2003 タルラン ラ・マティナル・ブリュット・ナチュール

【2003 Tarlant – La Matinale Brut Nature】

記録的な猛暑となった2003年のヴィンテージ・シャンパーニュ。ぶどうの温度上昇を防ぐ為に早朝6時から収穫を行った事からその年の特徴を表す「マティナル=朝」と名付けられている。
リッチでエキゾチックな果実味があり、約10年の瓶熟成により深みを増している。
ドザージュなし。ピノ・ノワール45%、シャルドネ28%、ピノ・ムニエ27%

>> タルランについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
VORT麻布十番Ⅳ 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

誉れ高きオスピス・ド・ボーヌ「コルトン・キュヴェ・ドクトール・ペスト」の責任者、ミッシェル・ヴォアリック

ミッシェル・ヴォアリックが、本格的な醸造家であるのは疑うべくもない。醸造所はアロス・コルトンの静かで素敵なオテル・クラリオンのすぐ隣に位置するが、ブルゴーニュでも最も湿度が高く冷涼である。ワインは非常に伝統的な醸造法による。除梗ははせず、新樽は用いず(ヴォアリックは新樽の使用には真向から反対)、濾過もしない。赤は熟成速度が極めて遅く、アロース・コルトンで造られるワインの中でもっとも骨格がしっかりしていて、通常飲み頃までたっぷり5~7年は必要。さらに10~15年またはそれ以上の保存が可能。

このドメーヌは12.7haの畑を所有するが、高品質の鍵は1ha当たり25~35ヘクトリットルに収量を抑える。ロマネ・サン・ヴィヴァン0.5ha(※)を含む、いくつかの出色の畑を所有する。ロマネ・サン・ヴィヴァンは本来このドメーヌ最高のワインを生むべき畑であるが、実際にはコルトン・クロ・デュ・ロワ(古木からなる0.5ha)、コルトン・レ・ブレッサンド(安定して豪壮かつ肉付きの良い、深みのあるワインを生み出す。0.4ha)コルトン・レ・ランゲット(熟成してピークに達するまでに10年かかることも多い。1.4ha)らにトップの座を譲る。

それに加えヴォアリックには極少量ながら、並外れたコルトン・シャルルマーニュも生産。ただし店頭ではお目にかからなくて、それもそのはず、ほとんどが特定個人顧客に直行する。その他、良質のペルナン・ヴェルジュレスとアロス・コルトンもある。

初代ピエール・ヴォアリックがオスピス・ド・ボーヌの誉れ高き 「コルトン・キュヴェ・ドクトール・ペスト」 の責任者となり、この報酬でアロース・コルトンに区画を購入して移住。 ピエールの息子ミシェルが1946年にドメーヌとオスピスの職を引き継ぎ、コルトン・クロ・デュ・ロワなどを所得してドメーヌを拡大。ミシェルの息子ジャン・マルクが現在ドメーヌを取り仕切っています。
(※現在ロマネ・サン・ヴィヴァンの畑は所有していない)

1999 コルトン・クロ・デュ・ロワ ミッシェル・ヴォアリック

【1999 Corton Clos Du Roi – Michel Voarick】

RenardesとPerriêresの間に位置する最も栄光に輝くグランクリュ畑です。非常に力強く、味わいも深く、同時に官能的で骨格もしっかりとしています。
石灰質土壌、生産量僅か1,200本。

>> ミッシェル・ヴォアリックについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
VORT麻布十番Ⅳ 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2013 ヴィルマール 1級・リリー・ラ・モンターニュ・グラン・セリエ・ドール

【2013 Vilmart & Cie – 1er Cru Rilly La Montagne Grand Celier d’Or】

シャルドネ80%、ピノ・ノワール20%。バリック(225l)で10ヶ月間熟成。48〜60ヶ月の瓶熟の後にリリースされる。ドサージュは8〜12g。MLFなし。

>> ヴィルマールについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
VORT麻布十番Ⅳ 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

品格と優雅さを備えたシャンボール・ミュジニー屈指の女性醸造家、ジスレーヌ・バルト

このドメーヌは、現当主ジスレイヌ・バルト女史の祖父にあたるマルセル・ノエラ氏が、1925年に設立。 1950年にノエラ氏の娘、マドレーヌ・エレーナ女史(ジスレイヌ女史の母)とガストン・バルト氏(同父)が結婚して、ドメーヌはより発展します。ジスレイヌ女史は、ディジョン大学でツーリズムを勉強し、1980年に親許に戻りました。そしてボーヌの農業学校で栽培・醸造を学んだ後、1986年から父ガストン氏の許でワイン造りを始めました。1999年からは完全に自身一人で栽培・醸造を行っています。

畑は、6.5ha。完熟した葡萄は収量を抑えて厳選して収穫され、これ以上ないと思われる程、整理整頓され清潔な醸造所・セラーでゆっくり丁寧に醗酵されます。樽熟は、新樽20~35%で、樽熟後すぐに澱引きをして大きな澱を取り除き、再度澱を戻して16~20ヶ月間熟成させます。最適な濃縮感、しっかりした骨格、パーフェクトなバランスのボディのあるワイン。フランス各地の3つ星レストランで取り扱われているシャンボール村屈指のドメーヌです。

2003 シャンボール・ミュジニー・1級・レ・ボード ジスレーヌ・バルト

【2003 Chambolle Musigny 1er Cru Baudes – Ghislaine Barthod】

クリュの真ん中西側。”Bonne Mares”に隣接。樹齢50年。新樽30%。
1級畑レ・ボードにバルト女史が抱くイメージは、「牡丹の花」。

>> ジスレーヌ・バルトについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
VORT麻布十番Ⅳ 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2007 ベレッシュ・エ・フィス クリュ・セレクショネ・コート・グラン・クリュ

【2007 Bereche et Fils – Crus Selectionnes Cote Grand Cru (Cramant) 】

特級メニル・シュール・オジェ村産シャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。

>> ベレッシュについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
VORT麻布十番Ⅳ 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————