日本ではあまり知られていない、ヴォーヌ・ロマネ屈指の一流ドメーヌ、ブルーノ・クラヴリエ

18世紀からの歴史を持つ、ヴォーヌ・ロマネ村の名門ドメーヌながら、日本ではひっそりと「知る人ぞ知る」ドメーヌで、知名度はあまり高くありません。。それは、ワインの品質が低いからではなく、むしろ質では超一流ドメーヌと同格とも言えます。
飲んだ人は誰しもが、艶やかでエレガントでミネラルの美しさに溢れたそのワインに魅了されてしまいます。

特徴はその樹齢の古さと、ビオディナミによる実直な栽培、無理のない醸造。パストゥグランでさえ平均樹齢75年の葡萄、ときけばドメーヌのすごさがわかるでしょうか。

ワインはどれもテロワールをそっくりそのまま映した味となっていますが、どちらかというと全体的には赤い果実のニュアンスが強く、ピノ・ノワール ファンがほおっておけない味。 ヴォーヌ・ロマネの華やかでエレガントな様子、シャンボールの可憐さ、ニュイサンジョルジュの高貴さ、コルトンの威厳・・・どれをとってもため息なしでは語れません。

【歴史】
1964年生まれ。ボーヌにてヴィティクルテュール(葡萄栽培学)を学習しながらブルゴーニュ大学にて醸造学を学ぶ。1987年、5代目の当主として引き継ぐ。

クラヴリエ家の歴史は1860年に遡る。母方の”アレキサンドル・ブロッソン”時代に葡萄を植えたのが始まりで、大変に歴史の古いドメーヌである。ヴォーヌ・ロマネ村の畑を馬で最初に耕したのは、3代目で叔父のジョセフであるのは有名。

ブルーノのスタートは母方の叔父の畑・5.5ha。Chambolle Musigny 1er Cru la Combe D’Orbeaux、Vosne Romanee 1er Cru Aux Brulees・les Beaux Monts等からAOC Aligote、Passetoutgrainとブルーノのワイン造りが始まった。 ブドウ栽培は1999年、完全にビオディナミに推移。何と12年もの歳月を費やした。

ラグビー選手としてフランス代表で香港まで遠征した事もあるスポーツマン。がっちりとした体格で畑の手入れには余念がない。故祖父、故ルシアン・ジャイエ氏(アンリ・ジャイエの兄)はブルーノを可愛がりワイン造りの秘訣を伝授した。

【栽培・醸造】
ブルーノ氏はヴォーヌ・ロマネ村の中でも先進的な造り手として有名です。自然派と呼ばれる造り手が皆無だった頃から農薬や科学的な手法を使わない、有機栽培やビオディナミ(Biodynamie)の学習と研究を重ね、自身のブドウ栽培にも早くから取り入てきました。
そして12年の歳月を費やし、1999年には全てのブドウ栽培をビオディナミに移行しました。フランス農務省認定有機農産物ABマークの認証も得ています。

その功績はブルゴーニュ地方でも評価が高く、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ社からも、有機栽培やビオディナミのコンサルタントとして迎えられるほど!!

ブドウの収穫時は収穫人がブドウ畑で選別をしその後選果台を使って選別。ほとんど除梗はされますがキュヴェによっては5~20%の全房が用いられます。

仕込みは自然に成分が抽出されるよう細心の注意が払われます。熟成時の新樽も控えめで、村名ワインで15~20%。1級畑で25~33%。