最古の歴史を誇るコニャック・メゾンのひとつ、 マーテル社

【Martell Cordon Blue】

大手コニャックハウスの中で最古の歴史を誇るマーテルは、1715年の創業以来、独特の製造法で、最高のコニャックづくりが伝承されてきました。優美さ、複雑さ、そしてバランスが、マーテルスタイルの真髄です。

1912年に生み出されて以来、伝説のコニャックとしての地位を築き、通の支持を受け続けてきた特別な商品です。この伝統の味わいと時代を超えても色褪せることのないボトルデザインは、コニャックの世界では他に類を見ない特別な商品であることを物語っています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

完全な生態系の中で育つブドウによる自然な造りを踏襲する 最も古い家族経営のアルマニャック、シャトー・ド・ラキー

【Chateau de Lacquy 1992】

シャトー・ド・ラキーの現在のオーナーはジャン=ヴィアネイ・ド・ボワセゾン伯爵。ここは、1711年からずっと同じ一族によって所有されてきており、アルマニャックで最も古い家族経営の生産者である。
敷地は合計400ヘクタールに及び、森、湖、湿地などにも恵まれた本当に生態系の整った天国のような場所で、絶滅危惧種も含めた多くの野生動物の棲家でもある。この中に20ヘクタールのブドウ畑あり、その土壌は黄土色の砂(有名なサーブル・フォーヴ)を含む軽い土壌で、酸化鉄と海洋性堆積物が豊か。

伝統的なアルマニャックを構成するブドウ品種、フォール・ブランシュ、バコ、コロンバール、ユニ・ブランの古樹が植えられ、すべて昔から受け継がれてきた方法で丹念に手入れされている。アルマニャックには他にも認可品種がたくさんあるが、ラキーではこの4品種のみに特化。また、偉大なアルマニャックを造るのは完全に自然にできたワインのみ、という黄金律を守り、ここでは何も添加せず完全に自然な方法でワイン造りを行っている。

フォール・ブランシュもしくはピクプールは伝説的なこの地の品種で、スミレの香りがする洗練されたアルマニャックとなる。
バコは、たっぷりとした厚みと長いフィニッシュが特徴的で、アルマニャックに計り知れない価値を与えてくれる。
コロンバールは、快活さとボディを与え、スパイシーさや熟した果実のアロマも特徴的。
ユニ・ブランは、繊細で快活なワインとなり、魅力的な自然な酸を与えてくれるので、ブレンドすると複雑で洗練されたスピリッツに仕上がる。

蒸留は11月に、この地で伝統的なアランビック、単式の連続蒸留が行われる。これによって、ブドウの構成成分を保持することができるため、本当に特別な香りが得られる。品種毎に完全に分けて蒸留され、52度になったスピリッツは即座に420リットルのオーク樽に注ぎ入れられる。湿度70〜80度の部屋で寝かされるオーク樽から、炒ったアーモンド、ココア、ブラウンシュガーなどの香りを得るだけでなく、味わいがまろやかになり色も褐色となる。また、樽熟成中にアルコール度数は自然に減少し、10年経過すると47度に、20年経過すると42度となる。

ブレンドとボトリングは1年に2度行われ、瓶詰めの日付はすべて裏ラベルに記されている。ここでは他社が行う色づけやカラメルの添加などは一切行っていない。本当にピュアなアルマニャックだ。

アッサンブラージュは「オール・ダージュ(40度。10年樽熟成)」、「レフェランスXO(42度。15年樽熟成)」、「レゼルヴ・エクセプショネル(43度。バコ、コロンバール、ユニ・ブラン)」、「VSOP(40度。6年樽熟成)」。

「ミレジメ」は、年によってブレンドが変わる。
1998年/48度/バコ100%。1997年/48度/バコ30%、ユニ・ブラン40%、コロンバール30%。1996年/47度/バコ80%、ユニ・ブラン20%。1995年/48度/バコ100%。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

スーパー・タスカンの筆頭のひとつオルネライアのグラッパ

【Grappa di Ornellaia】

スーパー・タスカンの筆頭のひとつオルネライアのグラッパ。カベルネソーヴィニョンとメルローが使用されており、発酵を終えた搾りカス(ヴィナッチャ)は直ちに圧搾・蒸留され、最もエレガントでバランスのとれたロットのみをブレンドし9ヶ月間樽で熟成させたもの。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ヴィナッチェ(搾りカス)を洗練された新しい物質に変える、ベルタ社

【Berta – Bric del Gaian】

今ではなだらかな丘とブドウ畑の広がるピエモンテ州のランゲ地区とモンフェッラート地区の中間地点、ニッツァ・モンフェッラート村にベルタ社が創立されたのは戦後間もない1947年のことでした。多くの人が望みを失っていたこの時代に、希望を失わず未来の消費を考え働き続けた偉大なるブドウ栽培家のおかげで、ベルタ社は品質の高いブドウの搾りカスを手に入れることができ、以来彼らとの協力と友情をもとにベルタ社は発展を続けてきました。

ピエモンテ州を中心にイタリア全土の有能なワイナリーから、番号札のついたベルタ社オリジナル容器(特許取得)に入れて運ばれ保管されます。熱い蒸留所の中では、伝統ある3台の銅製蒸留器が香りを十分に含んだヴィナッチェ(搾りカス)を、力強く同時に洗練されたもう一つの新しい物質に変えるために働き続けています。

《Bric del Gaian》
モスカートダスティ100%。(アスティ県モンバッルッツォ、ベルタ社所有のブリック・デル・ガイアン畑より)蒸留後、ミディアム・トーストしたアリエ 産、トロンセ産225Lのバリックで7年と4ヶ月間熟成


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

3つ星生産者の家に19世紀から続く“幻の銘酒”マール、ジャン・マルク・ルーロ

【Marc de Bourgogne – Jean Marc Roulot】

3つ星生産者ルーロ家に19世紀から続く“幻の銘酒”
ワイン造り以前から、蒸留酒を造っていたことで知られるルーロ家。1879年にはコート・ドール県に“アランビック”と呼ばれる蒸留機設置申請書を提出し、その認定証が今も残る
父のギィ・ルーロから学んだ蒸留の技術。「限りなくピュアな香りを抽出すること」が求められる蒸留酒造りは、ワイン造りにも大変役に立ったと言うジャン・マルク・ルーロ。

父から子へ受け継がれた伝統の蒸留技術が、名手ジャン・マルク・ルーロの緻密で正確な技、美の感性によって、今プレミアムな一瓶として甦ります。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————