ミシェル・コラン・ドレジェの後継ドメーヌ、フィリップ・コラン

【2014 Chassagne Montrachet Blanc – Philippe Colin】

ドメーヌ・ミシェル・コラン・ドレジェのミシェル・コランが2003年に引退し、ふたりの息子、フィリップとブリュノはそれぞれ独立
長男のフィリップは父ミシェルの新しい醸造施設を引き継ぎ、醸造家のジェラルディーヌ・ゴデを右腕としてブドウ栽培とワイン醸造に従事している

フィリップが所有するブドウ畑は9ha程度だが、これに加え、2.5ha分ほどのワインをネゴスとして生産。
アペラシオンは当然、お膝元のシャサーニュ・モンラッシェが中心で、ショーメ、シュヌヴォット、ヴェルジェ、モルジョなどの1級畑を所有。
サントーバンやサントネイ、マランジュにも畑をもつ。

ただし、このドメーヌでもっともきらびやかに光り輝くのは、ピュリニー・モンラッシェにあるふたつのクリマ、特級シュヴァリエ・モンラッシェと1級ドゥモワゼルだ。
シュヴァリエ・モンラッシェは一族の所有面積が計0.30haあり、このうち0.07haはいまだミシェルがワイン造りをしているが、残り0.23ha分をフィリップが栽培、醸造している

ドゥモワゼルはカイユレの南端に位置する0.6haのクリマで、小道を挟み向こうはモンラッシェ
所有者は3軒しかなく(ほか2軒はギィ・アミオとミシェル・コランの従兄弟のベルナール・コランだったが、後者は2007年にミシェル・ピカールに畑を売却)、フィリップ・コランが所有するのはこのうちの0.1ha。
年にわずか2樽しか出来ない、幻のワインである

白ワインの醸造は、アルコール発酵をステンレスタンクで始め、半分くらいまで発酵が進んだところでオーク樽に移す
気温の低いシャブリでよく見られる手法だ。
熟成期間は12〜15ヶ月。近年は228Lのブルゴーニュ樽のみではなく、400〜500Lの中樽も使い、樽香に支配されるのを避ける傾向にある。パワフルさよりもむしろエレガントなスタイル。

シャサーニュの造り手なので赤ワインの生産量も多く、こちらは柔らかな果実味とともにしっかりとした骨格が感じられるタイプである。

品種:シャルドネ


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

洗練の極致を感じる未来を継ぐ造り手、バシュレ・モノ

【2013 Chassagne Montrachet Blanc – Bachelet-Monnot】

ドメーヌ・バシュレ・モノはドゥズィーズ・レ・マランジュ村に本拠を置く。1976年ジャン・フランソワ・バシュレが3人の兄弟とともにシャサーニュ出身の先代が設立したドメーヌ・ベルナール・バシュレ・エ・フィスを引き継いだ。2005年ジャン・フランソワは若い息子達マルクとアレクサンドル兄弟とともに独立。ジャン・フランソワはドメーヌ・ジャン・フランソワ・バシュレを、二人の息子はドメーヌ・バシュレ・モノを設立した2013年ブランドを統一しドメーヌ・バシュレ・モノとして1本化することとなった。ポートフォリオは祖父母の出身地の関係でムルソー、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェ、サントーバンなどコート・ド・ボーヌの白ワインのラインナップが中心だが、フランソワがマンラジェやサントネーの畑を増やし、一時は27ヘクタールまで拡大した。現在は品質を追求するため23へクタールまで縮小。 栽培については、除草剤を使わずに畑を耕すリュット・レゾネを採用し、耕耘、除葉等はすべて自らが設けた基準に則して行い、収穫の1ヶ月半前から早生栽培。平均収量を35~45ヘクトリットルに抑えるために畑によって仕立て方を変えるなど細心の注意を払っている。手摘みによる収穫、丹念な選果に始まり、木樽による熟成に至るまで、これまでの伝統に則して行なっている。張り詰めた緊張感のある印象の白ワインは圧搾後デブルバージュし、樽発酵(新樽約率25%)。12ヶ月の樽熟成の後の6ヶ月ステンレス熟成。熟成期間中一切バトナージュを行わない。赤ワインは100%除梗の後7~10日間低温マセレーション新樽率平均25%で1年樽熟成後ステンレスで寝かされる。フラッグシップは、バタール・モンラッシェ。ピュリニーモンラッシェ村の畑を中心に所有しており、ピュリニー・モンラッシェ・VV、ピュリニー・モンラッシェ1級オム・ド・ブラニー、ピュリニー・モンラッシェ1級レ・ルフェール、ピュリニー・モンラッシェ1級レ・フォラティエールを所有。デジーズ・レ・マランジェの他、サントネー、シャサーニュ・モンラッシェ、ムルソー そしてポマールに渡っている。ブルゴーニュ・ブランもピュリニー・モンラッシェ村の区画から生産される。

品種:シャルドネ

img_1017
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

極小で幻とまでも言われるシャサーニュ、ミッシェル・ニーヨン

【2009  Chassagne Montrachet 1er Cru Les Chaumees “Clos de la Truffiere” – Michel Niellon】

「見かけたら必ず買うこと」というのがブルゴーニュワインラヴァーの間で合言葉となるほど入手困難を極める造り手、ミッシェル・ニーヨン。シャサーニュ・モンラッシェに本拠地を置き、ドメーヌ・ラモネと双璧を成す、白ワイン最高峰の生産者の1人です。

所有する畑は僅か7.5ha。バタール・モンラッシェとシュヴァリエ・モンラッシェの2つのグラン・クリュに加え、優れた一級畑を数多く所有。年間総生産量僅か4,000本程という、その生産量の少なさもさることながら、芳醇なアロマが特徴の柔らかでリッチな味わいで、「シャサーニュ村の雄」と評され、羨望の的となっています。

ドメーヌの歴史は、現当主ミッシェル・ニーヨン氏の祖父レオン・ニーヨン氏が始まり。祖父レオン氏、そして父マルセル氏の代までは、3haほどの畑しか所有しておらず、ブドウは全てネゴシアンに樽売りしていました。若干14歳のころから畑で働き始めていたミッシェル氏は、1957年に畑を両親から引き継ぎ、一部のワインを友人や少数の顧客に販売することから始め、1970年代初めに『ドメーヌ・ミッシェル・ニーヨン』として、ドメーヌでの瓶詰を開始しました。

現在、所有する畑は7.5ha。バタール・モンラッシェとシュヴァリエ・モンラッシェの2つのグラン・クリュに加え、シャン・ガンなど人気の畑を含む6つのプルミエ・クリュを手掛けています。ドメーヌではミッシェル・ニーヨン氏を筆頭に、娘婿ミッシェル・クトー氏と孫のマチュー・ブレリン氏の親子3世代でワイン造りを行っています

品種:シャルドネ 100%

IMG_1074
———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
BAR-NAVI:http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0X00198017/index.html
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————