カリフォルニアで最も古い農園を持つワイナリー、エンシェント・ピークス

【2015 Ancient Peaks – Sauvignon Blanc】
エンシェント・ピークス・ワイナリーの運営はカール・ウィットストロム、ダッグ・フィリッポニ、

ロブ・ロッシの3人のオーナー、そして彼らの子供たちと共に行われています。

このワイナリーは、1999年にロブ・ロッシがサンタ・マルガリータの地に

大農園を取得したことから始まります。

彼の友人である、カール・ウィットストロムとダッグ・フィリッポニはその後すぐに

共同オーナとしてこのビジネスの運営に参画し、以後彼らが全て運営を取り仕切っています。

彼らが運営を始めた年に、カリフォルニアで人気を博しているワイナリー

「ロバート・モンダヴィ」ファミリーが彼らの大農園の一部を契約取得し

ブドウの樹を植えたことから、彼らのワイン造りの歴史はスタートしました。

2005年、ロバート・モンダヴィが植樹したマルガリータ・ヴィンヤードの

多大なる可能性に魅せられた3人のオーナーは、このヴィンヤードを買い取り、

ワインメーカーとなることを決意しました。

それ以降は、ワインコンサルタントを招聘してワイン造りを行っています。

現在は観光地でもあるこの農園の、最初のブドウの樹は、

1780年にスペイン国王の命よりジュニペロ・セラ神父指導の元、植えられました。

現在においても、サンタ・マルガリータはカリフォルニアにおける

最も古い農園の一つとして知られています。
img_0979
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ブラインドテイスティングの難しさ

ソムリエの後輩は毎回「白、ブラインドでもらえますか」と注文してきます。
当たった試しがありません。┐( ̄ヘ ̄)┌はぁ~

が、しかし、ソムリエならばブラインドを当てて当たり前かというと、そんなことは全くもってないのでありますっ!!(後輩を庇う気は全くないのですが・・・)

日本で最も有名なソムリエ、田崎真也さん。
1995年の世界最優秀ソムリエコンクールで世界の頂点にも立った方です。
あの方ですら・・・

【田崎真也さんが優勝した1995年の世界最優秀ソムリエコンクールで出題されたお酒(ワイン3種、その他のお酒2種)】
①白ワイン シャルドネ(豪) 1991年 マウント・アダム
②赤ワイン シラー(仏) 1986年 コート・ロティ
③赤ワイン テンプラニーリョ(西) 1968年 リオハ・グラン・レゼルバ
④ラム(仏領グァドループ島) ヴュー・ラム
⑤野イチゴのリキュール(フィンランド) ラッカ

『優勝した田崎さんの答え』
①シャルドネ(豪) 1990年
②サンジョベーゼ(伊) 1992年 キャンティ・クラシコ
③テンプラニーリョ(西) 1982年 リオハ・グラン・レゼルバ
④ブランデー(西)
⑤リキュール(ボルトガル)
ワインは、品種と生産国を2つ当てましたが、その他のお酒は2つとも外しています

『準優勝のオリビエ・プシェさんの答え』
①セミヨンとソーヴィニヨン・ブランのブレンド(南半球) 1992年
②ネッビオーロ(伊) 1980年 バルバレスコ
③テンプラニーリョ(西) 1983年 リオハ・レゼルバ
④ラム(マルティニック島)
⑤梅酒
ワインは品種を1つしか当てられず、野イチゴのリキュールにいたっては、梅酒と答えています(開催地が東京なので、先入観もあったのでしょう)
ちなみにオリビエ・プシェさんは2000年度の世界最優秀ソムリエコンクールで優勝されています。

ブラインドテイスティングとはそれぐらい難しいことなのです。
なので外しても温かい目で見てあげましょう。(* ̄Oノ ̄*)

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

小泉元総理が訪米をした際に提供されたシャルドネ、クロ・ペガス

【2014 Clos Pegase – Mitsuko’s Vineyard Chardonnay Carneros】
出版業界で成功を収めたオーナーが日本人の妻と始めたワイナリーです。

樽の強いフレーヴァーや高いアルコール、凝縮しすぎたフレーヴァーを避け、

フードフレンドリーで十分な果実味がありながらもエレガントな

「クロペガス・スタイル」のワイン造りを実践しています。

妻の名前を付けた「Mitsuko’s Vineyard」シリーズは

カーネロスのブドウの個性を上手に表現したエレガントなワインです。

冷涼なナパ・カーネロスに位置するミツコズ・ヴィンヤードは、

シャルドネやピノ・ノワールにとって理想的な環境である事が年月をかけて証明されています。

1989年に裸の土地を購入して以来、

その土地のポテンシャルを最大限発揮できるよう、植樹し手入れしてきました。

現在も行われている改良としては、どの土地にどのクローンが最適なのかを研究し、

ミツコズ・シャルドネのブレンドも毎年進化を遂げています。
img_1013
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
Bar Navi : http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————