“TOP DRESSER”として珍重されてきたモルト、ザ・グレンロセス

【The Glenrothes Vintage Reserve 12y】

ザ・グレンロセスは、卓越した品質により、数々のアワードを受賞しているスペイサイドのシングル・モルト・ウィスキーです。その蒸留所は、スペイサイドの中心部、ロセス川のほとりにあり、1879年からシングル・モルト・ウィスキーを製造してきました
スペイサイドは、独自のスタイルを持つ高品質なシングル・モルト・ウィスキーの中心地として世界的に知られており、澄んだ山の水がピートの上を流れるスペイサイドの涼しく湿った気候も、独特な味わいのモルトウィスキーをもたらす重要な要素となっています。
ザ・グレンロセスは、元々、モルト原酒として使用され、ブレンダー達から味わいとクオリティーの核となる “TOP DRESSER”と珍重されてきました
大きな銅製の蒸留器でじっくり時間をかけて蒸留後、上質なオーク樽で熟成するというプロセスには、伝統と経験に基づいた技術が駆使され、グレンロセスならではの、甘く、フルーティーでエレガントなスピリッツが生み出されています。
熟した果実味、柑橘系やヴァニラの香り、スパイシーなフィニッシュなどの複雑味が、滑らかなテクスチャーの中に絶妙なバランスで包みこまれており、そうした味わいの表現は、長年の独自の手法に裏打ちされています。
また、丸みを帯びたボトルは、古くから蒸留所で使われてきたサンプル・ボトルを象ったもので、ラベルには、テイスティング・ノート、蒸留年、瓶詰年の他、モルト・マスターのサインが記されており、確かな品質を保証しています

《Vintage Reserve 12y》
最低熟成年数「12年」以上のヴィンテージ(同一蒸留年)の原酒を「12種類」織り交ぜて造られた、ヴィンテージ・シリーズの最新作です。「ザ・グレンロセス」では、全生産量の僅か5%のみがシングルモルトとしてボトリングされます。「ザ・グレンロセス ヴィンテージ・リザーヴ 12」は、熟成感と飲み頃を見極めて選び抜いた原酒を使用しており、ヴィンテージ・シングルモルトの哲学を表現しています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————