英国王室御用達で、唯一“家族経営”のシャンパーニュメゾン、ポール・ダンジャン

Dangin家は代々ブドウ栽培家の家系で、以前はMoet & ChandonやMummといった大手メゾンへとブドウを供給していました。
1947年、祖父Paul Dangin(1921生、14歳からブドウ栽培に従事)はCelles-Sur-Ource村の仲間とともに、ブドウをメゾンへ販売することを止め、一部のブドウを自らのシャンパーニュを創り出すために残すことを決めました。ブドウの販売量を減らすことで収入が減少し、非常に厳しいチャレンジでしたが、この試みは成功を納めます。もともとが大手生産者から請われる程の高い品質のブドウであったため、作られたシャンパーニュも評価が高く、次第に顧客が付いてきました。

創始者のPaul(ポール)は5人の息子と1人の娘の子宝に恵まれ、5人の息子たちとともに娘の夫Jean-Marie Faysがドメーヌに参画、その夫の名前からDangin-Faysを立ち上げました。現在14人がドメーヌに携わっており、Paul Danginから始まったドメーヌはシャンパーニュでも最大の家族経営ドメーヌの一つとなっています。(現在54haを所有)

原料ブドウは、設立時から一貫して、それぞれの家が所有する畑からの収穫のみです。実質はRM(レコルタン・マニュピュラン)ですが、同家とはいえ、複数の家族からのブドウでシャンパーニュを仕込むため、便宜上NM(ネゴシアン・マニュピュラン)となっています。

《テロワール》
メゾン・ポール・ダンジャンが居を構えるのは、シャンパーニュでも南寄り、コート・デ・バール地区の「セル・シュール・ウルス」と呼ばれる町です。交通の要所となるランス周辺から離れていたこともあり、大手メゾンによる自社畑拡張の時流の中、この地はその影響を大きく受けることはありませんでした。しかし、北部の大手メゾンへのブドウ供給のみを行う、或いは完全に下請け製造だけを行う、といった作り手も多く存在します。
この村の知名度こそまだまだ高くはありませんが、そのテロワールの優位性は多くの研究者から度々指摘されてきました。ブルゴーニュ地方のシャブリに近く、南寄りの地域であるため、北部のシャンパーニュに対し、よりボリューム感を持ったスタイルに仕上がります。土壌の下層には、太古の海から形成された石灰質土壌(シャブリと同様のキンメリジャン質)と、「マール」と呼ばれる白泥質土壌があります。
とりわけピノ・ノワールの品質は非常に優れており、北部のマルヌ県のものに比べ、果実味が豊かで香も華やかです。そのため、ランスやエペルネの大手メゾンが、こぞってこの地域のピノ・ノワールを買い付けにやってきます。

《栽培》
ドメーヌでは、リュット・レゾネの一種である「同化農法(環境に合わせて各種の対処を行う農法)」こそがビオロジックよりも適していると考え、これを採用しています。この農法では、人工合成された化学薬品は使用しません。病気が蔓延する兆候が表れたときなど、必要に応じて、自然由来の薬剤を、最低限の量だけ使用することができます。しかし、実際に薬剤を使うことはほとんどありません。(事実、もう10年以上薬剤は使われていません。)

除草の時も薬剤は使いません。土の鋤き返しという農作業を行うので、薬を使うより当然重労働です。しかし、鋤起こした土と雑草が攪拌されることで、ブドウの根に水分とミネラル分を吸収させることができます。同時に表土のすぐ下を横に伸びる根を断ち切ることで、ブドウの木は土中深くまで根を伸ばすようになります。地中何メートルと深く伸びる根は、シャンパーニュ地方特有の複雑な地層に分け入ります。そして、様々な層からミネラル分などを吸収し、ワインに複雑さをもたらすのです。
また、干魃が起こった際には、地中深くに伸びた根が、地下に保たれた水分を吸収する事でその影響を小さくすることが可能となっています。栽培方法の研究には余念がないので、ジャンルにこだわらず、良いものは取り入れる、チャレンジ精神が旺盛なのもこのメゾンの特徴です。ワイン造りでなくとも、農業、有機栽培にかかわる学会や勉強会には積極的に参加し、常に良い環境づくりを研究しています。

例えば、三代目当主の世代になって改善された事の一つに、畑にまく肥料の変更が挙げられます。今ポール・ダンジャンで使用しているのは、普通のブドウ栽培家が使う肥料でなく、海藻を使った手作りの自然素材の肥料です。ある海藻の成分が樹木の抵抗力を上げる、という研究結果を知り、早速自社畑に導入しました。
一般的に病虫害は弱い樹から始まり、広がってゆく、と言われますが、ポール・ダンジャンの畑の木々は、幸いにも抵抗力が上がったからか、病虫害の数は激減し、畑が非常に健全に保たれています。結果、糖度が高く凝縮した良質のブドウが収穫できています。

《醸造》
ポール・ダンジャンのシャンパーニュにおいて、品質に関する明確な指針が4つ定められています。
適度な熟成感と繊細な泡立ち
シャンパーニュの法律では最低15カ月の熟成で出荷が認められているが、 味わいのバランスを取るため、少なくとも熟成期間が30カ月になるまで販売を行わない(一部例外のキュヴェもあります)。

ピュアでエレガントな味わい
ブドウ果汁はテット・ド・キュヴェ(ブドウを絞った際、最初にとれる果汁。高級レンジやプレステージのものは、このキュヴェのみで作ることが多い。)のみを使用。

伝統的なシャンパーニュスタイル
ドメーヌのスタイルを守るため、ミレジメを除き、最低2年分のワインをアッサンブラージュする。

バランスの良い味わい
重すぎず、フレッシュで熟成しすぎていないシャンパーニュ を生み出すこと。

《英国王室御用達》
ポール・ダンジャンのフラッグシップである「カルト・ノワール」が、英国王室御用達ワイン商である「J&B社(ジャステリーニ&ブルックス社)」によって推薦され、採用されました。その後数度、J&B社のラベルで王室での式典の際に納められています。

J&B社は王室御用達の「ロイヤル・ワラント」に指定される業者であり、公に王室の紋章を使用することができます。J&B社は 王室御用達の「ロイヤル・ワラント」に指定される業者であり、公に王室の紋章を使用することができます。同社の採用を受けたポール・ダンジャンも、同様に英国王室御用達の栄誉を謳う許しを得ています。現在複数のブランドが英国王室御用達としてその栄誉を受けていますが、いずれも大規模経営を行う会社ばかりです。その中にあって、ポール・ダンジャンは唯一家族経営のシャンパーニュメゾンとして英国王室へワインを提供しています。

古よりモンタルチーノに君臨する上品なブルネッロ、リジーニ

古より代々モンタルチーノの地で暮らしてきたリジーニ家。
その歴史は古く、長い年月の中で脈々と受け継がれてきたワイナリーは、今では「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」のトップ・ワイナリーの一つとして君臨しています。長い歴史の中で「知識」と「経験」を積み重ねてきた、日進月歩のワイナリーであり、決して派手な取組はないですが、小さくとも大変な作業を積み重ねて、今の名声があります。

その経営方針をもつワイナリーの品質は、名エノロゴのフランコ・ベルナベイの知識・技術を受け継いだ醸造責任者のフィリッポ・パオレッティという優秀なスタッフが支えており、最新の近代的な技術・施設を使用しつつも、伝統を重んじ流行にとらわれることなくワイン造りは行われています。過去の栄光に驕らず、時流に身を任せることもなく、伝統と品格に誇りを持ち、自分のスタイルを貫く。そのワインには凛とした風格が存在しています。

今や、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノのトップワイナリーの一つに君臨するリジーニ。その醸造の全てを任されているのが、醸造責任者のフィリッポ・パオレッティ氏です。ワイナリーの中にある家に住み、畑の全てを把握しているといっても過言ではありません。とにかくワイナリーとサンジョヴェーゼ種を愛した熱い人物です。
近代的な醸造施設を使用しつつも伝統を重んじ、流行を追いません。
ワイナリーのオーナー兼、責任者であるのロレンツォ・リジーニ氏は『商売や利益よりも、とにかく品質が一番。それを守っていれば、消費者には必ず分かってもらえると思います』と語ります。彼らの品質への高い拘りがリジー二のワインを支えています。

歴史は古く、1846年にキャンティ地区に畑を持っていたロドヴィコ・リジーニ氏と、モンタルチーノのフランチェスカ・クレメンティ氏が結婚することで新生リジーニ家が生まれたことまで分かっています。しかしながらそれ以前のルーツに関しては謎につつまれておりリジー二家の人たちでさえわからないと言います。
リジー二家の家紋には二つのシンボルが刻まれており家紋の左側はクレメンティ家、右側はリジー二家を表しておりラベルにもデザインされています。
1846年のロドヴィコとフランチェスカの結婚の後、2世代が経った1900年代初頭のこと。ワイン文化がまだ盛んでなかったモンタルチーノの土地にキャンティ地区からの技術やアイデアをその時のリジーニ家当主が持ち込んだことにより、リジーニ家がモンタルチーノでのワイン造りを始めることとなります。
その後、1967年にブルネッロ・ディ・モンタルチーノ協会が設立されますが協会を設立したのはリジーニを含めた12の生産者と言われています。
今ではモンタルチーノの地区はブランド化され、250以上の生産者がいますが100年以上に亘り、この地でワインを造り続けるリジー二。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノとしてトップワイナリーの一つに君臨しています。

常に『新樽200%』という枕言葉が連想されるネゴシアン、ドミニク・ローラン

『新樽200%』。ドミニク・ローランと言うと常にこの枕言葉が使われます。ネゴシアンのドミニク・ローランは樽ごとワインを買いつけます。蔵に届けられたワインは直ちにここで、新樽に入れ替えられるのです。半年後、もう一度新樽に入れ替えられます。これが『新樽200%』です。ワインスペクテーター誌で「 200% New Oak 」と評論されたことから、こう呼ばれるようななったようです。
D・ローランさんも最初からこんな手間ひまかけた熟成をさせたわけではありません。ある年、購入したワインをいつものように新樽に移し替え、熟成後テースティングすると、これが素晴らしワインだった。そこで調べてみると購入したワインは既に新樽を使ったものだった。それ以来、この『新樽200%』は始まったといわれます。偶然の産物だったんですネ。

菓子職人だったD・ローランのネゴシアンとしてのスタートは1989年。当初、父親の菓子店のガレージでの開業だったそうですが、間もなくニュィ・サンジョルジュに移り本格的にワイン造りがはじまりました。畑を持たないネゴシアン業で、できたワインを買い取るわけですが、その買取の基準は『古いブドウの木。手摘み収穫。色と味わいを最大限に引き出す為、ブドウは潰さず房のまま発酵』というもの。これからドミニクマジックで仕上げたれたワインが生まれるのです。

技術革新著しいコストパフォーマンスに優れたチリワイン、ラウラ・ハートウィック・ワイナリー

ハートウィック家の先祖は遡ること150年前からこのサンタ・クルーズの地で伝統的な農業を行っています。200エー カーの畑を持ち、樹齢は20年~30年の木も含まれています。1980年代に入り、息子のアレッサンドロ・ハートウィック・ジュ ニアもワイナリーの仕事に加わり、最新の栽培・醸造技術と伝統的な方法とのバランスを取っています。栽培においてはキャノピー・マネージメントに気を使い、収量も落とし、ふどうの質を上げることに神経を配っています。1995年には新しいワイナリーが完成し、収穫後、ぶどうを最短時間でワイナリーに持ち込めるようになった為、更に質が向上しています。ワインの名前「ラウラ・ハートウィック」はオーナー夫人の名前でもあり、ドイツ系祖先に敬意を表した名前でもあり、ラベルも夫人の若かりし頃が描かれています

ブルゴーニュ屈指の生産者も指導を請いに訪れる、マコネ最高のドメーヌ、コルディエ

マコネの細やかなテロワールを表現。
1930年代に創業されたコルディエ。マコネ地区の老舗であり、その牽引者としての役割は偉大である。ブルゴーニュ・ワイン専門誌『ブルゴーニュ・オジュルデュイ』で、2005年のブルゴーニュNo.1のヴィニュロンに選ばれるなど、その名は広く知られ、ラフォン、ルフレーヴを始め、近年マコネ地区に注目し生産を開始したブルゴーニュ屈指の生産者でさえも、教えを請いに彼の元を訪れる。

現在の当主、1967年生まれのクリストフ・コルディエは大変意欲的で、1995年から数多くのキュヴェに分けて販売し、マコネの細やかなテロワールを表現することに注力している。彼が手がけるワインは、ブドウが最良の状態に熟成するまで収穫を遅らせるため完熟した味わいが特徴的で、ブドウが育まれた環境を如実に物語っている。低収量のブドウから生み出されるワインは時としてコート・ド・ボーヌのグランクリュ・クラスをも凌駕する。

ネゴシアンとしても卓越した品質のワインを提供
またワインへの情熱溢れるクリストフは、『メゾン・クリストフ・コルディエ』の名前で小さなネゴシアン業もスタート。ドメーヌで所有する畑以外のワインも手掛けたいという思いが新しい挑戦の始まりとなった。従って単に瓶詰めするだけのネゴシアンではなく、優れたテロワールを持つ信頼する栽培者の最上のパーセルのみをブドウの段階で買い付け、クリストフ自身が醸造を行う。もちろん栽培にも深く関わり、ドメーヌ物とまったく引けのとらない卓越した品質のワインを生み出している。

そして、2013年には重力式のフロー構造を持ったワイナリーに刷新。最新の空気圧式プレスや特注の350Lバリック、ブルゴーニュ初となるバトナージュ機能を持った木製の発酵槽を導入するなど、更なるクオリティーの向上に余念がない。今後も進化し続ける彼のワインを見逃してはならない。

家族の夢が詰まったバローロ、クリッサンテ・アレッサンドリア

クリッサンテ・アレッサンドリアは、イタリアのピエモンテ州・クーネオにあるラ・モッラで誕生したワイナリーです。丘陵地であるバローロの頂付近にあるラ・モッラは、理想的なネッビオーロやバルベーラ、ドルチェットが栽培されている土地として知られています。バローロ5大産地のひとつに選ばれているこの地でクリッサンテ・アレッサンドリアは、それぞれのブドウ品種の個性を大切にする、自然と調和したワインの生産を続けています。

プルミエ・クリュとグラン・クリュだけにフォーカスした新星ネゴシアン、オリヴィエ・バーンスタイン

オリヴィエ・バーンスタインは、ブルゴーニュの新星ネゴシアンとして、近年ジャンシス・ロビンソンやアレン・メドウズなど数多くのジャーナリストから高く評価されています。ブルゴーニュの最高の区画と樹齢の高いブドウの樹、特にプルミエ・クリュとグラン・クリュだけにフォーカスしています。
バーンスタインは音楽系出版社の家系に生まれましたが、頻繁にワイン生産地を訪れ、畑や収穫などに触れるうちにその魅力に取りつかれ、有望なビジネスキャリアを捨て、ボーヌで醸造の勉強を始めました。2002年に短期間アンリ・ジャイエと一緒に仕事をした後、ルーション地方で、自分のドメーヌであるマ・ドゥ・ラ・ドゥヴェーズを興しました。

2007年、ネゴシアン・ビジネスを開始するためブルゴーニュに帰還しました。醸造はジュヴレ・シャンベルタンにある自身のワイナリーで行い、またボーヌ中心部にあるバーンスタインの本社において、樽職人のステファン・シャサンが新ヴィンテージの味わいを見ながらそのワインにあった樽の燻り具合を見極めます。プルミエ・クリュとグラン・クリュに関しては常に新樽を使用します。