ビオロジー栽培の実現のため父から独立したドメーヌ、クリストフ・ブヴィエ

【2014 Marsannay Blanc Clos du Roy – Christophe Bouvier】

マルサネのブヴィエ家より、新世代による3番目の「ドメーヌ・ブヴィエ」が誕生しております。
2012年1月に他界されたルネ・ブヴィエ翁の2人の息子のうち、次男のベルナールは「ドメーヌ・ルネ・ブヴィエ」を継承して現在も当主です長男のレジスは「ドメーヌ・レジス・ブヴィエ」の当主で、1977年に生まれたその一子をクリストフといいます
クリストフは1998年からお父さんの下で働いていましたが、彼が切願した実質ビオロジー栽培への転換の許可が得られず、また、年齢的にお父さんの引退もまだまだ先であることから、2010年、それまでに継承していた一部の畑をもとに独立を決意。カーヴは叔父のベルナールが貸してくれ、ここに、「ドメーヌ・クリストフ・ブヴィエ」が誕生しました。
「化学肥料、除草剤、殺虫剤は一切使用しませんので、毎年毎年、根が深く伸びていきます。最深部まで根が張り巡らされた時、どんな悪天候にも負けない、真のビオロジー栽培環境を確立できると信じています」。
原則として、除梗をしません。「茎まで完熟した房以外は使用しませんし、除梗も含めて、極力ぶどうに負荷をかけない醸造を心がけています。もともと薫り高く、表情豊かな僕のぶどうたちが、そのまま美味しいワインになってくれるのを見守るだけです」(以上、クリストフ・ブヴィエ)。
気は優しくて力持ち。ラグビーを通じて、多くの生産者たちと交流があります。

《Marsannay Blanc Clos du Roy》
0.26ha。樹齢約10年。樽でアルコール発酵後、新樽率25%で14ヶ月間熟成。「クロ・デュ・ロワのとりわけ泥灰土に富む区域にシャルドネを植えており、たっぷりとしたミネラル感が特徴です」(クリストフ・ブヴィエ)。

品種:シャルドネ


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

七面鳥狩りに持参したことが名前の由来のバーボン、ワイルド・ターキー

【Wild Turkey Russell’s Reserve Single Barrel】

香り高く、味わい深く仕上げる秘けつ
それはより低いアルコール度数で蒸溜し、樽詰めすることだ。バーボン法が規定する蒸溜時のアルコール度数は80%以下だが、ワイルドターキーでは60~65%に抑えている。また同法によると樽詰め時はアルコール度数62.5%以下とされるが、ワイルドターキーでは54~55%にとどめるのが通例である。なぜなら、蒸溜するときのアルコール度数をあまり高くしすぎると、原料が持っている香り豊かなフレーバーが失われてしまうからである。たとえその分熟成によって原酒の分量が減ったとしても、変えることのできないワイルドターキーのバーボンづくりの真髄だ。

最低限の加水量で活かす、鮮烈な風味
樽詰めするときと製品になったときのアルコール度数の差は少ないほどいい。それだけボトリングするときの加水量を少なく抑えられるからだ。熟成段階では、気温が高くなると樽の中の原酒は膨張し、樽材に浸透していく。そして気温が下がると樽の繊維から染み出てくる。季節はもちろん昼夜の気温差も大きいケンタッキーでは、その繰り返しによって原酒に樽材からの影響をより多く与えられる。ワイルドターキーが大切にしている蒸溜時と樽詰め時の低いアルコール度数のおかげで加水量が減らせ、熟成時に形成された繊細で豊かな風味をのこすことができるのだ

1樽15ケース。高品質を守るこだわり。
ワイルドターキー蒸溜所では、代々受け継がれてきた独自のポリシーがあるその一つが、1樽から製造する製品を約15ケース程度にしている点だ。一般的な蒸溜所では、1樽につき約20ケース程度を製造することが多いとされている。蒸溜と樽詰めの段階でアルコール度数を低く抑えているワイルドターキーは、多くのケースをつくることではなく、素材が生みだす本来の味わいと風味を保つことをなにより優先している。製造にかかるコストが割高になるのは仕方がない。それよりもバーボンを愛するファン一人ひとりのグラスに届く味わいに妥協することを許さないのだ。それがワイルドターキー蒸溜所のこだわりであり、誇りにもなっている

《ワイルド・ターキーの由来》
蒸留所オーナーのトーマス・マッカーシーはアメリカ原産の鳥「七面鳥」のハンティングに出かける際、貯蔵庫から1本のバーボンを持参。バーボンは好評を得、七面鳥狩りにちなみ、狩り仲間の1人がワイルドターキーと呼び始める。マッカーシーはそのユニークなニックネームが気に入り、後にブランド名へとなる。

《JIMMY RUSSELL ジミー・ラッセル》
ワイルドターキー専属として60年以上の実績を持つ、在職歴世界最長の現役マスターディスティラー、ジミー・ラッセル。「バーボンの仏陀(ブッダ)」あるいは「マスターディスティラーの中のマスターディスティラー」など、バーボン業界からは尊敬の念が込められた異名で呼ばれることも多い。そのキャリアは床掃きにはじまり、蒸溜所の内側から外側まで知り尽くし、昔ながらのバーボンづくりを徹底的に学んでいくことで形成されたものだ。さらに2代目マスターディスティラー、ビル・ヒューズや3代目アーネスト・W・リッピーの薫陶を受けることで、さらに彼の技術は磨かれた。その教えを受け継ぎ、守りつづけることで、ケンタッキー・バーボンの殿堂入りを果たすとともに、ケンタッキー蒸溜酒業者協会の理事会で終身名誉会員の地位を与えられるこれは同組織の134年の歴史で他5人にしか与えられていない最高の名誉である

《EDDIE RUSSELL エディー・ラッセル》
ラッセル家3人兄弟の末っ子に生まれたエディー・ラッセル。ワイルドターキーでのキャリアスタートは決して華々しいものではなく、最初は交代要員として蒸溜所の一番下の職位に就いた。父ジミーと同じように、バーボン製造取引を学びながら、ワイルドターキーのつくり方を理解するのに必要な単純労働もこなし、その歴史も深く学んでいった。これまでにエディーが成し遂げてきた実績は、父と共同で製造したリザーブ10年、完璧なミキシングバーボンのワイルドターキー81の開発など多彩だ。そうした功績が認められ、ケンタッキー・バーボン殿堂入りを果たす。中でも2014年にジミーのワイルドターキー勤続60周年を記念してつくり上げたワイルドターキー・ダイヤモンドアニバーサリーは、極めて優れた限定抽出の13年・16年熟成ウイスキーである

《Russell’s Reserve Single Barrel》
ワイルドターキーのマスターディスティラー(蒸留所責任者)ジミー・ラッセル氏の息子、エディ・ラッセル氏が「バーボンは10年熟成した時がひとつのピークである」と10年物のリリースを父のジミーに提案して生まれました。ラベル名は、親子の姓をとって「ラッセルズ・リザーブ」。ジミー・ラッセル氏の技が生かされたワイルドターキーです。10年熟成のスモールバッチバーボン。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ルイ13世の時代からワインを造っていたドメーヌ、ジャン・フルニエ

【2013 Marsannay Cuvee Saint-Urbain – Jean Fournier】

『ブルゴーニュは新しい世代に入った。その中で最も 輝きを放ち才能ある生産者の 1 人』 ベタンヌは「ジャン・フルニエ」当主「ローラン」をこう評価した。フランス国外も含めて色々な醸造を経験した彼は 2003 年より改革に着手。 『僕のワイン造りは現代的でも伝統的でもない。父は伝統を重視していた。僕は伝統をベースに進化していきたい』
ルイ13世の時代からワインを造っていた「フルニエ家」所有するのは「クロ・デュ・ロワ」や「ロンジュロワ」 等優良畑。17haの内10ha以上の畑が樹齢40年以上の古樹。最高の条件が揃っている。
『マルサネのテロワールは複雑だから面白い。やっとマルサネに注目が集まってきた。シルヴァン・パタイエや僕等がマルサネを変えたんだ』
ディジョンに最も近い村だった為、農業を辞めディジョ ンで働く選択をする農家が多かった。 そして、ディジョンの店で提供する安ワインの供給地として質より量を求められたことでマルサネは長く質を落としていた。マルサネの新時代が始まる。

2004 年からビオロジックへの転換を進め、2008年には全ての区画で認証を取得最近の変化は「グイヨ」から「コルドン・ロワイヤル」へ の切り替え。時代と逆行するようだが彼独自の葡萄樹にストレスを与えずに収量を制限する手法。『皆、グイヨで摘芯を行うけど僕は摘芯によって葡萄樹が弱ると考えている。摘芯をしないで自然に樹勢を落として収量を制限したい』 「コルドン・ロワイヤル」で樹勢を抑え、摘芯を行わないことで成長期の葡萄樹のストレスを減らす。父の代では積極的に行っていた摘果(ヴァンダンジュ・ヴェール)でさえもほとんど行っていない。

畑の特徴に合わせて全房と除梗の比率を調整する。果梗を使うと僅かに空気が入り込みバクテリアの繁殖を抑える亜硫酸が必要になることが普通。
ビオロジックを導入したことで酵母が強く、発酵の炊き付けも早いので亜硫酸無添加で全房発酵が可能になった
ポンプを使って移し替えると果梗で果皮が傷付くのでグラヴィティシステムも導入した。発酵は主に木樽。使用する木樽は228Lの伝統的ブルゴーニュ樽ではなく、大きめの600Lの「ドゥミ・ミュイ」と「シガール」と呼ばれる350L樽。 『側板の厚さは40mm 以上が理想。600Lと350L樽はワインが樽と触れあう面積が最適』 「ローラン」の変化は止まらない。畑毎だけでは終わらず更に細分化して個性的なワインを醸す

《マルサネ・トロワ・テール・ヴィエイユ・ヴィーニュ》
「ピノ・ファン」の古樹のみで収量20hl/ha。全房。

《マルサネ・プティツト・グルモット》
ロンジュロワのミランダージュの葡萄だけ。

《マルサネ・クロ・デュ・ロワ・ピュール・ポ》
クロ・デュ・ロワの一部、石灰岩盤上の葡萄のみ

品種:ピノ・ノワール


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————