2005 クロ・ド・ラ・ロッシュ アルマン・ルソー

【2005 Clos de la Roche – Armand Rousseau】

ルソーが唯一ジュヴレ・シャンベルタンの外にもつクリマがクロ・ド・ラ・ロッシュ。小区画クロ・ド・ラ・ロッシュとレ・フルミエールの2区画からなる。果実のアロマにミネラル香が折り重なり、タンニンのキメは細かく優雅。アフターにもミネラル感が強く残る。

《Clos de la Roche》  ブルゴーニュの地図へ
19世紀、1861年の地図には、小区画のクロ・ド・ラ・ロッシュ4.57haしかなかった。しかし1936年、特級畑が格付けされる時がくると、モシャン、フロワショ、フルミエール、シャピオ、そしてモン・リュイ・ザンの下部が含まれ、1971年にはジュナヴリエールとシャフォの一角が加えられ、現在の面積16.9ha、8つの小区画になった。後付けの小区画が特級畑にふさわしいか疑問の残る格付のため、ワインの品質にばらつきがある。
最大の所有者はポンソで、小区画のクロ・ド・ラ・ロッシュの大部分を所有する。
オスピス・ド・ボーヌでもクロ・ド・ラ・ロッシュを造っているが、2種類のキュヴェの名が冠される。それは畑がシロ・ショードロン家とジョルジュ・クリテール未亡人の寄進によるものだからである。

>> アルマン・ルソーについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————