ヴォーヌ・ロマネで最も力強い個性、ジェローム・シェゾー

【2014 Vosne Romanee – Jerome Chezeaux】

『ヴォーヌ・ロマネ』で最も力強い個性』
強い個性を持つジェローム・シェゾーのヴォーヌ・ロマネ。伝統的醸造法をベースに独自の進化を続ける。100%除梗だからこその完熟果実の美味しさ。父の仕事を受け継ぐ「ジェローム・シェゾー」はボーヌ醸造学校を卒業後、すぐに醸造家である父「ベルナール」の仕事を受け 継ぐこととなった。 『早い世代交代だったが、幼い頃から生活の中にワイン醸造も葡萄栽培もあったのだから僕にとっては普通のこと』
1993 年、「ジェローム・シェゾー」として自身のドメーヌを立ち上げた時「ジェローム」は若干17歳だった。 日本では考えられない。 父親のワイン造りをそのまま継承しながら、徐々に自分の造りたいワインに変化していく。幸運なことに畑はヴォーヌ・ロマネに位置し、高いポテンシャルを持っていた。 『栽培も醸造も理解している。足りないものがあるとしたらそれは経験だった。経験して更に自分のワインが解ってきた』 現在も父「ベルナール」の援助を受けながら共にワイン造りを行っている。
『ブルゴーニュのヴィニュロンにとって最も重要なのは各造り手毎の伝統。そして改革』

醸造所は典型的なブルゴーニュの小規模ドメーヌ。 機材は移し替え用のポンプ程度。昔ながらの醸造所は近代化から取り残されている。
所有畑は11.3ha。醸造所の規模を考えれば広いが一部の葡萄しかドメーヌ・ワインには使われない。 『収穫した葡萄の40%はワインにせずにネゴシアンに販売してしまう。厳選した葡萄のみで自分のワインを造れるのが強み』 畑は主に「ニュイ・サン・ジョルジュ」と「ヴォーヌ・ロマネ」に所有。「ニュイ・サン・ジョルジュ」には約4haのヴィラージュ畑と1級畑「レ・ブード」や「ヴォークラン」など秀逸な1級畑を所有している。 『ヴォーヌ・ロマネのマルコンソールに隣接するレ・ブードはニュイ・サン・ジョルジュでも柔らかくおおらかなワイン。そしてヴォークランは最も男性的でパワフルなワインに仕上がる。対照的な畑』 「ヴォーヌ・ロマネ」ではヴィラージュ畑の他に1級畑でも別格の「レ・ショーム」も所有。 『レ・ショームはマルコンソールとクロ・デ・レアに挟まれた畑で少し冷涼な粘土石灰土壌。エレガントな酒質で長期熟成に向く』

年間約40,000本を造っているが、これは収穫される葡萄の60%程度。収穫された葡萄からの中から厳選した葡萄のみをドメーヌ・ワインに使用する事で、常に高い品質を維持している。
収穫された葡萄は100%除梗。厳しい選果を行い低温浸漬を経て発酵に入る。酵母は自然酵母のみ。 発酵期間は年に夜が約2週間。ルモンタージュではなく、ピジャージュを採用していて基本的には1日1回だが果皮の状態によって変えている。バリックで最低24ヶ月熟成。1/3は新樽 を使用。 「ジェローム・シェゾー」のワインは「ヴォーヌ・ロマネ」らしい太陽を感じさせるおおらかな果実味が特徴的。 甘みがのって気難しさがない。 若いうちから親しみやすく、2~3年の熟成で果実以外の美味しさが出てくる。典型的な「ヴォーヌ・ロマ ネ」ではない、「ジェローム・シェゾー」のワイン。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————