甲州に特化し、甲州のテロワールを追究する、勝沼醸造

《1937年創業、甲州種ワインに特化し、世界を見据える老舗ワイナリー》
1937年創業以来、勝沼のワイン産業振興に尽力してきた勝沼醸造。
1990年頃から高品質なワイン造りに注力し始め、2003年にはフランスのワインコンクール、「ヴィナリーインターナショナル」で銀賞を受賞するなど、評価を高めてきた実力派ワイナリー。
現在では日本古来のワイン用ブドウ品種である「甲州」に特化し、勝沼のテロワールを追及する造り手として日本国内のみならず世界的にも高い注目を集めています。

《「土地」が、そして「人」が写るワインを造りたい》
勝沼醸造株式会社・代表取締役を務める有賀雄二氏。
幼少のころより、ワイン造りに親しんで育った有賀氏は、東京農業大学農学部醸造学科を卒業するとすぐに勝沼醸造に入社します。
その後、日本古来のワイン用ブドウ品種である甲州に特化することを決め、「土地」・「人」が写るワイン造りを実践。
日経ビジネスが選ぶ、「次代を創る100人」に選出されるなど、その功績は高い注目を集めています。

《フランス・ブルゴーニュ地方での経験を甲州に注ぐ若き実力派醸造家、有賀 裕剛(ヒロタカ)氏》
2007年に勝沼醸造入社、その後単身渡仏しブルゴーニュの地にて3年間研鑽を積みます。2012年に日本に戻り勝沼醸造の醸造家に赴任、ワインの品質向上に大きく貢献。
ブドウ本来の味わいをワインに表現するため「余計なことはしたくない」と静かに語る裕剛氏、ブルゴーニュで得た感性を甲州に注ぎこむ若き醸造家です。

《市場を知り、甲州を知り、勝沼醸造を熟知したベテラン醸造家、築城 久幸氏》
東京農業大学醸造学科で学んだ後、飲料メーカーの営業職を経て1996年勝沼醸造に入社。
営業時に培った市場性と長年に渡り勝沼醸造のワイン造りを担ってきた経験を併せ持つ勝沼醸造を支える醸造家です。

《甲州の産地、山梨県・勝沼町》
甲州市勝沼町は山梨県においてはほぼ中央、甲府盆地においては東部に位置し、内陸で盆地特有の気候に恵まれた日照時間が長い土地。勝沼町東部から南部にかけて天目・笹子・御坂といった山脈が連なり、西北部には日川をはじめとした複数の河川によって形成された扇状地が複合して存在しています。
このように複合して存在している扇状地が、勝沼に複雑なテロワールをもたらしていると考えられます。
土壌は火山からの灰や花崗閃緑岩、河川の堆積岩から形成されており、水はけが良く深い根を張るための通気性が良いなど、土壌条件としてもブドウ栽培に適した産地といえます。また湿気が多い日本としては降水量が少なく、昼と夜の気温の落差も大きいためブドウ産地として適しています。

《甲州種の搾り方にこだわる》
白ワインを造る際、一般的には搾汁時に圧力をかけずに流れ出てくる「フリーランジュース」が上質で種や皮からの渋み・苦みも出なくて良いと言われています。しかし勝沼醸造では甲州種についてはそうは考えていません。ブドウの実が大きく水分が多い甲州種は搾汁率が低いと逆に果汁が水っぽくなってしまいます。さらに、皮と実の間の部分にうまみが詰まっているので、ある程度しっかり搾った方がそのうまみを取り出せる、と考えています。また、しっかり搾った際に出てくる苦みについても、甲州種はもともと苦み成分を多く持つ品種であるため、その特徴を除いてしまうよりも苦みを生かしてワインを造ることが甲州の本来の姿を表現することに繋がると語ります。
搾る際はブドウをとても丁寧にゆっくりと時間をかけて搾ります。搾りたての果汁をすくってみると驚くほどクリアで透き通っているのがその証拠。ストレスのかかっていない綺麗な果汁からワインを産みだしています。

2018 勝沼醸造 甲州・テロワール・セレクション・祝

【2018 Katsunuma Jozo – Koshu Terroir Selection IWAI】

火山灰質土壌。甲府盆地の扇状地が広がっていく部分の東側に位置する下岩崎・上岩崎・藤井に広がるのが「祝」地区。主に上岩崎を中心とした区画でブドウが造られています。標高は400m前後。黄色がかった富士山の火山灰、そして栄養分に貧しい土で形成されています。6人の農家で栽培されています。シュール・リー製法で仕上げ。

醗酵:ステンレスタンク
熟成:ステンレスタンク 9カ月
甲州 100%

>> 勝沼醸造について


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ウエストランド・アメリカン・オーク

【Westland American Oak】

ウエストランド蒸留所は、雨の多い街として知られ、スコットランドと同じくピート(泥炭)も取れるなど、ウイスキー作りには非常に適した気候と風土を持つアメリカ西海岸シアトルにある新しい蒸留所。シアトルで取れる大麦と丹念に雑味成分を取り除く蒸留方法、天然乾燥で乾燥した木材を使用した樽によって若いながら熟成感がある味わいに仕上がっている。シアトルは、様々なビールが造られる土地としてアメリカでも有名で、ビール造りに欠かせない多様な品種の大麦を栽培している。蒸留責任者マット・ホフマンは、その中から自らのウイスキー造りに最適な大麦を選び抜き、英国産2種も取り入れ、最終的には5種類の大麦をブレンドして造り出している。また、スコッチウイスキーの概念に囚われることなく、通常はビールに使われるローストした麦芽を使用し、蒸留時間もスコッチウイスキーでは考えられないほど長く丁寧な蒸留を行っている。スコットランドの伝統的なウイスキー造りへの敬意を抱きつつ、あくまでも自分達のオリジナルを追及する「ウエストランド」。徹底的に国産にこだわりながらも、ロースト麦芽やベルギー産の酵母を使用するといった革新的な取り組みも進められ、「Icons of Whisky 2016」において「クラフトプロデューサー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

イタリア出身の醸造家が手掛けるハイパーコスパな「ナパ」ワイン、フィオール・ディ・ソル

《力強く華やかなグレートバリュー「ナパ」》
フィオール・ディ・ソル社はカリフォルニアの地で35年以上にも及びワイン造りを行い、数多くの人気ブランドを世に送りだしてきました。「フォー・スター」ブランドはその一つ。オーナーでもある二人のイタリア出身の醸造家が、彼らのルーツである旧世界の伝統とその技術をナパ・ヴァレーで開花させ、ワイン醸造に取り込み発展させたワインブランドです。ナパ・ヴァレーで生まれるパワー溢れるブドウに華やかさを与え、品種の特性とテロワールを見事に反映させた「フォー・スター」シリーズは重過ぎることなく、バランス感の優れた味わいが大きな特徴です。

《フレキシビリティ(順応力)という考え方》
フィオール・ディ・ソルの醸造所では、異なる地区から異なる品種のブドウが収穫され運び込まれます。それぞれの土地の特性や品種の個性を最大限に引き出せるように醸造施設は機能的にデザインされ、その規模が大きい点からも、ワインのスタイルに合わせた様々な醸造方法が行える環境が揃っています。

フレキシビリティ(順応力)という考え方はワイナリーの指針でもあり、ワインの品質やそのスタイルにヴィンテージを超えて持続性を持たせながら、醸造技術はもとより、ラベルデザインや、更には流通面等とあらゆる側面において、革新的にワイン造りとそれを取り巻く環境を発展させ成長を続けています。

《持続可能な未来を担う農業》
ワイナリーでは環境に配慮したワイン造りを行っています。
その中には産業排水の削減や減農法栽培、梱包材や印刷コストの削減など、環境に配慮したブドウ栽培、醸造を行い、持続可能なワイン造りをポリシーにワイン造りを続けています。

使用するブドウはナパ・ヴァレーの中でもヴィーダー山やアトラス山脈、および主にラザフォードとその周辺地域の谷底のブドウ畑から収穫されます。谷で栽培されるブドウは柔らかいタンニンを持ち、中でもラザフォード地区はミネラル分が豊富な土壌「ラザフォード・ダスト」で知られている銘醸地です。この地のブドウは風味豊で丸みを帯びた、且つ粉のようなタンニンを持つワインを生み出してくれます。また、山側で育つブドウはその日照量の多さと、温暖な気候、更には水捌けが良い火山性土壌というテロワールで育つことから、シャープな酸と強い果実味を持ち合わせたワインを生み出します。

《★★★★フォースターに込められた思い》
ブランド名、「フォースター」は占星術の4つの星「ロイヤルスター」にちなんで名付けられました。この4つの星は夜空で輝く最も明るい星として知られており、各々の星は春夏秋冬のいずれかの季節に影響を与えます。

古代ペルシャではこれら4星が太陽の進路を示し、未来を予測すると信じられていました。私たちのワイン造りもまた、この4星に季節の流れを通して見守られているのです。

ワイン造りの1年のサイクルはブドウ畑から始まります。果樹を栽培し成長を見守り、収穫を行います。そして、秋にはワインの仕込みが行われ、熟成を経てワインが完成します。これら4星はこの一連の作業の道標となり、星たちは4ツ星ワインを造り出すよう、日々私たちを見守り刺激する夜空の守護者となっています。

2017 フィオール・ディ・ソル フォー・スター・ナパ・ヴァレー・ カベルネ・ソーヴィニヨン

【2017 Fior di Sole – Four Star Napa Vally Cabernet Sauvignon】

醗酵:ステンレスタンク MLF有
熟成:アメリカンオーク樽とフレンチオーク樽で8ヶ月
カベルネ・ソーヴィニヨン 100%

>> フィオール・ディ・ソルについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

バロッサ、伝統の継承者フィル・レーマン氏渾身のブランド、セント・ジョンズ・ロード

《バロッサの伝統を伝える注目の作り手》
父は豪州で一大ブランドを築いたピーター・レーマン氏。
伝統と才能を受け継いだ若き天才醸造家が、バロッサの多彩なテロワールを表現した魂のワインを生み出した。

豊かなフレーバーとエレガンスを兼ね備えたバロッサの神髄を表現するようなワインを目指し、2001年にマーティ&ヴィヴィアン・ローリンソン夫妻によって設立。醸造家には2013年よりナパや南ア、フランスで修行し、地元でヤルンバやピーター・レーマンで10年修行をした鬼才フィル・レーマン氏を起用。オーストラリアが世界に誇るワイン産地バロッサの多彩なテロワールを知り尽くした醸造家が高い評価のワインをうみだしています。

《偉大な血統を引き継ぐ若き醸造家》
オーストラリアを代表するワインメーカーの一人であるピーター・レーマン氏の末っ子として生まれたフィル・レーマン氏。あえてワイン業界ではない道に進み、アデレード大学でエンジニアの優等学位を取得。その間、両親の所有するピーター・レーマン・ワインズで何度かの収穫作業の手伝いを行っていました。そして、これらの経験を通し、ワイン造りへのパッションは高まり、生まれた時からいつも見てきたワイン造りの道に乗り出すことになります。

まず、ナパやステレンボッシュ、ブルゴーニュで2年間就業にでました。そして経験を積むことで、徐々にワインが単なる飲み物や仕事としてではなく、豊かな人生を紡ぐタペストリーの一部だと考えるようになりました。その土地の季節や文化、人々の想い、歴史を彩り、最終的には人生を豊かにするものだと。
オーストラリアに戻った彼は、ワイン醸造に関する一通りの勉強を終え、アデレード大学でワイン醸造学の学位を取得します。
その後10年にわたってオーストラリアのヤルンバ、そしてピーター・レーマン・ワインズやトイスナー・ワインズでワインメーカーとしてキャリアを積んできました。
そして満を持して2013年、セント・ジョンズ・ロードのシニア・ワインメーカーとして参加し、バロッサの類まれなるテロワールに向き合いワイン造りを行っています。

セント・ジョンズ・ロードのエステート畑(Resurrection Vineyard)はバロッサのサブ・ディストリクトである銘醸地エベンザールにあります。この地はフィル・レーマンが魂のこもった力強い赤ワインをうみだすと長らく信じてきた場所です。20haの畑にはシラーズが約90%栽培され、その他にグルナッシュの古木や、最近ではサンジョヴェーゼ、ネッビオーロ、バルベーラなどが植えられてきました。

土壌は砂質と石灰の混ざった粘土ローム質から成ります。この畑のユニークさはその卓越した多様性です。樹齢、土壌の深さ、畑の向きなどの様々な特異性はフィル・レーマンを魅了しました。畑の最も高い標高は324mで、土壌は浅くて石が多く転がっています。低収量に抑えられた区画からは力強い果実味がワインに与えられます。他にもワイナリーが所有する最古のシラーズの古木が植えられている区画には、粘土質の土壌が深く根を張ります。これらの古木は大恐慌直前の1930年代に植樹されました。フィル・レーマンはこれらの古木を「敬うべき年長者」として大切に保存してきました。

また、この南西に面した丘陵地帯に広がる区画は理想的な日照量を享受し、これらは霜害からブドウ樹を守り、果実の成熟を促進させます。これらの様々な要素が重なり、バロッサの中でも類まれなテロワールが形作られるのです。エベンザールの畑以外にも、フィル・レーマンと栽培責任者のウォーリック・マレーは、代々バロッサの畑を受け継いできた近隣の栽培農家と共に、丁寧に畑の管理に取り組んできました。そしてバロッサ内の異なる土地に育まれたミクロクリマはワインに複雑味を与え、土地の多様性を表現しています。

《ラベルに写真が使われるピクチャー・シリーズ》
このピクチャー・シリーズは、バロッサの多様性を表現したシリーズです。

バロッサ内の複数のサブ・リージョンに畑をもつ、長年ブドウ栽培に携わってきた農家からブドウを調達しています。エレガントで骨格の引き締まったエデン・ヴァレーや、力強い果実味をもつエベンザールやストーンウェルなど、バロッサは非常に多彩な土地で、それぞれのワインがその特徴を表現しています。

各ワインボトルを彩るラベルの写真は、バロッサの歴史的な遺産を象徴するだけでなく、それぞれのワインの個性を映し出すものでもあります。

2017 セント・ジョンズ・ロード ブラッド・アンド・カーリッジ・シラーズ

【2017 St John’s Road – Blood & Courage Shiraz】

オーストラリア固有の人気スポーツ通称「フッティ」。オーストラリアのフットボールチームのように、このシラーズは力強いボディをもつ赤ワインです。

醗酵:フレンチ・オーク
熟成:フレンチ・オーク 10カ月(新樽10%、300L)
シラーズ 100%

>> セント・ジョンズ・ロードについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————