かつて実在し現在は失われた蒸溜所を書物を頼りに復活、ザ・ロスト・ディスティラリー・カンパニー

【The Lost Distillery Company】

ザ・ロスト・ディスティラリー・カンパニーは、かつて実在し現在は失われた蒸溜所=ロスト・ディスティラリーのウイスキーを現代に蘇らせることを目的に設立された、新鋭のインディペンデント・ボトラーです。その手法はというと、奇跡的に残された古いウイスキーを使うようなものではなく、また秘伝のレシピを使うのでもなければ、DNA分析を活用するものでもありません。
―全ては歴史の書物から。

数々の書物に残された記録を頼りにグラスゴー大学教授マイケル・モス氏の監修の下、古の蒸溜所でつくられていた幻のウイスキーの味わいを再現しています。

《Stratheden – The Lost Distillery Company》
1829年から1926年までファイフで操業していました。この蒸溜所はボンスローネ家による家族経営で、他者の経営参画を拒みその閉鎖までワンオーナー制を貫きました。

《Jericho – The Lost Distillery Company》
1824年から1913年までアバディーンシャー、インチの荒涼とした場所にありました。付近の様子を、有名なウイスキージャーナリスト、アルフレッド・バーナードは「とても寒々しく寂しげな場所だった」と表現しています

《Lossit – The Lost Distillery Company》
1817年から1867年までアイラ島のボウモアとポートアスケイグの中間地点、バリーグラントという地区にあったとされるファームディスティラリーです。時の流れの中で徐々に孤立していき、廃れていったと語られています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

蒸留所名は非公開のアイラシングルモルト、スモークヘッド

【Smokehead Islay Single Malt Scotch Whisky】

スモークヘッドはアイラシングルモルトウイスキーで、残念ながら蒸留所名は非公開ですが、アイラの人気蒸留所です。加水していることもありソフトですが、太いピートとスモークがばっちり感じられる大変秀逸なアイラモルトです。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:https://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

イチローズモルトの前身ともいえる東亜酒造がブレンドするウイスキー、武州

【武州 – 東亜酒造】

3年以上熟成されたスコットランド産ブレンドウイスキーをベースに、スコットランド産モルトを併せ、オーク樽で熟成させた商品です。
ふんわりと甘みある香りとバランスのとれたまろやかな味わい。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

ドイツのイースピリッツ・トレーディング社のオリジナル・シリーズ、リキッド・トレジャーズ・フェアリーテールズ

【East Shore Islay Malt 2008-2016 8y – Liquid Treasures – Fairy Tales – Special Edition】

ドイツのイースピリッツ・トレーディング社のオリジナル・シリーズ『リキッド・トレジャーズ・フェアリーテールズ』

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

大量のモルトを手作業で混ぜ合わせていた時代の職業病、モンキーショルダー

【Monkey Shoulder】
スコットランドの由緒あるウィスキーメーカー「ウィリアム・グランツ&サンズ社」が、2005年に発売スタートした新発想のウィスキー。
世界初のトリプルモルトウィスキーとしてローンチした発売キャンペーンでは、タキシード姿の男性(顔は猿!)の両脇に2人の美女を立たせたビジュアルとともに、“A threesome is better than a onesome(1人より3人の方がいい)”という衝撃的なコピーで、ウィスキー離れした若者たちの注目を一気に集めました。
少しセクシーなジョークを交えたこのキャンペーンは、“おじいちゃんの飲み物”というウイスキーの伝統的なイメージから離れて、新しいジェネレーションの獲得とオケージョンの新規開拓を狙ってのことでした。スムースでリッチな飲み口もビギナーに受け入れられて、とくにイギリスやアメリカでファンが増加。

ウィリアム・グラント社が所有する三つの蒸溜所グレンフィディック、バルヴェニー、キニンヴィーの選ばれたモルト27樽をブレンド。ユニークなボトルデザインも人気。3匹の猿のモチーフがついた印象的なボトルで、手土産にも重宝されています。商品名の由来は、ウィスキー職人たちの職業病から。大量のモルトを手作業で混ぜ合わせていた時代に多くの職人が肩を痛め、その職業病を「モンキーショルダー」と呼んでいたそうです。現在でこそ手作業はないが、1887年創業の醸造所にて、当時を知る大御所モルトマスターとともに天然酵素を使った昔ながらの製法で作られています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————