2005 ボーヌ・1級・クロ・デュ・ロワ トロ・ボー

【2005 Beaune 1er Cru Clos du Roi – Tollot Beaut】

クロ・デュ・ロワはかつてフランス国王が所有していたとされる1級畑。王のワインのわりにエレガント系。最もサヴィニー寄りに位置し、香り高く、タンニンのキメは細かく、スムースな飲み心地のワイン。

>> トロ・ボーについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ジャック・セロスによる革新的なシャンパーニュ造りに影響を受け、注目を集める新星RM、ミニエール

1919年、アルフレッド・ミニエールがシャンパーニュ地方最北端のエルモンヴィル村に設立。4代目となるフレデリックとロドルフ兄弟が継承するまでは、ネゴシアンにワインを売却していました。
フレデリック・ミニエールはアヴィズの醸造学校で学んだ後、ジャック・セロスで修行。セロスによる革新的なシャンパーニュ造りに影響を受け、弟のロドルフと共にドメーヌ元詰めを決断。約10年に及ぶ努力の末、2015年に初めて自身のシャンパーニュを世に送り出しました。
デビューから間もない小規模の造り手でありながら、すでにニューヨーク最高の三ツ星”イレヴン・マディソン・パーク”やカルトワインの帝王ハーラン・エステートのオーナーが所有するナパの三ツ星レストラン”メドウッド”など最高峰グランメゾンで一流シャンパーニュと肩を並べてオンリストされています。

《芸術的シャンパーニュを生み出す栽培&醸造工程》
ドメーヌの栽培面積は8ha。サスティナブル農法を採用し、大部分の畑が理想的に日照を受けるエルモンヴィルの丘陵に位置しています。
1960年代~1970年代初めに植樹された古樹が主体。ピノ・ノワール、シャルドネ、ムニエ全てにおいて接ぎ木をしていないヴィエイユ・ヴィーニュがあります。その僅かな収穫ブドウは、将来リリースする傑出したキュヴェに使用する予定です。
セロスと同様、樽発酵と樽熟成による醸造、マロラクティック発酵は行いません。樽内でアルコール発酵が終了後、引き続きシュール・リー状態で定期的にバトナージュを実施。8ヶ月間、樽での熟成を経て瓶内二次発酵へと移行します。
ノン・ヴィンテージでも最低5~6年、ミレジメに至っては最低10年以上の長きに亘る瓶内熟成をしています。 飲み頃を迎えてからのリリースを徹底。 贅沢なまでに熟成に時間をかけて、ワインの魅力を最大限に引き出した芸術的な作品を消費者に届けています。

NV ミニエール アンフリュアンス・ブリュット

【NV Miniere – Influence Brut】

初めて世に送り出したドメーヌを象徴するキュヴェが”Influence (アンフリュアンス)”。アンフリュアンスとはフランス語で「影響」。ジャック・セロスから受けた大きな「影響」を名前に込めたドメーヌの看板キュヴェは30%を新樽、残り70%を5年以上使用した古樽で醸造。澱と共に7年も寝かせる事で、重厚さとまろやかさが絶妙に表現しています。
リザーヴワインの⽐率は18%、ドザージュは5g/L。
ピノ・ムニエ 40%、ピノ・ノワール 33%、シャルドネ 27%

>> ミニエールについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

伝統と樽を重宝する名家、アルフレッド・グラシアン

≪歴史≫
1864年、アルフレッド・グラシアン氏は23歳の時にエペルネにこのメゾンを設立しました。同年、この偉大なる企業家は、ロワール地方のソーミュールにもスパークリング・ワインの醸造所を設立しました。10年後、アルフレッド・グラシアン氏は、アルベール・ジャン・メイエ氏という新しいビジネス・パートナーを見出し、“グラシアン・エ・メイエ”に社名を変更しました。その後、アルベール・ジャン・メイエ氏の子孫たちは、創業者であるアルフレッド・グラシアン氏のワイン造りに対する哲学を引き継ぎ、この2つの地域の醸造所を発展させました。アルフレッド・グラシアンのセラー・マスターは、1905年以来ジェジェ家が行っています。1905年にガストン・ジェジェ氏が就任した後、1950年に息子のシャルル氏に受け継がれ、1966年、その息子のジャン・ピエール氏が3代目に就任し、2007年に退任するまでその職務を遂行しました。4代目となるニコラ氏は、1990年に父であるジャン・ピエール氏の下で、ワイン造りを開始し、2007年にセラー・マスターに就任しました。アルフレッド・グラシアンの技術と伝統は、ジェジェ家により1905年から今日に至るまで100年以上、厳格に、かつ正確に伝えられています。

≪栽培≫
所有畑 : 2ha Bouzy, Ambonnay, Le Mesnil sur Oger, Monthelon, Mardeuil, Grauves, Damery
上記以外に、長期契約栽培を約65のぶどう栽培農家(約55ha)と結んでいます。
テロワールはぶどうの品質に多大な影響を与えます。最高級のぶどうが取れる「特級格付けの畑」、それに次ぐ「一級格付けの畑」、どのシャンパーニュ・メゾンにとっても奪い合いになる程、希少なもので、その面積はシャンパーニュ地方全体の25%しかありません。アルフレッド・グラシアンは、購入しているぶどうのうち62%を特級畑・一級畑から手に入れています。また、それと同じくシャンパーニュ造りに重要なことは、優良なぶどう栽培農家との関係を強化することにより、最高品質のぶどうを確保することです。出来上がったワインを栽培農家とともに試飲して品質のチェックを行い、また2年に一度、全栽培農家夫妻を招いて研修・意見交換会を行うなど、品質向上には余念がありません。そして、最高の畑からは、最高のぶどうが収穫され、そして最高のシャンパーニュとなります。

≪醸造≫
全てのベース・ワインを樽で発酵させる数少ない生産者です。1,000以上の旧樽(228L樽)を所有しています。シャブリの生産
者から5年以上使用された樽を購入。毎年丁寧にメンテナンスを行い、12~20年近くまで使用します。ぶどう農家、そして畑ごとに発酵を行います。20~23℃にて約15日間旧樽にて発酵、その後6ヶ月間シュール・リーの状態で樽で寝かせます。ただし、バトナージュ、および、マロラクティック発酵は一切行ないません。本来シャンパーニュに求められる「旨味のある酸」を大切にしています。樽で発酵後、じっくり寝かすことで古い樽を通過する微量の酸素でミクロ・オキシダイゼーションが行われ、適度な酸化により、ワインに円熟さを与え、また抗酸化作用も発生します。ごく微量の空気と触れ合い、「旨味のある酸」が「旨味のある柔らかい酸」に変わるのです。また、「キュヴェ」のみを使用するこだわりと、あえてヴァン・ド・レゼルヴを少なめにアッサンブラージュ(15%程度)しています。そうすることでヴィンテージ・シャンパーニュのような味わいとなり、常に素晴らしい品質のシャンパーニュが出来上がります。年間生産量は30万本です。

NV アルフレッド・グラシアン ブリュット

【NV Alfred Gratien – Brut】

シャルドネ46%、ピノ・ムニエ30%、ピノ・ノワール24%(約30村のぶどうをブレンド)。
ドサージュ7~8g/l。ヴァン・ド・レゼルヴ=約15%。年間生産量278,000本。
瓶熟成 48ヶ月間以上。規定の2倍以上の熟成期間。
”Cuvée Paradis Brut”を造らない年は、すべてこのシャンパンに使用される。

>> アルフレッド・グラシアンについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

一部の愛好家に愛されてきた、「幻のシャンパーニュ」、アンリ・ジロー

アンリ・ジローの歴史は、17世紀初頭に遡ります。ルイ13世統治下の1625年、創業者のフランソワ・エマールがシャンパーニュ地方でも良質なブドウの産地として有名なアイ村に畑を手に入れました。これが、現在のアンリ・ジローのシャンパーニュが高い評価を受ける大きな理由となります。

10世紀以前から、石灰質の土地であるシャンパーニュ地方は、シャルドネやピノ・ノワールなど良質なブドウを生み出す地として知られていました。中でもアイ村のピノ・ノワールは評価が高く、17世紀にシャンパーニュ造りが始まった頃には、多くのメゾンがアイ村産のピノ・ノワールを欲しがったといいます。特に熱心だったのが法王や王族で、歴史の証人灯として、今もアイ村にはフランソワ1世やアンリ4世の圧搾場跡が残っています。ちなみに、アンリ4世は「アイ卿(Lord of Ay)」と呼ばれ、アイ村の歴史のひとつとなっています。

16世紀初頭から、アイ村はシャンパーニュ地方において、ワインのAOC(原産地統制名称)として認定。現在、シャンパーニュ地方にある323のクリュ(区画)のうち、グラン・クリュに認定されているのは17のクリュ。アイ村は、全てのクリュがグラン・クリュに認定され、その高品質のブドウは、プレステージ級のシャンパーニュにおいて、もはや欠かせないものとなっています。アンリ・ジローは、アイ村に約8haの自社畑を所有しています。

もちろん、アンリ・ジローが現在のような高い評価を受けるシャンパーニュを造るようになるまでの道は、決して平坦なものではありませんでした。アンリ・ジローのシャンパーニュがさらに進化したのは、20世紀の始めの頃のことです。マルヌの戦いに騎兵として参加していたレオン・ジローが、エマール家の娘と結婚したことが現在のアンリ・ジローにとって大きな転機となりました。レオン・ジローはシャンパーニュ造りに愛情と情熱を持っていた人間で、当時、フィロキセラにより壊滅状態にあったブドウ畑を、彼自身の研究と絶え間ない努力によって復興させました。それは特定のアメリカの苗木を接木するという、当時としては最先端の技術でした。そして現在、12代目のアンリ・ジローは、彼の精神を受け継ぎ、シャンパーニュのさらなる向上を目指しています。

《アンリ・ジローのシャンパーニュ造りとその個性》
繊細にして芳醇、奥深さと複雑性を兼ね備え、味と香りの奥からフィネスが感じられる・・・それが、アンリ・ジローの個性。一流老舗メゾンが集まるアイ村に本拠地を置き、ブドウ本来のポテンシャルを大切にするシャンパーニュ造りを心がけています。その唯一無二の味を支えているのは、なんといっても良質のブドウにあります。アンリ・ジローがアイ村に有するブドウ畑は約8haで、それらはすべてグラン・クリュに格付けされています。

栽培されるブドウの種類はピノ・ノワール70%、シャルドネ30%。ブドウ本来のピュアな味わいを生かしているのが、今も頑固なまでに守り続ける伝統製法です。ブドウはすべて手摘みで、収穫されたブドウは酸化を防ぐため、すぐに醸造所へ運ばれます。そして不純物は完全に取り除かれ、プレス機にかけられます。特筆すべきはこの圧搾後の処理。1990年以来、アンリ・ジローでは、シャンパーニュ地方において唯一、低温浸透法のシステムを導入しています。(低温浸透法・・・ブドウジュースが圧搾されて出てくると、特別なコンプレッサーによってゆっくりと10度まで温度を下げるシステムのこと)

こうすることで、衛生面において有益なだけでなく、同時に雑味成分とブドウジュースが完全に分離するなど、多くのメリットが得られます。そしてその後、シャンパーニュに複雑なアロマをもたらすため、特別にあつらえたアルゴンヌの森産の樫の樽でゆっくりと発酵させます。この特別なオーク樽を使うことで、シャンパーニュにグレープフルーツやバニラ、ココナッツといった複雑な香りが生まれるのです。ラインの中でも、メゾンの哲学が最も反映されているのが『フュ・ド・シェーヌ』。1年間オーク樽にて熟成、7〜8年の瓶内熟成の後、澱引きも手作業によって丹念になされるこの1本は、まさに「至高」のシャンパーニュといえます。

MV アンリ・ジロー フュ・ド・シェーヌ・マルチ・ヴィンテージ

【MV Henri Giraud – Ay Grand Cru Fût de Chêne Brut】

1625年より歴史を持つアンリ・ジロー。「フュ・ド・シェーヌ(木樽)」のネーミング通り、シャンパーニュ地方のアルゴンヌの森の樫でできた特別な樽で熟成されたキュヴェ。14つの畑の計30区画から厳選される。

>> アンリ・ジローについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————