栄光のシルリー・ムスーを再現したシャンパン、フランソワ・スコンデ

モンターニュ・ド・ランスの小さいがシャンパーニュの歴史に欠かせない重要なグラン・クリュ、シルリー村。現存する唯一シルリー産100%のシャンパーニュを手掛ける孤高のドメーヌです。17~18世紀にかけて、シルリー伯爵が売り出した当地の赤ワインが都で多大な成功を収めた事で、シャンパーニュ地方の発泡性ワインは当時「シルリー・ムスー」と呼ばれ、100haにも満たないこの小さな特級村の大部分が現在の大手メゾンの所有となりました。1972年の設立以来、栄光のシルリー・ムスーを単身で再現させたフランソワ・スコンデは、情熱を胸に秘めた寡黙で無骨な大男で典型的なシャンプノワの風情です。

涼しげな果実味、酸、繊細な泡立ちがどれも突出することなく、見事に調和された球体の様なフィネス溢れるシャンパーニュを産み出し、RMの弱点といわれるロット毎のブレがないとの定評があります。

最新の空気圧搾機を利用してピュアな搾汁を得た後、発酵。滑らかなタッチを与えるよう、全てのキュヴェでマロラクティック発酵を行い、ヴァン・ド・レゼルヴを30%使用しています。ドサージュは少なく、最終的に瓶内に残る糖度は6g(多い年で8g)となっています。