アメリカで初めてウイスキーを製造した公認蒸溜所、ミクターズ

【Michter’s Small Batch US★1 Kentucky Straight Bourbon】

アメリカ最古の蒸留所、ミクターズ社は初代大統領ジョージ・ワシントンが独立戦争の将軍だった頃バレー・フォージ基地で兵士たちと飲んだウイスキーであり、独立宣言の23年前、1753年設立です。当時はシャンクスとかボンバーガーというブランドで呼ばれていましたが、設立当初から蒸留所長のモットーは「コストは度外視」というものでした。
この伝統は現在でもケンタッキー州ルイビルのミクターズ蒸留所で継承されており、蒸留所長とテースティングパネルメンバーが承認しない限りウイスキーが出荷されることはありません。ミクターズのほとんどのウイスキーは表示年度より古い原酒が多く使われています。味をより良くするため、貯蔵する倉庫を加熱していますが、当然のことながらコストアップします。暖房費のアップはもちろんですが、倉庫内の熱で蒸発が活発になり、いわゆる「天使の分け前」(蒸発したウイスキーは天使が飲んだとされています)が増加し樽内の原酒が通常よりも減り、当然コストアップになります。貯蔵する樽はまず内面を強く焼きまずがミクターズではその前に軽く焦がすという二段階で内面を処理しています。こうすることにより樽材の糖分が凝縮されまろやかな味となります。樽内の原酒は業界基準よりも低いアルコール度数で貯蔵され、高アルコール度数で貯蔵するより多い数量の樽が必要ですが、貯蔵後の味は飛躍的に良くなるのです。原材料の穀物は最高級レベルの物をさらに厳選して使っていることは言うまでもありません。現在でも最高の品質のウイスキーを造るために「コストは度外視」という伝統は引き続き受け継がれ造られています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
VORT麻布十番Ⅳ 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

イチローズ・モルト・リーフ・ラベル

【Ichiro’s Malt Leaf Label】

イチローズモルト(Ichiro’s Malt)とは、埼玉県秩父市にある株式会社ベンチャーウイスキーで作られているウイスキーです。
創業者の肥土伊知郎(あくといちろう)さんの名前を冠したウイスキーです。

肥土伊知郎さんは、1965年に埼玉県秩父市生まれ。大学で醸造学を専攻し、大学卒業後にサントリーに就職。その後、祖父が創業者で父親が経営していた東亜酒造へ入社するが、経営危機により会社が売却される。売却先の会社がウイスキーを取り扱わないことを決定した為、東亜酒造「羽生蒸溜所」のウイスキー原酒を肥土伊知郎さんが引き取り、原酒を福島県の「笹の川酒造」に預かってもらう。

2004年秩父市にて株式会社ベンチャーウイスキーを設立(秩父蒸留所の完成は3年後)。
肥土伊知郎さんは、技術指導者として「笹の川酒造」に通い、2005年に「笹の川酒造」にあるウイスキーを最初の「イチローズモルト」として発売。

2006年に羽生蒸留所のイチローズモルト「キングオブダイヤモンズ」が、イギリスのウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」にてプレミアム・ジャパニーズウイスキー部門ゴールドメダル(最高得点)を受賞。

また、2007年から5年連続で、「ワールドウイスキーアワード(WWA)」のジャパニーズ部門で世界最優秀賞を受賞。注目を集め、世界にイチローズモルトの愛好家が増えていきます。

この間に、肥土伊知郎さんはスコットランドへの視察でウイスキー作りを学びながら、秩父蒸留所の準備を進めます。
2007年に秩父蒸留所が完成し、ウイスキー作りの免許が交付された2008年2月から秩父蒸留所でウイスキー作りを開始します。

秩父蒸溜所は東京の北西約100km、埼玉県秩父市に設立されました。ジャパニーズウイスキーであることに誇りを持ち、小さなミル、マッシュタン、ミズナラ製の発酵槽、スコットランド・フォーサイス社製のポットスチルで、ハンドクラフト(手づくり)にこだわりモルトウイスキーを生産しています。

蒸溜所は市街地から車で30分ほどの小高い丘の上に建てられた。夏は高温多湿、朝晩が氷点下にいたる寒さの厳しい環境。しかしその厳しい環境はウイスキーの熟成に多大な影響を与えると言われ、短い熟成期間にも関わらずフルーティでバランスの良いウイスキーが仕上がっています。

仕込みには天然のミネラルが溶け込んだ大血川渓谷水系の軟水を使用。また近年では地元埼玉県産の大麦を使い、小ロットながらフロアモルティングを始めています。
スコッチウイスキーの伝統的製法に習いウイスキー造りを行い、秩父の風土が生み出す独特の個性を確立させようとしています。日々、様々な樽を使い秩父に適した新しい個性を探求することにも余念がありません。

《イチローズ・モルト・ダブル・ディスティラリーズ》(緑)
羽生蒸留所と秩父蒸留所の原酒をヴァッティング(ブレンド)して、2つの蒸留所の良さを最大限引き出したウイスキー。

《イチローズ・モルト・ミズナラ・ウッド・リザーブ(MWR)》(ゴールド)
羽生蒸留所をメインとし、様々なモルト原酒をミズナラの木桶で熟成させたウイスキー。

《イチローズ・モルト・ワイン・ウッド・リザーブ》(赤)
秩父蒸留所の原酒をメインに数種類をブレンドし、赤ワインを熟成させた空き樽で後熟させたウイスキー。

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

故郷のアイラ島で襲い来るブリザードに耐えるピートおじさん、ビッグ・ピート

【Big Peat Christmas 2017 – Douglas Laing’s】

膨大な樽を保有する名門ダグラスレイン社が世界に送り出す、アイラモルトのみをブレンドした贅沢な名品。アードベッグ、カリラ、ボウモア、ポートエレンで構成され、配合率やビンテージなどは公にされておりませんが、ポートエレンは1982~1983ビンテージ、アードベッグは16年前後の物が使用されているようです。

こちらは毎年恒例、ビッグ ピート クリスマスバージョン。2017年のテーマは「故郷のアイラ島で襲い来るブリザードに耐えるピートおじさん」です。

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

英国王室を魅了した気品漂う逸品、ロイヤル・ハウスホールド

【Royal Household】

1897年、当時最も多くの原酒を保有していたジェームズ・ブキャナン社は、英国王室によって皇太子(後のエドワード7世)専用のスコッチウイスキーを造るよう、勅命を受けました。
ブキャナン社は厳選された貴重な原酒を門外不出の技術によってブレンドし、英国王室にふさわしい 品格と気品に満ちたスコッチを見事に造り上げました。これがロイヤルハウスホールドです。 そのため、英国でも限られた場所でしか飲むことが許されていませんが、英国王室との友好な関係により日本では特別に飲むことが許されています。絹のようになめらかで繊細な味わいは唯一無二のスコッチとして完成されており、英国王室と日本の人達を魅了し続けています。

《ロイヤルハウスホールドが飲める3か所》
・バッキンガム宮殿
・アウターヘブリティーズ諸島のハリス島にあるローデンホテルのバー
・日本(日本で飲める理由は、昭和天皇が皇太子時代に英国へ訪れた際、プレゼントされたのがきっかけと言われています。)

《定冠詞”The”の付くロイヤルハウスホールド》
現在流通しているロイヤルハウスホールドには定冠詞の”The”は付いていませんが、これは1990年代初頭に王室御用達を外れた際に名所変更が行われたため。
定冠詞”The”の付く「ザ・ロイヤルハウスホールド」には王室の紋章が刻印されています。(現在流通品にはブキャナン社の紋章)

45種類にも及ぶ原酒が織り成す、繊細な味わいダルウィニーをキーモルトとして使用し、どれもが希少価値の高い特別に選りすぐられた原酒を使用。その味わいは繊細で、気品漂う風格に溢れており、唯一無二のスコッチとして完成されています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

世界に先駆けてビアカスクでウイスキーを熟成、秩父IPAカスクフィニッシュ

【秩父IPAカスクフィニッシュ】

秩父蒸溜所では、世界に先駆けてビアカスク(ビールの熟成に使用した樽)でウイスキーを熟成しています。
ビール(ペールエール)の熟成に使用した樽で熟成したウイスキーです。
わずか6,700本のみの限定生産です。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

かつて実在し現在は失われた蒸溜所を書物を頼りに復活、ザ・ロスト・ディスティラリー・カンパニー

【The Lost Distillery Company】

ザ・ロスト・ディスティラリー・カンパニーは、かつて実在し現在は失われた蒸溜所=ロスト・ディスティラリーのウイスキーを現代に蘇らせることを目的に設立された、新鋭のインディペンデント・ボトラーです。その手法はというと、奇跡的に残された古いウイスキーを使うようなものではなく、また秘伝のレシピを使うのでもなければ、DNA分析を活用するものでもありません。
―全ては歴史の書物から。

数々の書物に残された記録を頼りにグラスゴー大学教授マイケル・モス氏の監修の下、古の蒸溜所でつくられていた幻のウイスキーの味わいを再現しています。

《Stratheden – The Lost Distillery Company》
1829年から1926年までファイフで操業していました。この蒸溜所はボンスローネ家による家族経営で、他者の経営参画を拒みその閉鎖までワンオーナー制を貫きました。

《Jericho – The Lost Distillery Company》
1824年から1913年までアバディーンシャー、インチの荒涼とした場所にありました。付近の様子を、有名なウイスキージャーナリスト、アルフレッド・バーナードは「とても寒々しく寂しげな場所だった」と表現しています

《Lossit – The Lost Distillery Company》
1817年から1867年までアイラ島のボウモアとポートアスケイグの中間地点、バリーグラントという地区にあったとされるファームディスティラリーです。時の流れの中で徐々に孤立していき、廃れていったと語られています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

蒸留所名は非公開のアイラシングルモルト、スモークヘッド

【Smokehead Islay Single Malt Scotch Whisky】

スモークヘッドはアイラシングルモルトウイスキーで、残念ながら蒸留所名は非公開ですが、アイラの人気蒸留所です。加水していることもありソフトですが、太いピートとスモークがばっちり感じられる大変秀逸なアイラモルトです。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:https://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————