パリの一流レストランでも使用される安心の品質を誇る甘口ワインのシャトー、シャトー・ラ・コサード

《ソーテルヌに近い低収量により造られる凝縮感》
常に高品質を目指しているこのシャトーでは、ワインに凝縮感を与えるためソーテルヌに等しいと言えるほど低収量におさえています。 また、グリーンハーベストや手摘み収穫など品質をより向上させるための努力を毎ヴィンテージ行っています。

《セミヨンは貴腐菌の付いたブドウのみ収穫》
セミヨンは貴腐菌の付いたブドウのみを手摘みで収穫します。ソーヴィニヨン・ブランは貴腐菌が着く前の9月に収穫を行っています

《パリの一流レストランでも使用されています!!》
Hotel de Crillon “Les Ambassadeurs”レザンバサドール(ミシュラン2ツ星)や“Le Doyen”ルドワイヤン(ミシュラン3ツ星)といった一流レストランで使用されています

《畑を全て植え替え、ワイン造りが始まりました》
一族が、1930年に廃墟となっていたこのシャトーを購入し、全て植樹し直してワイン造りを始めました。そして、その後8世代以上に渡り、畑での作業や優れた設備への投資など、品質を向上させる為、努力を行ってきました。

《畑は全て南向きの斜面にあるという恵まれたテロワール》
畑はボルドーの南東へ40kmの位置にあり、全て南向きの斜面に位置している、という、大変恵まれたテロワールであり、上質の完熟ブドウを収穫ことが出来ます。平均樹齢は40年以上です。

《6,430万年〜160万年前のカキの化石土壌がもたらす複雑な風味》
粘土石灰質。第三紀(6,430万年前から160万年前)からのカキの化石を含む土壌。このカキの化石によって、土壌は非常に水はけがよくなります。また、他の甘口ワインでは類を見ないほど、複雑でアロマティックな香り、ミネラルをたくさん含んだ味わいとなります。

《品質向上に向け醸造設備への投資を行う》
温度調節可能なタンクなど優れた設備への投資など、品質をより向上させるための努力を毎ヴィンテージ行っています。発酵は温度管理されたステンレスタンクにて、20-23℃で2-3週間行われます。