余計な要素のない、シンプルを極めたシャンパン、フレデリック・マルトレ

12haを所有するモンターニュ・ド・ランス地区のシャメリー村(プルミエクリュ90%)の生産者です。シャメリー村の6haのみを自社詰し、あとは大手ネゴシアン・マニピュランへ売っています。ネゴスに売るのは資金効率のためではなく、情熱を傾けたシャンパーニュを生産するためです。自社詰めシャンパーニュを造るには、より良いものを造りたいという強い意志と、造ることの喜びを感じることが不可欠と語っています。「ワインに対して愛があるから、喜びが生まれてくる。その生産者の愛と喜びが、ワインの中に反映されている」と当主マルトレ氏は語っています。

【栽培】
畑の管理はリュット・レゾネで行われています。1列おきに除草し、除草した列に藁を細かくしたものを撒きます。これは半分の農薬を効率的に使う方法で、最小限の農薬の使用で最大限の効果を得る、リュット・レゾネの最高水準の農法で行われています。

【醸造】
ブリュット・レゼルヴは平均8年もののヴァン・ド・レゼルヴを40%用います。これによりレコルタンでは異例の品質の安定化を図っています。その他のキュヴェは全て単一ヴィンテージで瓶詰され、また、全てのキュヴェがステンレスタンクで醸造され ます。熟成はホウロウ製のタンクで行われ、熟成にステンレスタンクを使わない理由は、ワインに硬さが出て本来の美味しさが伝わらないからです。 「シャンパーニュとは泡のあるワインであり、余計な要素のない、シンプルなものでありたい。」その観点に従って、ドサージュは最大8gに抑えています。