洗練の極致を感じる未来を継ぐ造り手、バシュレ・モノ

【2013 Chassagne Montrachet Blanc – Bachelet-Monnot】
バシュレ=モノは、コート・ド・ボーヌの南、マランジュのデジーズ村にあります。

このドメーヌは、2005年1月、当時20代の若さであったマルクとアレクサンドル兄弟の2人が

祖父や父のワイン造りを引き継ぐという形で設立されました。

マルクとアレクサンドルは醸造の学校を卒業した後、

フランスや海外でもワイン造りの経験を積んできました。

実績のない若いバシュレ兄弟ですが、友人であるヴァンサン・ダンセールや

オリヴィエ・ラミーといった新世代のライジングスター達から

大きな刺激と導きを得たことは想像に難くありません。

国際的なワインのメディアで輝かしい称賛を受けたバシュレ兄弟。

かつて“未来を継ぐ新しい造り手”と呼ばれた兄弟は今もなお、高い品質を追求しています。

バシュレ兄弟が本拠を構えるマランジュから、サントネ、ピュリニー・モンラッシェ、

シャサーニュ・モンラッシェ、そしてグラン・クリュとなるバタール・モンラッシェを含む畑は、

現在では23ヘクタールの畑を手掛けています。

彼らは畑のもつ力を最大限に生かすことが、より良いワインを造る近道だと確信しています。

日々、土壌に非常に注意深い作業を施し、ぶどうの木を健全に保つよう、見守っています。

除草剤は一切使わず、ブドウの根が奥深くまで伸びるように丁寧に手入れをしています。

収穫は全て手摘みで行い、その後、空気圧式圧搾機で時間をかけてゆっくり果汁を搾ります。

その後、アペラシオンによって新樽の比率を変えながら、12~18ヶ月熟成します。

この熟成を経て、ワインはフレッシュ感と複雑性を備えた洗練されたワインとなります。

現在ではブルゴーニュ伝統の228リットル樽からドゥミ=ミュイと呼ばれる350~500リットルの樽の

割合を増やし、より緻密で純粋な果実味とテロワールの表現を志しています。

白は洗練の極致にあると感じます。
img_1017
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ブラインドテイスティングの難しさ

ソムリエの後輩は毎回「白、ブラインドでもらえますか」と注文してきます。
当たった試しがありません。┐( ̄ヘ ̄)┌はぁ~

が、しかし、ソムリエならばブラインドを当てて当たり前かというと、そんなことは全くもってないのでありますっ!!(後輩を庇う気は全くないのですが・・・)

日本で最も有名なソムリエ、田崎真也さん。
1995年の世界最優秀ソムリエコンクールで世界の頂点にも立った方です。
あの方ですら・・・

【田崎真也さんが優勝した1995年の世界最優秀ソムリエコンクールで出題されたお酒(ワイン3種、その他のお酒2種)】
①白ワイン シャルドネ(豪) 1991年 マウント・アダム
②赤ワイン シラー(仏) 1986年 コート・ロティ
③赤ワイン テンプラニーリョ(西) 1968年 リオハ・グラン・レゼルバ
④ラム(仏領グァドループ島) ヴュー・ラム
⑤野イチゴのリキュール(フィンランド) ラッカ

『優勝した田崎さんの答え』
①シャルドネ(豪) 1990年
②サンジョベーゼ(伊) 1992年 キャンティ・クラシコ
③テンプラニーリョ(西) 1982年 リオハ・グラン・レゼルバ
④ブランデー(西)
⑤リキュール(ボルトガル)
ワインは、品種と生産国を2つ当てましたが、その他のお酒は2つとも外しています

『準優勝のオリビエ・プシェさんの答え』
①セミヨンとソーヴィニヨン・ブランのブレンド(南半球) 1992年
②ネッビオーロ(伊) 1980年 バルバレスコ
③テンプラニーリョ(西) 1983年 リオハ・レゼルバ
④ラム(マルティニック島)
⑤梅酒
ワインは品種を1つしか当てられず、野イチゴのリキュールにいたっては、梅酒と答えています(開催地が東京なので、先入観もあったのでしょう)
ちなみにオリビエ・プシェさんは2000年度の世界最優秀ソムリエコンクールで優勝されています。

ブラインドテイスティングとはそれぐらい難しいことなのです。
なので外しても温かい目で見てあげましょう。(* ̄Oノ ̄*)

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

1978年からの歴史の浅いAOCで突出しているドメーヌ、コワイヨ

【2014 Marsannay Les Grasses Tetes – Coillot】
「マルサネに傑出したワインが存在する」とここ数年で突如として話題となった

ドメーヌ・コワイヨ。現当主は3代目のクリストフ・コワイヨ。

「完熟したブドウしか使わない」という信念の下、

ブドウが完熟する為の努力やリスクを惜しみません。

畑やパーセルごとに異なる完熟のタイミングを見極める為、ブドウの樹一本一本、

さらにはブドウの一房一房の成熟の状態を把握できるほど注意深く観察しています。

そんなこだわりようから周囲からは完全主義者と言われています。

リスクを恐れずどんなに悪い年でも完熟を待っての収穫は、

周りの生産者より数週間遅いことも珍しくありません。

コート・ド・ニュイ地区は、ジュヴレ・シャンベルタンやヴォーヌ・ロマネといった

有名な村名AOCや1級、特級畑が数多くあります。

その中でマルサネは有名な村ではありません。

有名な村の名前や格付けをウリにすることが出来ない分、

品質と価格のバランスで勝負することが命題となります。

また、「マルサネ」をワイン名として名乗れるようになったのが、

1978年からとまだ歴史の浅いAOCで、まだまだ発展途上で、品質向上も目覚しく、

ニュイ地区の村名AOCで一番のコストパフォーマンスとの呼び声も高いのがマルサネです。

実際、コワイヨのマルサネは有名な村名AOCに劣っている感じは全くなく、

AOCだけで判断してる人々は損をしているのではないでしょうか。

同じアペラシオンのワインと比べても明らかに突出していると感じます。
img_1016
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————