イチローズ・モルト・リーフ・ラベル

【Ichiro’s Malt Leaf Label】

イチローズモルト(Ichiro’s Malt)とは、埼玉県秩父市にある株式会社ベンチャーウイスキーで作られているウイスキーです。
創業者の肥土伊知郎(あくといちろう)さんの名前を冠したウイスキーです。

肥土伊知郎さんは、1965年に埼玉県秩父市生まれ。大学で醸造学を専攻し、大学卒業後にサントリーに就職。その後、祖父が創業者で父親が経営していた東亜酒造へ入社するが、経営危機により会社が売却される。売却先の会社がウイスキーを取り扱わないことを決定した為、東亜酒造「羽生蒸溜所」のウイスキー原酒を肥土伊知郎さんが引き取り、原酒を福島県の「笹の川酒造」に預かってもらう。

2004年秩父市にて株式会社ベンチャーウイスキーを設立(秩父蒸留所の完成は3年後)。
肥土伊知郎さんは、技術指導者として「笹の川酒造」に通い、2005年に「笹の川酒造」にあるウイスキーを最初の「イチローズモルト」として発売。

2006年に羽生蒸留所のイチローズモルト「キングオブダイヤモンズ」が、イギリスのウイスキー専門誌「ウイスキーマガジン」にてプレミアム・ジャパニーズウイスキー部門ゴールドメダル(最高得点)を受賞。

また、2007年から5年連続で、「ワールドウイスキーアワード(WWA)」のジャパニーズ部門で世界最優秀賞を受賞。注目を集め、世界にイチローズモルトの愛好家が増えていきます。

この間に、肥土伊知郎さんはスコットランドへの視察でウイスキー作りを学びながら、秩父蒸留所の準備を進めます。
2007年に秩父蒸留所が完成し、ウイスキー作りの免許が交付された2008年2月から秩父蒸留所でウイスキー作りを開始します。

秩父蒸溜所は東京の北西約100km、埼玉県秩父市に設立されました。ジャパニーズウイスキーであることに誇りを持ち、小さなミル、マッシュタン、ミズナラ製の発酵槽、スコットランド・フォーサイス社製のポットスチルで、ハンドクラフト(手づくり)にこだわりモルトウイスキーを生産しています。

蒸溜所は市街地から車で30分ほどの小高い丘の上に建てられた。夏は高温多湿、朝晩が氷点下にいたる寒さの厳しい環境。しかしその厳しい環境はウイスキーの熟成に多大な影響を与えると言われ、短い熟成期間にも関わらずフルーティでバランスの良いウイスキーが仕上がっています。

仕込みには天然のミネラルが溶け込んだ大血川渓谷水系の軟水を使用。また近年では地元埼玉県産の大麦を使い、小ロットながらフロアモルティングを始めています。
スコッチウイスキーの伝統的製法に習いウイスキー造りを行い、秩父の風土が生み出す独特の個性を確立させようとしています。日々、様々な樽を使い秩父に適した新しい個性を探求することにも余念がありません。

《イチローズ・モルト・ダブル・ディスティラリーズ》(緑)
羽生蒸留所と秩父蒸留所の原酒をヴァッティング(ブレンド)して、2つの蒸留所の良さを最大限引き出したウイスキー。

《イチローズ・モルト・ミズナラ・ウッド・リザーブ(MWR)》(ゴールド)
羽生蒸留所をメインとし、様々なモルト原酒をミズナラの木桶で熟成させたウイスキー。

《イチローズ・モルト・ワイン・ウッド・リザーブ》(赤)
秩父蒸留所の原酒をメインに数種類をブレンドし、赤ワインを熟成させた空き樽で後熟させたウイスキー。

———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

世界に先駆けてビアカスクでウイスキーを熟成、秩父IPAカスクフィニッシュ

【秩父IPAカスクフィニッシュ】

秩父蒸溜所では、世界に先駆けてビアカスク(ビールの熟成に使用した樽)でウイスキーを熟成しています。
ビール(ペールエール)の熟成に使用した樽で熟成したウイスキーです。
わずか6,700本のみの限定生産です。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

イチローズモルトの前身ともいえる東亜酒造がブレンドするウイスキー、武州

【武州 – 東亜酒造】

3年以上熟成されたスコットランド産ブレンドウイスキーをベースに、スコットランド産モルトを併せ、オーク樽で熟成させた商品です。
ふんわりと甘みある香りとバランスのとれたまろやかな味わい。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

余市と宮城峡のモルトをバッティングしたニッカウイスキー、博多

【ニッカウヰスキー 博多】

ニッカウヰスキーが、2005年から九州・博多地区限定で発売している『博多』は、大麦麦芽だけを原料にして、醸造・蒸留した後、ホワイトオークの樽に長時間寝かせて、充分に熟成させたモルト100%のオリジナルウヰスキーです。中味は北海道・余市と宮城峡のモルトをバッティングしてつくった、とても香りの高いピュア・モルトで、ビン詰めはニッカの柏工場でされています。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

マルス モルテージ 越百(コスモ) ブレンデッドモルトウイスキー

【マルス モルテージ 越百(コスモ) ブレンデッドモルトウイスキー】

日本アルプス山系、駒ヶ岳の麓から湧き出る清らかな水、豊かな自然の息づく標高798mに、マルス信州蒸溜所は静寂の中たたずんでいます。
「MARS MALTAGE 越百 Malt Selection 」は、マルスウイスキーのブレンド技術により、タイプの異なる複数のモルト原酒をヴァッティングすることで、複雑さと奥行きを表現したモルトウイスキーです
商品名の「越百」は、中央アルプスに連なる山の一つである「越百山」から名付けました。宇宙を連想させる越百(コスモ)という呼び名から、中央アルプス山麓にあるマルス信州蒸溜所から見上げる夜空をイメージしたラベルデザインとしております。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

マルス 熊本バーテンダーズ・プロジェクト・ブレンデッドウイスキー

【マルス 熊本バーテンダーズ・プロジェクト・ブレンデッドウイスキー】

2016年4月に発生した熊本地震で被災した熊本のバーテンダー有志が地元復興を目的に設立した「熊本バーテンダーズ プロジェクト(KBP)」のオリジナルブレンデッドウイスキー。ウイスキー文化研究所「土屋 守」氏のご協力でボトリングされました。
複数の原酒をブレンドしてボトリングされた本商品は、ほのかに香るピート香、やわらかくも余韻の長い味わいが特長の逸品です。

※このウイスキーの売上の一部は「熊本バーテンダーズ プロジェクト」を通じて、熊本城の修復再建を支援することを目的とした「熊本城災害復旧支援金」に寄付されます。


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

東亜酒造の経営危機により生まれた国産ウイスキー、イチローズモルト

【イチローズモルト・ピュアモルト MWR リーフラベル】

イチローズモルトは、東亜酒造創業者の孫である肥土伊知郎(あくといちろう)氏が設立した、ベンチャーウイスキー社のブランドの一つで、世界から注目されています。

もともと肥土氏の実家は古くから続く老舗の酒蔵ですが、肥土氏の父が経営に携わっていた埼玉県羽生市にある東亜酒造が、関西の酒造メーカーに売却され、その傘下に組することになりました。そして、営業譲渡した先から付き突きつけられたのはウィスキー造りからの撤退、さらに「熟成中の約4000樽の原酒を廃棄する」という条件でした。これに、肥土氏は「我が子を捨てるような事は出来ない」と原酒を預かってくれる企業を探し、苦労の末に福島県の「笹の川酒造」に原酒を預かってもらう許可を得ます。2004年9月、埼玉県秩父市にベンチャーウイスキー社を設立。肥土氏は技術指導者として笹の川酒造に通い、2005年春には、笹の川酒造にあるウイスキーを「イチローズ・モルト」として商品化しました。

MWRとはミズナラ・ウッド・リザーブの頭文字をとったものです。使用している原酒は羽生蒸溜所モルトをキーモルトに、数種のモルトをヴァッティング。ミズナラリザーブヴァットで再熟成したピュアモルト
(モルト同士をブレンドしたものでモルト100%ウイスキー。ブレンデッドモルト)

IMG_0909
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————