2011 コルトン・シャルルマーニュ ボノー・デュ・マルトレイ

【2011  Corton Charlemagne – Bonneau du Martray】

ボノー・デュ・マルトレイは、所有する畑は全てグラン・クリュという稀有な造り手。こんなドメーヌは、他にはドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティしかありません。所有している11haの畑はコルトン・シャルルマーニュ9haとコルトン2haのみで、特にコルトン・シャルルマーニュはその抜きん出た品質の高さで知られています。

9haの畑を所有しているコルトン・シャルルマーニュの一部は、その名前の由来ともなったカール大帝が所有していた畑そのものです。775年に、カール大帝から教会に寄進される以前からワイン造りが行われており、カール大帝の美しい白髭が赤く染まることを嫌がったお妃が、すべて白ブドウに植え替えさせたことから白ワイン造りが始まったと言う逸話もあるほどです。

グラン・クリュにしては珍しい、西向きの区画の畑から造られるコルトン・シャルルマーニュは、ボノー・デュ・マルトレイの看板商品となっており、まさに類稀なテロワールと、オーナーであるモリニエール伯爵の知恵と情熱の結晶です。
ブドウの平均樹齢は約47年。収穫作業は全て人の手によって行われます。また、1株に6房以上にならないよう生産量をコントロールし、ヴィンテージに関係なく180樽以上は造らないという徹底主義を貫いています。2000年から有機農法、そして2004年からはビオディナミ農法をスタートし、2011年ヴィンテージからは100%ビオディナミを実践しています。

最高のテロワール、そしてそれだけではないたゆまぬ努力と愛情が史上最高ともいえるこのコルトン・シャルルマーニュを生み出すボノー・デュ・マルトレイ。フランスの著名なワインガイド、『ル・クラスマン』では、コント・ラフォン、ルフレーヴと並び、三つ星を獲得、「非の打ち所が無く順調な歩みを見せている模範的なドメーヌ」と評価されています。

>> ボノー・デュ・マルトレイについて

IMG_1070
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————