オークセイ・デュレス村に長く続くヴィニュロンの家系、アラン・エ・ヴァンサン・クルーズフォン

オークセイ・デュレス村に長く続くヴィニュロンの家系で、戦後1949年に、ジェラール・クルーズフォンが畑を再興してドメーヌを設立しました。1970年より、2代目アランが自社ビン詰めを開始。そのワインの美味しさは口コミで評判となり、フランス国内や近隣諸国を中心に、多数のファンを獲得してきました。2001年より息子のヴァンサンが参画し、2015年、3代目として正式にドメーヌを継承しました。
地元オークセイ・デュレス、ムルソー、モンテリー、ヴィルネイ、ポマール、ボーヌなどに合計12ヘクタールの畑を所有し、その全面積で厳格なリュット・レゾネ栽培を実践しています。
「2001年にドメーヌで働き始めるにあたって、今日から畑が自宅だと思いなさい、と父に言われました。趣味も持たず畑仕事に人生を捧げ、“良いワインは良いぶどうから“を背中で示した父を尊敬しています。畑にいる父は、いつも笑顔で楽しそうでした。父の笑顔と畑。これが僕の心の原風景になっています」(ヴァンサン)。
畑の申し子としての彼の魂は、最近リニューアルされたドメーヌのホームページの中でも輝いています。手書きによる、ブルゴーニュのアペラシオンと斜面、土壌の関係の説明。畑仕事ひとつひとつの写真。すべてが必要にして十分な内容にまとめられていることも、彼の知性と良心を表していると思います。
お父さんとそっくりの、グローブのように分厚く大きな手。彼の思いはぶどう達にこそ伝わり、そして、その純麗な果実の味わい、土壌からたっぷりと吸い上げられたミネラルの旨味などを通じて、飲み手の心にも、確かに伝わってきます。