1996 クリュッグ ブリュット・ミレジメ

【1996 Krug – Brut Millesime】

メゾン クリュッグのヴィンテージは、その年の特徴を称える存在です。クリュッグ ヴィンテージは単一年のブドウだけで造られた最も表情豊かなワインをブレンドし、さらにセラーで10年以上熟成させることでその魅力を際立たせます。クリュッグ ヴィンテージはクリュッグが表現するその年の音楽にも例えられ、一つとして同じものはありません。
1996年はシャンパーニュ地方でも極めて特別な一年となりました。それゆえに、その年のシャンパーニュは20世紀最高のヴィンテージと讃えられ、伝説的な1928年とよく比較されます。
メゾン クリュッグでは、客観的に厳しく物事を捉えることで知られたポール・クリュッグ2世でさえ、クリュッグ 1996は「1928年の再来」になると言い残しています。
さらに、クリュッグ 1996はポール2世とアンリとレミの兄弟、そしてオリヴィエの3世代のクリュッグ一家が一緒にブレンドした最後のヴィンテージとなりました。

1996年は、さまざまな要素がクリュッグならではの卓越した技術力と共鳴し合って鮮烈なコントラストを生み出し、この特別なヴィンテージの味わいと香りを決定づけました。1996年は非常に気温差の激しい一年で、雨の多い冬に続いて、2月には広範囲で霜が降り、乾燥した春へと向かいます。夏は焼けるような暑さと激しい雨が交互に続きました。収穫が近づく頃には、日中は陽気で暖かく、夜は非常に寒くなりました。つまり、良質なブドウのための理想的な条件が整っていたのです。1996年は、シャンパーニュ地方の歴史に残る一年となりました。
クリュッグ 1996は、特別な一年を鮮やかに表現しています。
1996年に収穫されたブドウから生まれたワインは究極の新鮮さを備え、見事なまでのバランスと可能性を秘めていました。
最終的な構成は、ピノ・ノワール(48%)とシャルドネ(31%)、ムニエ(21%)となっています。
通常、クリュッグ ヴィンテージはセラーで10年間熟成させてから出荷されますが、メゾンではごくわずかな本数のボトルを残し、将来のために最適な条件で熟成を続けるシャンパーニュがあります。このようなクリュッグ ヴィンテージは、バックヴィンテージと呼ばれています。
ブレンドから20年もの間、セラーで熟成させることでバランスと繊細さが育まれ、クリュッグ 1996バックヴィンテージに芳醇さや香り、豊かな表情がもたらされました。

>>クリュッグについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————