不遇な時代が長く続いたモレ・サン・ドニの新世代、オリヴィエ・ジュアン

【2013 Chambolle Musigny Les Bussieres Vieilles Vignes – Olivier Jouan】

ジュアン家はモレ・サン・ドニ村に長く続く家系で、1999年、4代目オリヴィエ・ジュアンが継承して本格的に自社ビン詰めを開始しました
醸造所とカーヴは、より気温の低いオート・コート・ド・ニュイのアルスナン村にあり、清潔でナチュラルなワイン造りを実践しています。
また、ドメーヌ継承後直ちにビオロジー栽培を開始し、最短の3年後に厳しいエコセール認証を勝ち取りました。ブルゴーニュ地方は、ちょっとまとまった雨が降ると翌日の畑を見るのが怖いくらい、ビオロジー栽培は難しいところですが、「極力いつも畑にいて、問題が起きそうになったら即、対処します」。たとえ土日の雨の日でも、モレ・サン・ドニの畑を通りかかれば、ただひとり黙々と働く彼にしばしば会うことができます。(そして、当日の天候状況によっては、何びととのアポイントもキャンセルされることも付け加えておきます!)。
「趣味は仕事です」。真面目一筋。近隣の村々に比べて不遇な時代が長く続いたモレにも、ついに彼のような新世代の造り手が現れる日が来ました。

《Chambolle Musigny Les Bussieres Vieilles Vignes》
「レ・ビュシエール」は「モレ・サン・ドニ・プルミエ・クリュ ラ・ビュシエール」に接する区画です。0.52ha。平均樹齢55年のVV。新樽比率30%で18ヶ月間樽熟成。

品種:ピノ・ノワール


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

大御所ドメーヌ・ダニエル・リオンの系譜を継ぐドメーヌ、ジャン・シャルル・リオン

【2013 Chambolle Musigny Aux Beaux Bruns – Jean-Charles Rion】

プレモー・プリセ村に拠を構える大御所ドメーヌ・ダニエル・リオンを2001年から兄とともに運営しているオリヴィエ・リオンは、1995年、自身の所有する畑に奥さん方の畑を統合してドメーヌ・オリヴィエ・エ・アンヌ・マリー・リオンを設立し、ダニエル・リオンとは別に、自身のワインを造り続けていました

オリヴィエとアンヌ・マリーの一粒種であるジャン・シャルルは、ボーヌの醸造学校及びディジョン大学で栽培学・醸造学を修めた後、ダニエル・リオンでの3年間の修業を経て、2010年、父母のドメーヌを正式に継承ここに、ドメーヌ・ジャン・シャルル・リオンが誕生しました。事実上のファーストヴィンテージも2010年です。

「とにかく畑に出るようにしています。畑仕事、そしてワイン造りは、正直者が報われる世界です」と、静かに、真っ直ぐに目を見て話すジャン・シャルル。“類友”なのでしょう、親友のニコラ・グロフィエと日々情報交換をしながら、ブルゴーニュのフィネスとエレガンスを真摯に究めようとしています。
看板作品は、シャンボール。そして、樹齢60~80年のサヴィニーVV、ピノ・ブランが95%のニュイ・サン・ジョルジュ1級の白といった多様性に富むラインナップも、彼の挑戦にふさわしいと思います。

《Chambolle Musigny Aux Beaux Bruns》
0.32ha。樹齢約50年のVV。新樽率25%で12ヶ月間熟成。

品種:ピノ・ノワール


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

5世紀に亘り領地が一族の門外に渡ったことのないドメーヌ、ヴォギュエ

【2013 Chambolle Musigny – Vogue】

ドメーヌの所有畑は婚姻や相続、交換、購入を経ながらも、創立以来5世紀に亘って途切れることなく同一家族に守られている。ドメーヌに名を冠するジョルジュ・ド・ヴォギュエ伯爵は、父アルチュール氏の逝去にともない1925年に家督を引き継いだ。以後50年以上に渡りドメーヌを運営し、今日の世界的な名声を確立した。1987年のジョルジュ氏の逝去後は、一人娘のエリザベート・ド・ラドゥセット男爵夫人が18代目を務める。所有は12.5ha。うちグランクリュが10ha。中でもミジュニィは7.2haと全体の3/4。古区画のプティ・ミュジニーはモノポール。年産わずか3.5万本を世界中の愛好家が分け合う。ドメーヌの評価は1970年代低下したこともあったが、1987年の当主交替の際にスタッフを一新し、かつての栄光を取り戻した。栽培責任者のブルギニョン氏、エノロジストのミエ氏、販売責任者のぺパン氏に分担が分かれ、それぞれが最高質のワイン造りという同じ目的を持って仕事に取り組んでいる。化学肥料は15年前より廃止農薬はリュット・アンテグラルで対応、除草剤は2000年より全面廃止、鋤き入れを行なっている。2001年にはボンヌ・マールで試験的に馬による鋤き入れを採りいれてみた。エノロジストのミエ氏は自らを、「ブドウが楽器だとしたら、自分は個性をひき出す指揮者」と考えており、「ヴィンテージ毎に性格の異なる収穫に普遍的な醸造は有り得ない」と語る。

《追記》
ドメーヌの起こりは1450年ジャン・モワソンが最初の建築物を建立したときまで遡ります。領地は一族の門外に渡ったことはありませんが、1766年カトリーヌ・ブイエがセリース・メルショル・ド・ヴォギュエに嫁ぐまで、女系から女系への継承が続きました。一族はフランス革命の間イギリスに亡命していましたが、なぜかドメーヌは人手に渡さずに済んでいます。ドメーヌの現代史と現行ラベルは1925年に家督を継いだジョルジュ・ド・ヴォギュエ伯爵に始まります。今日ドメーヌは伯爵の孫娘の手にあって、エリック・ブルギニョン、フランソワ・ミエ、ジャン・リュック・ペパンの三頭政治が布かれています。若いうちはワインによっては思いのほか押し黙ったような感じがありますが、しかるべき瓶熟成につれて力量を発揮してきます。ACシャンボール・ミュジニーの大部分は、山ぎわにある「レ・ポルロット」の畑から生まれ、ごく狭いが1級畑「レ・ボード」「レ・フュエ」のブドウも加わっています

【Chambolle Musigny】
ヴォギュエ家のシャンボール・ミュジニー村名格は並大抵の一級格を圧倒する。特級畑や一級畑から格落ちさせたワインも含め、最高のものとなる。尚ドメーヌでは村名から格落ちさせた多量のワインをネゴシアンに売却する。

品種:ピノ・ノワール

img_0975
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————