2002 ボランジェ R.D.

【2002 Bollinger – R.D.】

《R.D.という名の伝説の誕生》
戦時下のフランスで寡婦としてメゾンを守り抜いたマダム・ボランジェは、戦後の厳しい環境に置かれながらも、時代の一歩先を行く大胆な挑戦を好む女性でした。1960年代の半ば、多くのシャンパーニュ・メゾンがユニークな形のボトルの開発に勤しんでいた頃、マダム・ボランジェは、「ワインそのもののクオリティこそが、ボランジェのプライドである」というゆるぎない信念で、独自のシャンパーニュのスタイルと味わいの開発に力を注ぎました。そして、彼女の閃きから生まれたR.D.は、後のシャンパーニュ業界に偉大な影響を与える伝説的な存在となったのです。

オールド・ヴィンテージが流行していなかった1967年、デゴルジュマン(澱抜き)したばかりの1952年ヴィンテージを販売するというマダム・ボランジェのアイディアは驚きをもって受け止められました。「最近デゴルジュマンした」という意味のフランス語「レサマン デゴルジュ」と、デゴルジュマンの日付をラベルに表示するという大胆なアイディアによって、R.D.のユニークなスタイルは、ボランジェのシャンパーニュとクラフツマンシップの象徴として知られるようになりました。

《「時」がもたらす、ふたつの魅力》
ボランジェ・スタイルのシャンパーニュを支える柱のひとつ「時」。
最良のタイミングに達するまで忍耐強く待ち、じっくりと熟成させる時間。
ヴィンテージ特有のアロマのキャラクターを最大限に引き出すためには、このゆったりとした時間が欠かせません。澱の上での長期熟成がもたらす幾重にも複雑に重なるワインの香りは、贅沢な時間の産物です。さらに、ワイン醸造において、完璧な熟練の技が求められる決定的なもう一つの時間、それがR.D.の最大の鍵であるデゴルジュマンのタイミングです。静寂の中で眠るシャンパーニュを目覚めさせるデゴルジュマンは、ワインの香りのポテンシャルを最大限に引き出しつつ、どこまでもフレッシュな味わいをもたらすための最も重要な瞬間なのです。

>> ボランジェについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

1996 クリュッグ ブリュット・ミレジメ

【1996 Krug – Brut Millesime】

メゾン クリュッグのヴィンテージは、その年の特徴を称える存在です。クリュッグ ヴィンテージは単一年のブドウだけで造られた最も表情豊かなワインをブレンドし、さらにセラーで10年以上熟成させることでその魅力を際立たせます。クリュッグ ヴィンテージはクリュッグが表現するその年の音楽にも例えられ、一つとして同じものはありません。
1996年はシャンパーニュ地方でも極めて特別な一年となりました。それゆえに、その年のシャンパーニュは20世紀最高のヴィンテージと讃えられ、伝説的な1928年とよく比較されます。
メゾン クリュッグでは、客観的に厳しく物事を捉えることで知られたポール・クリュッグ2世でさえ、クリュッグ 1996は「1928年の再来」になると言い残しています。
さらに、クリュッグ 1996はポール2世とアンリとレミの兄弟、そしてオリヴィエの3世代のクリュッグ一家が一緒にブレンドした最後のヴィンテージとなりました。

1996年は、さまざまな要素がクリュッグならではの卓越した技術力と共鳴し合って鮮烈なコントラストを生み出し、この特別なヴィンテージの味わいと香りを決定づけました。1996年は非常に気温差の激しい一年で、雨の多い冬に続いて、2月には広範囲で霜が降り、乾燥した春へと向かいます。夏は焼けるような暑さと激しい雨が交互に続きました。収穫が近づく頃には、日中は陽気で暖かく、夜は非常に寒くなりました。つまり、良質なブドウのための理想的な条件が整っていたのです。1996年は、シャンパーニュ地方の歴史に残る一年となりました。
クリュッグ 1996は、特別な一年を鮮やかに表現しています。
1996年に収穫されたブドウから生まれたワインは究極の新鮮さを備え、見事なまでのバランスと可能性を秘めていました。
最終的な構成は、ピノ・ノワール(48%)とシャルドネ(31%)、ムニエ(21%)となっています。
通常、クリュッグ ヴィンテージはセラーで10年間熟成させてから出荷されますが、メゾンではごくわずかな本数のボトルを残し、将来のために最適な条件で熟成を続けるシャンパーニュがあります。このようなクリュッグ ヴィンテージは、バックヴィンテージと呼ばれています。
ブレンドから20年もの間、セラーで熟成させることでバランスと繊細さが育まれ、クリュッグ 1996バックヴィンテージに芳醇さや香り、豊かな表情がもたらされました。

>>クリュッグについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

NV ジャック・セロス エクスキューズ・セック

【NV Jacques Selosse – Exquise Sec】

ジャックセロスがレストランからの要望を受けて造り出したセックでワインの内容はブラン・ド・ブランと同様な造りですが原料ワインのアッサンブラージュ時に比較的若くフレッシュな味わいのワインを使用している。ドサージュには他のブリュットでも同様ですがワイン果汁を濃縮したムーを使用した甘美な味わいを持つジャック・セロス唯一のセックです。

>> ジャック・セロスについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2014 アグラパール ブラン・ド・ブラン・ヴェニュス・ブリュット・ナチュール・グラン・クリュ

【2014 Agrapart et Fils – Blanc de Blancs Vénus Brut Nature Grand Cru】

アヴィズ村にある僅か30アールの単一畑『ラ・フォセ』にシャルドネが植えられたのは1959年。自然農法にこだわるパスカル・アグラパールは、この区画ではトラクターは使用せず馬による耕作を行っています。馬の重さでは土を踏み固める事なく、柔らかな状態を維持します。丁寧に鋤入れされた土壌は空気を含み、活性化されて地中奥深くまで根が伸長。ミネラル分を多く吸収し果実に反映させると考えています。

>> アグラパールについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2014 アグラパール ブラン・ド・ブラン・ミネラル・エクストラ・ブリュット・グラン・クリュ

【2014 Agrapart et Fils – Blanc de Blancs Minéral Extra Brut Grand Cru】

アヴィズ村とクラマン村の単一区画で収穫したブドウを使用したブラン・ド・ブラン。特に石灰質が強いパーセルより平均樹齢50年のシャルドネより醸されています。ステンレスタンク醸造(アヴィズ)と樽醸造(クラマン)のキュヴェをブレンドし、多彩な個性を感じるスタイルに仕上げています。澱と共に寝かせる事5年。ドサージュは4g/lと極限まで控えています。

>> アグラパールについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2014 ベレッシュ・エ・フィス アンボネイ・グラン・クリュ

【2014 Bereche et Fils – Ambonnay Grand Cru】

マイィ・シャンパーニュに次ぐ自ら醸造を行った2つ目のグラン・クリュ。0.4haの畑「レ・トゥレ」に植わる樹齢50年のピノ・ノワール100%。1992本生産。ドザージュ3.5g/L。マイィ・シャンパーニュがモンターニュ・ド・ランスの北に位置し、アンボネイが南側であり同じピノ・ノワール100%でも異なるキャラクターを持ち、対となるグラン・クリュ。

>> ベレッシュについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————

2014 ベレッシュ・エ・フィス マイィ・シャンパーニュ・グラン・クリュ

【2014 Bereche et Fils – Mailly Champagne Grand Cru】

2012年に取得したグラン・クリュ畑の初ヴィンテージ。マイィ村「レ・シャロワ」という0.4haの単一区画に植わる樹齢60年の古木ピノ・ノワール100%によるもの。2100本生産。ドサージュ3.5g/L。

>> ベレッシュについて


———————————————————
東京都港区麻布十番2-3-6
FLEG麻布十番primo 3F
TEL : 03-6435-3987
Instagram:https://www.instagram.com/azabu_bar_groom/
FB : http://www.facebook.com/Bar.groom
食べログ : http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130702/13124112/
———————————————————