イタリア最高の赤ワインに選ばれた「品質第一」にこだわる革新的な生産者、プロヴィンコ

《「品質第一」に拘るワインのプロ集団》
プロヴィンコは本拠地をトレンティーノ州に構え、1970年代に醸造家の協同組合としてスタートしました。「品質第一」を目標にイタリア各地の上質なブドウやワインを探し求め高品質のワインをプロデュースしてきました。現在はワインの専門家や販売のプロによって運営されており世界20か国以上に輸出されています。

《ルカ・マローニで満点を獲得したイタリア最高の赤ワイン!》
ワインの専門家や販売のプロによって運営されているプロヴィンコでは、世界のマーケットのニーズに対応すべくヴェネト州、トスカーナ州、シチリア州をはじめイタリアの主要なワイン産地でワイン造りを行っています。プロヴィンコの「品質第一」主義は各地でのワイン造りに生かされており、イタリアのワイン評価誌、「ルカ・マローニ」でプーリア州のワイン、「ロンコ・ディ・サッシ プリミティーヴォ アパッシメント 2015」が99点(満点)を獲得。イタリア最高の赤ワインとして高い注目を得ています。

(※ルカ・マローニ誌はワインを3つの視点、(一貫性/均整/完全調和性)に対して最大33点ずつの評価点があり、最高点は合計99点という独自の採点方法になります)

■ルカ・マローニ誌 2017訳文
一貫性:33均整:33 完全調和性:33
合計:99点(満点)

《非常に濃厚な果実味が堪能出来る1本》
カリフォルニアのジンファンデルと同じブドウ としても知られるプリミティーヴォは、プーリア州を代表するブドウ品種です。ブドウ畑の中で、どのブドウよりもいち早く熟成することから最初のブドウを意味する、『プリミティーヴォ』と名前が付けられたと言われています。「ロンコ・ディ・サッシ プリミティーヴォ アパッシメント」は、プリミティーヴォ100%で造られており非常に濃厚な果実味が感じられます。このワインにはアパッシメントと呼ばれる製法が使われており、熟したブドウをさらに樹上で干からびるほど過熟させ糖度・凝縮感を上げたブドウから造られています。プルーンのアロマ、タバコやスパイスの香りが漂う濃厚な赤ワインに仕上がっています。