワイン造りを行う事を決心します。

スターレーン畑が広がるサンタ・イネズ・ヴァレー最東端の一角は、他のサンタ・バーバラ州のワイン産地とは気候帯(ウィンケラーの積算温度ではこの地はリジョン3に分けられるが、それ以外の地域はリジョン1)、土壌環境(伝統的な地域の多くは粘土を含む砂質土壌であるのに対しこの地は岩・石・砂利を含む土壌)、標高が大きく異なり(標高が200-500mと高い山地で高低差は300m程)ボルドー品種にとって最高の環境が揃います。このことから、2009年ボルドー品種にとってその類まれなるポテンシャルがあることが認められスターレーンの畑を含む約3156haの地が新しく「ハッピー・キャニオン・オブ・サンタ・バーバラ」としてAVA認定されました
現在、約230haの地でブドウ畑が栽培されその注目度の高さから、今後多くの生産者が新しくブドウ栽培をすると予想されています。スターレーンは現在一番標高の高い、カベルネの栽培にとって最高の環境に畑を所有し、その敷地面積も96haと最高にして最大の生産者となっています。

《才能溢れる醸造家》
2013年にスターレーン&ディアバーグ ブランドに醸造家として参加したタイラー・トーマス氏
以前勤めていたソノマのドネーラン・ワイナリーで醸造したワインがパーカーポイント100点を獲得するなど、軒並み高評価を獲得してきた注目の醸造家です。コロラド大学で 植物学を専攻した後、カリフォルニア大学UCデイヴィス校で醸造学と栽培学の博士号を取得しました。その後ナパのハイド・ド・ヴィレーヌ等で経験を積み、偉大な畑から偉大なワインを生み出し、高い評価を集めてきました。
トーマス氏は言います。「素晴らしい人々と資源、そしてユニークな土地が存在するほど恵まれた環境は無い。これらが素材となって、他には無い素晴らしいワインを生み出すことが出来る。」
世間の注目を集めるドネーランのプロジェクトから離れ、パイオニア精神を持つ家族ワイナリーへ移る事を決めたトーマス氏。「ディアバーグは偉大なワインを生み出すのに必要な精神を持っている」と話します。「品質第一主義で、そのクオリティの証明に邁進し、多種多様な畑を丹精込めて耕し、ワイナリーの設備を最高の環境に整え、更には長い時間をかけて畑に隠された偉大な力を見出そうとビジョンを持つワイナリーだ」と。
トーマス氏が掲げるゴールは、彼自身の力を引出し、喜びを与えてくれる、そんなワインだと言います。快楽的であり知的で、何度も何度も飲みたくなるようなワイン造りを目指します。

《Star Lane》
スターレーンとは、スターレーン用にブドウが栽培される農場の名前で、小高い山々に囲まれた地域になります。周囲には何の障害物もなく、夜間は星が落ちてきそうな程の満天の夜空が広がります。
この美しい夜空からワイナリー名であるスター(星)・レーン(山の連なり)という名前が付けられました。

《Cabernet Sauvignon Happy Canyon of Santa Barbara》
醗酵:ステンレスタンク
熟成:フレンチオーク樽で22カ月 (225L/新樽35%)
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 100%


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

カリフォルニアの天才醸造家がアルゼンチンで造るワイン、フェリーノ

【2014 Felino – Cabernet Sauvignon Mendoza】

《Vina Cobos ヴィーニャ・コボス》
天才醸造家と称されるポール・ホブズがアルゼンチンのアンデス山脈の麓で造ったワイナリーです。彼自身のカリフォルニアワインをリリースする3年前に偶然にアルゼンチンを訪問し、その直後からシャルドネ造りのコンサルタントを始めました。それ以来400年以上のブドウ栽培の歴史のあるユニークなテロワールとマルベックに魅了され、アルゼンチンを代表するプレミアム・ワインを生産しています。

《Felino フェリーノ》
標高の高いアルゼンチンの土地の個性を紹介するのに最も相応しいワインです。ヴァラエタルの個性とテロワールが表現されたワインは、純粋なアルゼンチンの果実・酸・タンニンのバランスのとれた凝縮したワインです。ユニークなラベルも楽しい、リーズナブルな価格帯のプレミアム・ワインです。

品種:カベルネ・ソーヴィニヨン 100%


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————