ヴォーヌロマネを拠点とし、ラターシュの幻の畑ゴーディショ所有者、フォレ・ペール・エ・フィス

この小さいけれども、素晴らしいワインを造るドメーヌは、現当主Regis Foreyの 祖父によって1840年に創設されました。1989年よりRegisが責任者としてドメーヌ を運営しています。

現在、9.5haの畑を耕作していますが、その内4.5haが彼らの所有畑となります。
残りはメタイヤージュ(折半耕作)です。

彼らが造るワインは、ヴォーヌ・ロマネ、ニュイ・サン・ジョルジュ、モレ・サン・ ドニ(どれも一級畑を含む)、そしてグランクリュでは、エシェゾーやクロ・ド・ ヴ-ジョなども造っています。

特にヴォーヌ・ロマネの1級である「Gaudichots (ゴーディショ)」はラ・ターシュとラ・グランリュに挟まれた所に位置しており、 この同じゴーディショの畑を所有していたD.R.Cでは、ディジョンの裁判所に申請 をして、ゴーディショをラ・ターシュに編入させたという逸話があり、ブルゴー ニュファンには珍重されている畑です。

収穫は全て手摘みで行われ、その後、3~4日間低温マセラシオンを行います。
発酵は、通常22~26日間程度行われます。その間3日に1度の割合でピジャージュ を行います。マロラティック発酵は樽の中で行い、その後16~20ヶ月小樽にて熟成 させます。

新樽の割合は、20~50%、そのときのワインの出来具合やヴィンテージによって 使い分けています。その後、無清澄、ノンフィルターにて瓶詰めを行います。