ムルソー1級の御三家を全てを所有する歴史ある生産者、フィリップ・ブズロー

【2015 Meursault Les Grands Charrons – Philippe Bouzereau】

フィリップ・ブズローはムルソーで9世代に渡って受け継がれてきた家族経営のドメーヌ。 畑や醸造設備と共に村の中央にあるシャトー・ド・シトーも受け継いで来ました。 この城は1098年からシトー派の修道士によってここでワインが造られて以来、 現在までその建物は守られています。1792年に国営化されたこの城をブズロー家が1995年に譲り受け、 現在も所有し、広大な庭園の一部も畑に転換しています。現当主フィリップ・ブズロー(先代の父も同名)は2006年にドメーヌを受け継ぎました。 拠点を構える、ムルソーを中心に、北はアロース・コルトンから南はサントネーまで16.5haの畑を所有し、 全20種(平均年産8万本)のワインを生産しています。 畑はムルソー1級の御三家とも言えるペリエール、ジュヌヴリエール、シャルム全てを所有し、ピュリニーの1級シャンガン等も所有。

所有するシャトー・ド・シトーのクロ内にあるモノポール(単独所有畑)ヴュー・クロ・デュ・シャトー・ド・シトー(ヴュー・クロは古い区画の意。 クロ・ヴージョと同時期の1100年頃が起源。 現在、シャトーはホテルとして利用され、その隣の区画)や村名の優良畑レ・グラン・シャロンや上質なクレマン等があります。 厳格な減農薬で栽培され化学肥料や除草剤、殺虫剤などは一切使用していません。 区画毎に異なる個性を純粋に表現することを心がけ、古き良き昔ながらの自然で生態系や人に影響を与えない持続可能な栽培を実践しています。 これは著名な仏作家サンテグジュペリの『この地は先祖から受け継いでいるのではない、未来の子供達から借りたものだ。』 という言葉を大切にしているからです。また新樽の多用は畑の個性を消してしまうと考えており、畑の個性を活かす為、新樽比率を抑えています。 そのおかげで純粋な畑のテロワールを素直に感じる事が出来ます。生産の6割はフランス国内で消費され、 シャトー訪問客に試飲と説明を交えながら販売する事もとても大事にしています。

《Meursault Les Grands Charrons》
1000年近い歴史を持つ歴史的遺産ゆかりのムルソー1098年からシトー派の修道士によってワイン造りが始まったと伝えられるシャトー・ド・シトーのクロ(石垣)内にある単独所有区画です。ドメーヌの看板とも言える代表作です。

品種:シャルドネ


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————