15世紀にさかのぼる歴史を持つブルゴーニュのミタンシェ家が造るドメーヌ、サン・マルク

ジャン・クロード・ミタンシェ氏は、ドメーヌ・ド・シャトー・ムルソーの総責任者を務め、シャトー・マルサネの管理も行っていた。1882年、コート・ド・ボーヌに畑を購入し、ドメーヌで仕込んでいる。息子のアルノーがカリフォルニアのオー・ボン・クリマやワインショップでの研修を経て、2011年に参画した。農薬の使用を減らし、ルモンタージュ主体で抽出を軽くするなど、エレガントな方向にかじをきった。

白がブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ・ブラン、ムルソー・スー・ラ・ヴェル、赤がブルゴーニュ・オート・コート・ド・ボーヌ・ルージュ、ボーヌ・プルミエクリュ・クロ・デ・ザヴォー。

白は樽が控えめでミネラル感あふれるエレガントなスタイル。
「オート・コート・ド・ボーヌ・ブラン」の収量はヘクタール当たり45ヘクトリットル。70%を10か月間、樽で熟成する。
「ムルソー・スー・ラ・ヴェル」は半分が樹齢70年で、残りが5年。収量は40ヘクトリットル。30%新樽、40%は1、2年樽で、30%はステンレスタンクで熟成12か月。ムルソーは白い花、砕けた石の香りがする緊張感あふれる味わい。

「オート・コート・ド・ボーヌ・ルージュ」は、平均樹齢40年。5日間の低温浸漬後に、セメントタンクでルモンタージュとピジャージュを組み合わせて抽出し、新樽10%、1、2年樽40%、セメントタンク50%で12か月熟成。
「ボーヌ・プルミエクリュ・クロ・デ・ザヴォー」は樹齢40年。粘土石灰質に小石が混じる。収量は40ヘクトリットル。新樽40%、1、2年樽40%、セメントタンク20%で12か月熟成。粘土質からくる重めのタンニンをきれいに抽出し、フィネスある味わいに仕上げている。

バローロ最北「ヴェルドゥーノ村」のエレガンスを引き出す若き当主、ボジオ

ピエモンテにてルカ ボジオ氏の両親が1967年から行っていた農業を引き継ぎ設立。若き当主ルカ ボジオによってピエモンテに設立されたボジオ ファミリーエステート。伝統を守りつつ、最新の設備を導入するなど、常に新しい挑戦に邁進。評論家が海外から訪れるなど、そのクオリティーの高さが伺える注目のワイナリーです。

畑はバローロ最北に位置するヴェルドゥーノ村で、標高200〜300メートルに位置する南向きの恵まれた日照条件を備えています。石灰岩に粘土が混じる土壌で、最北のヴェルドゥーノ村の特徴であるエレガントさが見事に引き出されています。

1ヘクタールあたり5000本の密植度で自然を配慮したリュット レゾネ農法、全て手摘みで収穫されます。カンティーナに運ばれたブドウは15日間以上のマセラシオンを経て、3000〜12000リットルのフレンチオークとスロヴェニア産のオークで36ヶ月間熟成、少なくとも6カ月以上の瓶内熟成を経てリリースされます。

もはや伝説の域に達したブルゴーニュを代表する偉大な指導者、アンリ・グージュ

第一次世界大戦後、父親より9haの畑を譲り受けたアンリ グージュ氏は1925年にドメーヌを設立し、マルキ ダンジェルヴィル氏やアルマン ルソー氏らと共にその時代に蔓延していた粗悪なブルゴーニュワインを無くす為にINAOを設立し、区画やクラスを決める際、自分たちの畑があるニュイ サン ジョルジュとヴォルネーには自己贔屓をしないようにグラン クリュを設定しませんでした。アンリ氏の孫のピエール氏、クリスチャン氏がそれぞれ畑と醸造を担当してドメーヌを運営していましたが、ピエール氏が定年を迎えたため、現在はその息子のグレゴリー氏が中心となって、ニュイ サン ジョルジュのみ15haの畑でワイン造りを行っています。 昔からコート ドールの傾斜が急な畑では、雨が降った後に土が流れてしまうという問題がありました。これに対し、ピエール氏は1975年に葡萄の木の列の間に芝生を植える方法を生み出しました。これは降雨後の土地の侵食を防ぐだけでなく、雑草が生えるのを抑える働きもありました。また、丈の高い雑草が生えない為に畑の通気が良く、カビの発生を抑制する効果もありました。さらに、芝生があることで葡萄の根は横ではなく下に向かって伸びるため、地中深くの養分を吸収することができ、結果としてテロワールを明確に表現することができました。また、徐々に畑をビオロジック(有機栽培)に変えてきていて、2008年から100%ビオロジックになりました。 畑で厳選して収穫された葡萄は2007年に新設された醸造所で選別され、果皮や種の収斂性のあるタンニンを出さないように葡萄の実は潰さないまま除梗機で100%除梗され、そのまま地上階にある醗酵タンクへ重力によって運ばれます。アルコール醗酵には白はステンレスタンク、赤はコンクリートタンクを使います。コンクリートタンクはアンリ グージュ氏の時代に造られた古いものが使われており、内部には酒石酸がびっしり付着しています。このコンクリートタンクはタンク上部が開いている開放桶ではないのでアルコール醗酵の際に発生するガス(二酸化炭素)がタンク内部に溜まりやすく、醗酵作用がゆっくりと進むので、じっくりと葡萄から色とアロマを引き出します。櫂入れはタンク内に設置されている金網状の機械で行い、ガスによって押し上げられた果皮や種と果汁の接触を増やしてアロマやタンニンを引き出します。その後、新樽率約20%の樫樽に移されマロラクティック醗酵をさせて18ヵ月間熟成されます。とても綺麗な葡萄が取れるのでそのままでも十分透明感がある為、コラージュやフィルターは行わずに瓶詰めされます。

2005 ヴォーヌ・ロマネ・レ・オート・メジエール ブルーノ・クラヴリエ

【2005 Vosne Romanee Les Hautes Maizieres V.V – Bruno Clavelier】

レ・オート・メジエールはすぐ上にはレ・スショ、南西側にはグラン・クリュのクロ・サン・ドニがあり、村名格といえども立地条件には大変恵まれています。ブドウの樹齢は60年以上で、バランスのよさや深みをワインに与えています。

>> ブルーノ・クラヴリエについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ヴォーヌロマネを拠点とし、ラターシュの幻の畑ゴーディショ所有者、フォレ・ペール・エ・フィス

この小さいけれども、素晴らしいワインを造るドメーヌは、現当主Regis Foreyの 祖父によって1840年に創設されました。1989年よりRegisが責任者としてドメーヌ を運営しています。

現在、9.5haの畑を耕作していますが、その内4.5haが彼らの所有畑となります。
残りはメタイヤージュ(折半耕作)です。

彼らが造るワインは、ヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュ、モレ・サン・ ドニ(どれも一級畑を含む)、そしてグランクリュでは、エシェゾーやクロ・ド・ ヴ-ジョなども造っています。

特にヴォーヌ・ロマネの1級である「Gaudichots (ゴーディショ)」はラ・ターシュとラ・グランリュに挟まれた所に位置しており、 この同じゴーディショの畑を所有していたD.R.Cでは、ディジョンの裁判所に申請 をして、ゴーディショをラ・ターシュに編入させたという逸話があり、ブルゴー ニュファンには珍重されている畑です。

収穫は全て手摘みで行われ、その後、3~4日間低温マセラシオンを行います。
発酵は、通常22~26日間程度行われます。その間3日に1度の割合でピジャージュ を行います。マロラティック発酵は樽の中で行い、その後16~20ヶ月小樽にて熟成 させます。

新樽の割合は、20~50%、そのときのワインの出来具合やヴィンテージによって 使い分けています。その後、無清澄、ノンフィルターにて瓶詰めを行います。

2007 ピュリニー・モンラッシェ・1級・レ・シャン・ガン アンリ・ダルナ

【2007 Puligny Montrachet 1er Cru Les Champs Gains – Henri Darnat】

>> アンリ・ダルナについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2000 エシェゾー ダニエル・ボクネ

【2000 Echezeaux – Daniel Bocquenet】

>> ダニエル・ボクネについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————