ブルゴーニュの偉大な系譜を継ぐ、新進気鋭の女性醸造家、セシル・トランブレ

1921年、エドゥアルド・ジャイエ(セシルの曽祖父であり、アンリ・ジャイエの叔父)が創業。その娘ルネ・ジャイエ(セシルの祖母)は、1950年に同じ家系のミシェル・ノエラに畑をメタイヤージュで貸すこととなりました。2000年、メタイヤージュで得ていたブドウをルネ・ジャイエの孫であるセシルに支払うこととなり、ワイン造りを開始します。そして2003年、半分の3haの契約が終了し、畑はセシルが正式に継承しました(現在は、4haを所有)。また、それまでリュット・レゾネで栽培されていたのを、ビオへ転換しています。

手摘みで収穫の後、マセラシオン・プレフェルマンテール(低温浸漬)してから木のキューヴでアルコール発酵。キュヴェゾンは平均28~35日に渡ります。樽発酵は15~18ヶ月で、新樽比率は25~100%。清澄・濾過は行なわず、太陰暦に合わせて瓶詰めされます。

あのアンリ・ジャイエにつながる家系であることばかりが注目されますが、そのワインは繊細かつエレガントで、極めてデリケートなピュアさとフィネスを兼ね備えた、新時代ブルゴーニュの代表の一人です。